//グーグルアドセンスコード ポルシェ934TURBOトミー製ミニカーレビューです。

ポルシェ934 トミカリミテッド 【19】

スーパーカーブームの赤い999!

Introduction of Japanese toys
Porsche934 TOMICA DANDY

ホビービルドプラス宇宙九太です。
玩具レビュー20は、1976年のGTレース用の
クルマで、翌年1977年との2年で400台~製造
の限定車です。そのポルシェ934のトミー 製
タカラトミー ・トミカリミテッド Sシリーズ
No.0009 ポルシェ 934TURBO(ターボ )の
ミニカーレビューです。

トミカリミテッド Sシリーズは、1/43~
1/45と言うスケールがラインナップされ
このポルシェ934は、1/45スケールのサイズ
で、元はトミカダンディの金型をベースに
グレードアップさせて販売したシリーズです。

934は外観的に、930にオーバーフェンダー
を付けて、太いタイヤにフロントに在る
大きなアンダースポイラーが付いた特徴で
今見ても、迫力あるビジュアルを持ちます。
ミニカーでも、オーバーフェンダー
取り付けビスなど忠実に再現されています。

サイドから観ても、フロントアンダー
スポイラーと、リアウイングが目立ちます。

メシュタイプのホイールも、サイズ的に
やや難しいタ仕様ですが、見事に再現して
います。

斜め後ろから観ると、リアフェンダーの
迫力は圧倒的で、市販車の930に改造を
加えて、実際に大きなリアを再現する方が
現れた程でした。

後ろは、やはりリアウイングの存在が
大きく、その下のブレーキランプ類
横一直線同幅なのが、この時代の911系
スタイルで、今でも復活させてほしい
ポイントです。

バンパーは、2つの突き出た黒いコブの
ように見えるアメリカの衝撃吸収規定
合わせた形で、ビック・バンパーと
言われ、賛否が分かれる部分です。

車内は左ハンドルで、オーソドックスな
市販車的に留まって居ます。

実際の934は、勿論レース車輌なので
市販車とは違い、ロールバーが貼り巡らせ
られていて、助手席などはミニカーの
ように無く、軽量化に努め1,090 kg
軽さを達成していました。

リアは開き、エンジンが一応搭載されて
いて、ポルシェ初の水冷式のインター
クーラーも再現されています。

エンジンは、ポルシェカレラ3.0RSR
2,993cc水平対向6気筒75型をベース
ターボチャージャーで1.4bar過給して
485馬力を絞り出していました。

真下から観ると、一応リアのエンジン部分
は塗装されていますが、いい意味で
レース用でリアエンジンなので、実車も
何も無い為、刻印も中央でよく読めます。

マンガで大活躍の赤いポルシェ!


ポルシェ934は、サーキットの狼を軸に
スーパーカーブームの頃、1977年
ひみつ指令マシン刑事999と言う934
乗った刑事が活躍するマンガが連載され
スピンオフとして、同じマンガ家の
すがやみつるラジコン探偵団でも
子供が操るメインのラジコンが934
934のラジコンを使って事件に挑む
マンガも連載されました。

そのマンガと同じマシンが、当時の田宮
から発売された電動ラジコンカー第1号
またポルシェ934で、10万台を売り上げる
大ヒットになり、以後のラジコンカーの
ジャンルを決定的にする土台になります。

その為に、雑誌やデパート、模型屋さんの
店頭に、このポルシェ934の実車や模型の
写真を、多くの子供や模型愛好家が
目にしたスーパーカーでもありました。

ただ、ポルシェ934公道を走れるクルマでは無く
レーシングカーなので、走った時点で刑事
アウトになってしまうので・・・

なんらかの特別車輌として許可してもらった
のでは無いかと思います(^^:


模型やメディアから、実際の活躍以上に
想い入れのあるクルマと言う世代の方も
多いクルマなので、ミニカーで手元に置く
のも懐かしく想える1台だと思います。

ポルシェ934

1976年~1977年

FIAグループ4車両

エンジン

空冷930/75型エンジン

排気量2,993cc

インタークーラー水冷485馬力

重量1,090 kg

製造・約31~400台

*911・75型をベースの改造の為、厳密な数は謎。

■メーカー・MAKER タカラトミー
■発売・Sales Year   2002年
■価格   2,052円
■実車   ポルシェ934
■製品仕様 1/45スケール