ブルマァク・ウルトラセブンST【340】

Introduction of Japanese toys
Ultra Seven

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー340は、ウルトラセブン
ブルマァクオリジナルスタンダード
サイズソフビのレビューです。

ウルトラセブン
1967年10月1日~ 1968年9月8日

TBS系で放送された
円谷プロ製作の空想特撮シリーズです。

ウルトラマンとは異なる侵略をテーマにした
SF色の濃い内容で、今でも多くのファンがいる
名作で、その後ウルトラ兄弟設定が追加され
ウルトラマンシリーズ1本とされていますが
放送当時は、独立した作品なのでウルトラマン
助けにくるなどのを超えた交流は描かれていません。

■ウルトラ兄弟前のセブン

ウルトラセブン1967年に放送され
マルサン商店からソフビが発売され
ますが、当然放送終了後に生産も
略終了し、マルサン商店マル
改名して1968年倒産してしまいます。

普通の作品キャラクター玩具ならば
これで、終わりです。

ですが、当時子供達ウルトラセブン
怪獣の玩具を手放さない子供多く
放送終了後も、ソフビを公園で持って
行って遊ぶ子供が居ました。

この頃のウルトラセブンは、雑誌などで
ウルトラマンと共演したようななどは
書かれますが、別作品であり
ウルトラ兄弟に、組み込まれる前は
独特の存在感がありました。

この頃のセブンメディアの扱いも
今のような最強の戦士のような
後付けのイメージは無く、シンプルな
1人の宇宙人としての人気が、ソフビにも在りました。

帰ってきたウルトラマンの中に
登場した驚きや感動と言うのも
当時しか味わえないインパクトなので
伝えるのは難しいのですが
このソフビは、間違いなく兄弟前に
マルサンが造形したセブン
ブルマァク販売したものなので
後のセブンソフトは違うモノがあります。

ブルマァク・ウルトラマンST【334】

スタンダードのひみつ

ウルトラセブンのソフビは、現状
このサイズが約23cmなので
スタンダードと呼ばれていますが

発売当時マルサンでは、今回の
ソフビを「小」としています。

ソフビだけで言えば、後々の
ウルトラ兄弟小ソフビからしても
おかしいのですが・・・

これはウルトラマン大ヒット
ウルトラセブンは、準備段階の予算
大きく確保され、ウルトラホーク
作戦室、ポインターなど、大きく
グレードアップしていますが
1本の製作費は、セーブされた事から

等身大の回を設ける事や、怪獣
スーツアクターの入らない操演怪獣
などを使うなど、予算を抑える案
あり、1クールでは等身大だけで
終わりスタジオ(セット)を使用しない
チブル星人などの回を実現させています。

この事と、ウルトラマンとは別作品の
キャラなので、等身大巨大化のセブン
ソフビでも分けて発売した表記が
このスタンダードが「小」とされた記載で
したが、後々ウルトラ兄弟に組み込まれ
ると、この表記も浮いてしまい
ウルトラマン・他と比較されると
なんで、スタンダードじゃないのか?
逆の疑問が産まれてしまっていますが
当時としては、別作品なので何も
おかしな表記ではありませんでしたけども

当時も、子供ゴモラレッドキング
バルタン星人と、セブンを戦わすのには
23cm小サイズが、ベストなので
小サイズ売れ、番組は巨大化変身
あたり前になったので、大サイズが多く
作られますけども
子供には、その違いは理解されなかった
事から、今でも大サイズ在庫は多く
スタンダードは、ブルマァクでも希少
存在で、プレミア価格スタンダード
高価格な状態になっています。

チブル星人・ウルトラ怪獣ソフビ【348】

ウルトラセブンを前から観ると
ウルトラマンも、の表面に
高低差が在りましたが、セブン
白いラインが高くなっています。

厳密にはセブンのボディのラインは
頭部プロテクターと同じシルバー
なので、このソフビの白いライン
放送前NGスーツのラインが白だった
事から、早々に製造・販売された為のミス?とも言えます。

