//グーグルアドセンスコード 冒険ロックバット・ジンクロン合金の玩具レビューです。

冒険ロックバット ブルマァク【039】

コメディ特撮コウモリロボの魅力!

Introduction of Japanese toys
Adventure ROCK BAT

ホビービルドプラス宇宙九太です。
玩具レビュー39は、1975年3月31日
月~土曜日の18:55 ~19:00に5分間の
帯番組としてピープロが製作し
フジテレビ系で放送された、特撮番組の
冒険ロックバットの主人公ロボット
ジンクロン合金ロックバットです。

*ジンクロン合金(ブルペット合金Z)
ポピーの超合金に対抗して、ブルマァク
出したダイキャスト合金の玩具ブランド名。

ロックバットは、マグマ大使ライオン
ピープロダクションが、製作した子供向け
5分番組ですが、週5本の放送なので事実上
60分枠の番組に近く、今では少ない形態の
放送でした。

当時は、紙芝居感覚でストーリーを刻んで
毎日観るのは、子供の小さな楽しみであり
ビデオなど家庭録画機器が無い時代に
夕方に帰ってくる子供に視聴を許す親も多い
関係性を持った番組でした。
It is a Japanese tokusatsuHero program of 1975.

ロックバットの玩具は、コウモリをモチーフ
に、ズク博士が造ったロボット第一号
正義のロボットですが、あまりロボット
らしく無いキャラを、そのまま玩具にしてい
て、本体には玩具オリジナルギミックなどは
ありません。

手足は残念ながら金属むき出しの無塗装です。
テレビのロックバットは腕がで手袋が金色
足は全部金色です。

ベロを出している表情が付けてあるのも
フィギュアとしては珍しく面白いです。

後ろは樹脂パーツの赤い翼が在り、奥にネジ
止め穴が2つ在ります。

カラーリングは、前と同じくセンターに銀色
の縦ラインが入っていますが、羽根が在るから
か?省略されています。

背中のは開きます。この翼はテレビ画面
では、前から見ると赤で背中側は銀色に黒で
黒い部分が畳んであるようです。

飛ぶ時は人形で、固定のパターンの人形と
を、バタバタさせて飛ぶ人形が在りますが
人形だと前から見ても翼は黒かったします。

頭は…設定的には帽子なんだそうですが?
帽子を持ち上げると、プロペラが出てきます。

ただ、テレビ画面では黒いコウモリ傘が出て
パラシュートのような感じに使用しています。

手足は無塗装ですが、少し驚くギミックは
足が左右に開く事が出来るようになって
いる事です。

おそらくロックバットが飛行時に
翼をバタバタさせて飛ぶ時に足も左右に
バタバタ動かす方に合わせたのだと思います。

*厳密には足を動かす人形は、足の間に幕が
あり、それをバタバタさせています。

足の裏は、ロケットカーとドッキングする為
の穴が空いていて、ロックバット自体には
刻印がありません。

オリジナルアイテムロケットカー♪

ロケットカーに乗ったロックバットです。

ロックバットに、玩具的なギミックを付けな
かった分、付属させたようでロケットをバネ
発射出来て、予備弾を後ろに立てれます。

箱だと、このロケットカーの車輪やロケット
が黄色で、帽子の中のプロペラがですが
完成品は逆になっています。

ロックバット

胸の6つのボタンで6通りの超能力を発揮

1.帽子が開いてパラシュートになる。
2.背中の羽根が開く
3.飛ぶ(羽根で飛行する。)
4.傘が回る
5.笠が船に変わる。
6.3ノットで水の上を走れる。

武器

光線銃

100馬力

羽根で飛行する。

帽子が開いてパラシュートになる。

武器・光線銃

世界・どうぶつ国のどうぶつ村

体重100キロ

制作者・ズク博士

名前
「岩」「ロックンロール」の「ロック」と
「コウモリ」の「バット」のミックス

声・松金よね子

造形・ヒルマモデルクラフト

ブレイザー ブルマァク・ジンクロン【40】 Z合金 ジンクロン ラインナップリスト
■メーカー・MAKER ブルマァク
■発売・Sales Year  1975年
■当時価格 1350円
■登場作品 冒険ロックバット
■製品仕様 全長サイズ約13cm(帽子収納時)

ジンクロンラインナップ・リスト頁へ