マグマ大使・怪獣ソフビ【325】

Introduction of Japanese toys
MAGUMA(Goldar)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー325は、マグマ大使
主人公のマグマ通称マグマ大使
ソフビスタンダードサイズ*特撮版
ブルマァク刻印2001年に発売した
ソフビレビューです。

*ブルマァクのスタンダードサイズの
マグマ大使は、漫画版のマグマ大使としてオレンジから発売されていた。

マグマ大使

1966年7月4日~1967年9月25日
フジテレビ系 毎週月曜日19:30 – 20:00(39話まで)
19:00 – 19:30(40話から)全64回(52話 + 再放送12話)放映。

日本初の全話カラー放送された特撮ドラマ
カラー巨大ヒーロー第1号の作品です。

原作は、鉄腕アトム手塚治虫
製作は、後にスペクトルマン電人ザボーガー
冒険ロックバットなどを制作するピープロ(Pプロ)
ウルトラマンと共に、1966年怪獣ブームを盛り上げた
作品で、予算の関係から略4話で1話が完結する方式
怪獣は毎回新しいのを登場させる事は出来ないものの

ストーリーでカバーし、ウルトラマン光学合成にも
アニメを使用した合成でカバーする事で人気の特撮番組になります。

復刻ではない?謎のスタンダード・特撮版とは?

マグマ大使のソフビは、放送当初
発売されずに、第2次怪獣ブーム
再放送に合わせて発売されます。

ですが、ブルマァクからは大サイズ
相当する450円売りの27cmマグマ発売されていましたが

スタンダードサイズ24cmサイズ
オレンジと言うメーカーから当時は
発売されていました。
*オレンジ・後に流星人間ゾーンなどのソフビを発売する小メーカー。

当時のオレンジ製マグマ大使
デットストックのヘッダーには
STマークが存在する事から
1971年~の発売なのは確かですが
ブルマァクスタンダードサイズ
発売した証(個体)は発見されて
いない為、当時はスタンダードサイズ
オレンジが先に販権まんがの
マグマ大使
として申請していたと考えられます。
*STマーク玩具安全マーク1971年以後に付けられる。

ですが、ソフビも略同じでシワまで
略同じで、異なるのはベルトの下
部分のパーツ
で、特に後ろの形状が
異なるのと、オレンジ刻印
入っていてブルマァク大サイズよりも平です。

なので、今回の24㎝マグマ大使
復刻とは記載されていなくて
特撮版と記載されたモノですので
放送から35年後新ソフビとして紹介します。

マグマ大使怪獣4体スタンダード
思われるサイズで、ブルマァクからも
発売されていますが、オレンジ版
4体の方が少し小さく、型(造型)も
少し異なるので、スタンダードサイズオレンジ

ブルマァク怪獣大サイズ27cmの
相手用に、やや大きなスタンダードサイズ的
大サイズとして発売されていたと思われゴア大サイズしか存在しません。

元祖トランスフォーマーの影響

マグマ大使は、タイトルであり
マグマの事を、マグマ大使マモルくん
人間が言うので、通称でもありますが
アース様は、マグマと呼ぶ事からも
マグマ大使名前「マグマ」
マグマの「モル」息子が「ガム」です。

名前よりも通称「マグマ大使」
彼の名前よりも、前に出て認識されいるのは
毎回、マモルくんマグマを呼ぶ
ロケットの笛を鳴らす時に
「マグマ大使~!」と叫んで呼ぶ事が大きいと思われます。

マグマモルガムアース様が創った
ロケット人間と言う設定で、飛んでくる時は
ロケットの形状で、怪獣と戦う時は
ロボットのような人間体変形します。

その上、人間のように感情があり
も出来るキャラなので、トランスフォーマーそのものです。

腹部からミサイル発射するのも
後のマジンガーZが、マグマ影響
受けているのは明らかですが

今、考えると二足歩行ロボット
腹部略空洞ミサイルが出るのは
構造的には、不可能に近いのですけども
グレートマジンガー前は、武器
ロボット手に持つと言う事自体が考えられませんでした。