この放送当時ソフビ白いライン
発売された事から、それから何年も
セブンボディラインは白いモノが存在しています。

ウルトラマンデザインモチーフ
矢(アロー)でしたけども、セブン
同じく矢(矢印)が、モチーフで
白いラインが、プロテクター方向の上を
向く⇒の変形なのが解ります。
*ウルトラ警備隊のマークも同じく
赤い矢で、目(*ウルトラアイ)の
形になっています。
*ウルトラセブンの企画段階のタイトル。

マルサンと、この時期のブルマァク
額のビームランプ紺色と言えるくらい
濃い青塗装されています。

ブルマァク・ウルトラマンST【334】

ウルトラセブンをサイドから見ると
アイスラッガーは、ソフビ製造的
後方に反らすのが難しく、後頭部に
近いラインに処理されています。

腕の部分のプロテクターも、矢の形状
コレは、が長くスリムに見せる効果も兼ねています。

また足側面のラインが、下を向いた
なののも、同じく足を長く見せる工夫
デザイナー、ウルトラマンを演じた古谷敏
続投を望んだのに反して、アクションが出来る
上西弘次に替わった事から、スリムな
古谷敏のスタイルを補うラインを採用しています。

ウルトラセブンを後ろから見ると
腰の部分に逆Wの形状で、2つの矢
モチーフにしたラインがあります。

ウルトラマンのように腰にブルマァク
刻印を入れる事はしていません。

グローブも、シッカリウルトラマン
異なる形状として造形されています。

ウルトラセブン可動は、首と
手(ボディとの付根)と、足の付根可動します。

ウルトラセブンの足の裏(下)は
ブーツとして造形されていて
ウルトラマンは、まったく異なり
別の作品のキャラとして、スーツ
異なる部分を忠実に再現しています。

右側に(C)円谷プロの文字が
横向きに凹モールドで入り

左足の裏にブルマァクの刻印
入っていますが、ウルトラセブン
文字は入っていません。

50年を超えてもメンテナンスの御蔭で
ウルトラセブン綺麗に保っています。

ウルトラセブン スタンダード ラインナップ

●マルサン

ウルトラセブン 350円  1967年

●ブルマァク

ウルトラセブン 350円  1969年

●バンダイ・ブルマァク復刻

ウルトラセブン 額ランプ水色 4410円  1999年

ウルトラセブン 額ランプ、プロテクター明青、線銀 5250円  2002年

ウルトラセブン 夕日カラー 20790円セット売 2012年

ウルトラセブン 額ランプ、頭部・プロテクター、線・銀 6300円 2013年

ウルトラセブン 額緑銀目金 線白 6000円 2017年 *限定

ウルトラセブン 額ランプ青 6000円  2017年 *限定

ウルトラセブン 頭部・プロテクター青銀、線・銀 6480円 2017年

ウルトラセブン オール金色 6780円 2018年

ウルトラセブン クリアレッド *10000円 2018年
*チケットセット込・100個限定

ウルトラセブン

長 40m(ミクロ化可)
最大飛行速度 マッハ7

出身地 M78星雲・光の国

体重:3万5千トン
年齢:1万7千歳
出身:M78星雲・光の国

飛行速度:マッハ7

武器
アイスラッガー
ワイドショット
エメリウム光線
ストップ光線
ハンディショット

家族構成
母はウルトラの母のお姉さん。ウルトラマンタロウと従兄弟

ウルトラ兄弟:三男

変身道具:ウルトラアイ

スーツアクター 上西弘次、14.15話・菊地英一
デザイン・成田 亨

造型 マスク・佐々木明

帰ってきたウルトラマン・ブルマァク【366】

■メーカー・ブルマァク(オリジナル・マルサン)
■発売元 ブルマァク
■発売・Sales Year 1969年~1972年…(在庫的には1973~数年)
■当時価格 350円
■登場作品 ウルトラセブン(1967年)
■製品仕様 全長サイズ 約23㎝

ウルトラセブン 約300mm PVC製
彩色済み完成品フィギュア
CCP 1/6特撮シリーズ
詳しく見る。