ポケットメイト・メイロ【158】

Introduction of Japanese toys
Pokettomeito game NO.3

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー158は、トミーから
1975年に発売されたポケットメイト
ラインナップNO.3「メイロ」
ついてのレビューです。

ポケットメイト

1975年~1984年に販売されたポケットサイズの
アナログゲームで、ゲームウオッチの登場までは
旅行などのお供としての携帯ゲームとして
売れた玩具でした。

Sシリーズになって400円から50円価格を
上げて、新たなラインナップを追加し
シリーズを強化しています。

今回のメイロは、2期のシングルナンバーで
シリーズでも人気のゲームです。

■2重構造のメイロ

このポケットメイトメイロ
1979年の前半にレーシングゲームに替わって
緑のNO.3にラインナップされたゲームです。

トミー ポケットメイトラインナップリスト

もっと大きな木製の迷路ゲームなどは在りましたが
本体ごと左右、前後に動かして遊ぶものが普通でした。

このポケットメイトメイロゲーム
小さな「玉」を動かす為に、本体も傾ける事は
出来ますが、内部でメイロ部分が左右、前後に
傾く2重構造で、指1本で遊べるようにした
アイディアのゲームで、人気になり
2005年の復刻版にも、ラインナップされます。

ポケットメイト文字と同じマゼンタ
カラ―のメイロコースが、玩具店で
目立つゲームでした。*写真は復刻版のメイロ

上のメイロ部分と、下の指1本
メイロ板を操作する黄色い操作部分
に2分された構造になっています。
上の写真は、メイロ板
左に傾いてるのが透明の本体と比較すると解ります。

ジョグダイヤル式の丸い
マゼンタのダイヤルの中の凹んだ
くぼみに、(人差し指)を入れてメイロ板を操作します。

左下の角を見ると中のメイロ板
下がっているのが解りますが
この中のメイロ板を、ダイヤルの
指で前後、左右に傾斜させてを動かします。

左右は、ダイヤルの凹を廻して位置した方が下がります。

前後は、ダイヤルの凹が上側に行く程、上が高くなります。

勿論、本体自体の傾斜でも
動いてしまうので、1箇所失敗し
本体を動かすと、更に悪化したりする事があります。

裏側の刻印は、下のセンターに
刻印があります。1979年なので
1975年のシリーズ発売時期には
無かったゲームなのが解ります。
復刻版は、そのセンターの四角い
凹の右側に「H05」の刻印ナンバーが入っているのが復刻です。

復刻版の箱なので、裏側の右下にバーコードが在ります。

■メーカー・発売元 トミー 
■発売・Sales Year 1979年  
■当時価格 450円
■製品仕様 約・縦115mm×横70mm×厚さ17mm

迷路ゲーム ぐるぐる迷宮
新感覚バランスゲーム
ASIN B01KPU0842
詳しく見る。