//グーグルアドセンスコード ミニカーがディスプレイ台とタイヤが癒着、溶ける。原因、対応

ミニカーのタイヤがパンクする!?

ゴムタイヤが癒着して溶ける!?

ホビービルドプラス宇宙九太です。

ミニカーコレクションしている多くの方が
遭遇する悩みに、タイヤの問題が在ります。

多いのがディスプレイ台とタイヤが癒着
(溶ける)して、ミニカーのタイヤが
パンクしたかのように、形が変わってしまう
事です。

次に多いのがタイヤの変形や、ひび割れなど
です。 今回は、このミニカーのタイヤの
問題にフォーカスして原因や対策シェア
したいと思います。

■症状の種類

①タイヤがプラスチックや樹脂素材の台座と
 癒着する。
②タイヤの下面が平に変形してしまう。
③タイヤがひび割れを起こしてしまった。

■原因

プラスティクとの癒着

①はタイヤプラスチックの台座癒着する
現象は、主な原因は台座が木製ガラスなど
では無くて、プラスチックなどの
樹脂系素材である事で、下の写真のように
タイヤの接触部が溶ける事です。

原因の1つは、タイヤの素材が塩ビや
プラスティックゴム(消しゴムなどにある)
のような素材である為に、その中に含まれる
可塑剤が気化する時に起きます。

自重変形

②は、ミニカーの多くはダイキャストと言う
金属なので、ミニカー自体の自重
タイヤの底面が圧迫され平らに変形して
しまう事と、①との現象が重なり、変形を
加速させて起きてしまいます。

経年劣化

③タイヤにひびが入ったり、割れてしまう
のは経年劣化と、もう1つは①の可塑剤
気化してタイヤ硬化した状態に素材が
変ったのに、同じようにホイールから
引っ張られ起きる現象です。

日光や蛍光灯の紫外線でも加速しますので
片側のタイヤだけ、ひび割れるという
現象も起きたりします。

防御対策

癒着対策

①タイヤがプラスチックの台座と癒着する
現象は、メーカーも把握してるので、クルマを
浮かせる対策をしてある事があります。
ただ、浮かせる%が足りてるものも在るの
ですが、何故か?ギリギリにしか浮かせて
ないのも在ります。

そこでメーカー対策にプラスして、入手も
簡単でサイズも豊富なネジなどに使う金属の
ナットやワッシャなどを挟んで
更にクルマを浮かす事が御薦めです。

下の写真の例ではナット(ボルトと同じか
大きい径)とワッシャで、タイヤが台座に
ハッキリ接触しない高さまで上げています。
安心ですね♪

自重対策

②大きいサイズのミニカーで、タイヤ幅
細いクルマ程ボディの自重で、タイヤの
下面が平らに変形してしまいがちですが
この対策も4つのタイヤを浮かせる事が
最も効果的です。


その時にはミニカーの底面の素材がプラ
などの樹脂系か?金属か?保存する面(台)
が、木製ガラスか、樹脂素材か?、で
浮かせる素材を癒着しないように対処して
ください。

ひび割れ対策

ひび割れを防ぐ、最も有効な方法の1つは
タイヤに保護液を塗る(浸透させる)事です。
有名なのは、クレポリメイトアーマーオール
などで、ミニカーのタイヤは、小さくスプレー
は出来ないので、一度小皿などに出して綿棒
などで塗る事が御薦めです。

因みに、ミニカーの内装(イスやステアリング
など)も樹脂素材ならば、そのままで塗装など
しない場合、保護液を塗る事で退色や変形を
減らす事が出来ますし、透明ケースに塗ると
変色が抑えられます。

ただし、1度塗れば永久的に大丈夫なのでは
なくて、タイヤのサイズや保存環境にも
よりますが、1~2年に1回は塗り足す事が
効果を持続させますので、メンテナンス
欠かせません。

起きてしまった対応策は?

癒着の対応策

タイヤがプラスチックの台座と癒着
軽度の場合はリフトUPを追加して
タイヤに保護液を塗るくらいで良いかと
思いますが、酷い場合はタイヤを交換する
しかなく、同サイズの他のミニカー(中古の
ジャンク品など)から移植交換するしか
ありません。

台座の方も酷い場合は、簡単なのは台座を
諦め…捨てる方法か修復するには変形部分
削り・パテ埋めし塗装するしかありません。

変形の対応策

②のタイヤの変形も、軽度の場合は保護液
多く散布して平になった面を、上に向けて
タイヤに自重圧が掛からないようにすると
回復する場合もあります。

タイヤの対応策

③は、もう交換しかありません。と書きたい
ですが、なかなか同じサイズのタイヤが
見つからない場合は、最も良い状態の
タイヤ1本から型取りして、タイヤと
ホイール事、キャストなど別素材で成形して
ホイールとタイヤの色を塗って、らしく
見せると言う方法の方が完璧な修復では
なく、見た目重視で良いと言う方には
御薦めです。

まとめ


メーカーで浮かせてる高さが対応出来てる
ものや、写真のF1マシンのようにクルマと
台の間に、最初から紙素材が挟んである
ようなタイプ以外は、癒着現象が起きる前に
対策する事が重要です。

ギリギリの高さで
未対処のミニカーは軽度で発見出来るように
コレクションに目を配り早めに
対処を施す事をお薦めします。

*記載の事項は、全て実際に行っていますが
参考にされる場合は自己責任にて御願いします。

他の問題解決頁・リストへ