後々の巨大ロボトランスフォーマー
などに多くの影響を与えたマグマ
ウルトラマンBタイプから、顔も
FRPにしたのも、このマグマ大使存在があったからとも言えます。


マグマ大使を前から観ると
マスクは可愛く、テレビ特撮
マスク直線的なモノが無く
パイロット版を参考にしたようなをしています。

テレビでも漫画でも唇は赤くは無い
のですが、がクチに入っているのは
パイロット版参考にした感じがあります。
*パイロット版は顔がスーツアクターの顔を出していた。

肩と腕の部分の輪が3つありますが
ボディパーツ側に1つを配置して
1つ目と2つ目の可動します。

また胸のセンター縦に筋凹
入っていますが、撮影用スーツには入っていません。

足の長さが少し大サイズ
当時のブルマァクと異なる感じで
大別すると下半身が異なるだけのスタンダードサイズです。
*スタンダードを基準にすると大が少し足が長いだけです。

マグマ大使をサイドから見ると
特撮用のスーツ的に、厚みがあります。

全体的にはベルトの位置が高い
感じもよく解るアングルです。

頭のアンテナは、やや前に出て
いるのですが、略左右に向いています。

マグマ大使を後ろから見ると
髪の毛のボリュームが多い時を参考にしたようです。
*髪の毛は抜けるので絶えず数種用意された。

オシリの部分は、シール
(C)手塚プロ
ピープロ、と言う文字が貼ってあり。

その下に刻印
(C)虫プロダクションと入り
その下にブルマァクの刻印マークがあります。

オレンジ版のオシリの刻印

(C)手塚プロコミック企画

オレンジのマーク

JAPAN
マグマ大使

と入っています。

この刻印の違いからも
手塚プロコミック企画が入っていて
ピープロが無い事から、今回の2001年
スタンダードが、特撮版と記載されて
いるので、オレンジ漫画マグマ
ソフビを商品化していたと言う事で

24cmサイズ版権を先に取得していたのが解ります。
*ピープロ・特撮作品の製作会社。

子供にはソフビとしては同じですが(^^:
版権的には、コミック特撮の違いが
オレンジと、2001年に販売された
特撮版とは異なる存在という事になります。

その上、当時はウルトラマン
帰ってきたウルトラマンなど新作が
放送される中での350円と言う価格
なので、380円マグマ大使は不利で
3cm違いの450円サイズも、有利とは
言えない価格販売時期でした。

マグマ大使可動は、腕の付根と
足の付根、ベルト(腰)の部分です。

特調があり、左手の小指
まっすぐで、右手の人差し指
小指が真っすぐに造形されています。

これは元の撮影スーツの指が、しっかり
連動して指が曲がらない(Sアクターの指が小指に入ってない)のを、そのまま反映しています。

 

マグマ大使の足の裏(下)には、右足に
凹モールドで、マグマ大使と横向きに入っていて

左足のかかとの前にバンダイの文字が
吹きつけられています。

19年を超えてもメンテナンスの御蔭で
マグマ大使綺麗元気です。特にアンテナ注意!

オレンジとブルマァクの関係

オレンジは、基本企画会社ブルマァク
版権取得を依頼していた会社でした。

販売的には弱く、キャプテンウルトラ
ガルバンなど、極少数のソフビなどを販売していました。

アークとして、流星人間ゾーン
シルバー仮面ジャイアント発売します。

この時期の事を、オレンジアークと言う方も居ますが

企画・版権がオレンジで、販売がアーク
言う感じなので部門的ブランド名です。

円谷プロの輸出部門円谷エンタープライズ
からも、ミラーマンなどの復刻販売もしていました。1983年倒産。

マグマ大使

身長6メートル(基本)
*作中どう見てももっと大きく、怪獣対応して巨大化する
事になっていますけども…やや解りにくく、サイズが
変っている設定を知る子供は略いなかった。
この6メートルは、ロケットのサイズ的に出された
数字と思われ、画面では怪獣ウルトラマンのサイズの為にサイズが変るとされています。

武器
腹部ミサイル
頭部アンテナからの熱線砲
ジェット気流

スーツアクター・魚澄鉄也

造型・大橋史典、開米栄三

■メーカー・バンダイ・ブルマァク
■発売元 (株)バンダイ
■発売・Sales Year 2001年 NO.2073
■当時価格 5800円
■登場作品 マグマ大使(1966年)
■製品仕様 全長サイズ 約24㎝(アンテナ先端まで)

○オレンジ版 スタンダード 380円 1971年~

「マグマ大使」Blu-ray BOX
初回限定版ディスク枚数 10
ASIN : B010YBUK4A
詳しく見る。