//グーグルアドセンスコード キャラウィールの東映特撮ヒーロー列伝、BOXのレビューです。

東映特撮ヒーロー列伝 キャラウィール【85】

東映版権ヒーロー大集合の豪華BOX!

Introduction of Japanese toys
TOEI・TOKUSATU HERO Retsuden

ホビービルドプラス宇宙九太です。
玩具レビュー85は、東映特撮ヒーロー列伝
アルティメットエディション CWUE
BOX販売のレビューです。
*CWUE・キャラウィールのULTIMATE EDITION


このBOXは過去に単品販売した4台のミニカー
と、2台のこのセット販売のみの車輌が
1つのパッケージで発売されたモノです。

また、キョーダインは自らの変形車輌なので
付属しませんが、他は全てにヒーローのミニ
フィギュアが付属しているのが特徴です。


イナズマンライジンゴーです。立ポーズの
ミニフィギュアなので、運転席に…配置する
事は出来ませんが、シートに立たせても
絵になります。


運転席側の外に立たせても、当然ですが
マッチします!
ミニフィギュアは、小さくてもフル彩色され
ていて、ベルトなどの細かい部分も
略さずに色が入っているのは凄いです。

車輌は基本的に単品と同じですが、ベース車
の真下にナンバーリングが施されています。

●ライジンゴーの詳細頁へ


バロム1マッハロッドです。バロム1は座り
ポーズなのですが…運転席に座らせるのは
マッハロッド(ミニカー側)の構造的に無理
なので、シート後ろの部分に座らせています。

上半身のポーズ的には、バロム1が作中ポーズ
する形ですが…なんかパレードに参加してる
ような感じになってしまいます。

●マッハロッドの詳細頁へ


ズバットズバッカーです。ミニフィギュア
との配色が重なり、少し見難いですが
両腕を左右に斜めに広げたポーズです。

ズバッカーの運転席外に立たせてみました。
外の方が絵になる感じがします。

●ズバッカーの詳細頁へ

ロボット刑事ジョーカーです。
ロボット刑事のミニフィギュアも立ちポーズ
が付属していますが、まだ服を身に着けた
状態が再現されています。

服を着てる方が、彩色的には楽なのですが
ポーズ的には、確かに帽子を脱ぎ捨てた時の
ロボット刑事のポーズに見えてくるのが
不思議です。
逆を言えば、他のミニフィギュアの彩色が
細かく凄過ぎるとも言えます。

●ジョーカーの詳細頁へ

ギャリバードは単体の頁で、ミニフィギュア
で紹介していますけども、確かにこの車体は
フィギュア無しでは魅力半減です。

ですが、1台のミニカーに3体のミニフィギュア
が付属していて、3体の形もカラーも全て違う
のは、それだけでもレギュラーでは販売不可能
だった車体なのが解ります。

●ギャリバードの詳細頁へ

グランカースカイミサイルです。この車体は
キョーダイン自身が変形した車体なので
ミニフィギュアは付属しません。
設定に忠実なのは凄い事ですが、玩具的には
キョーダインのミニフィギュアも付属していて
欲しかったと思いますが、最もカラーを使って
複雑なキャラと言うのも在ったのかもしれません。

●グランカーの詳細頁へ

ミニフィギュアの謎!?


東映特撮ヒーロー列伝のBOXはマジックテープ
開く扉になっていて、中を観る事が出来る
販売方式でした。


付属のミニフィギュアの形体を観ると、バロム1
だけが座りポーズなのは、本来キャラウィールは
バイクやオープンタイプのクルマには、全てに
ミニフィギュアを付けて、販売する予定だった
のかもと思えます?
その視点で観ると、流星号がオープンだったり
マッハロッドNO.16と出すのが遅かった事など
の辻褄が合う気がします。

実際には、キャラの方の版権審査や車体に乗る事
が出来るミニフィギュアの造形などから、試行し
ても、かなりコスト的にも難しい事から車体のみ
の販売になった想いから、このBOXは1つの版権元
で実現出来たのかもしれません。

■メーカー バンダイ・BANDAI NO.CWUE
■発売・Sales Year  2003年
■当時価格 4629円(税込)
■キャラウィール・BOX販売

●キャラウィール ラインナップリスト頁へ