トミカ・ベンツ300SL【250】

ntroduction of Japanese toys
Mercedes-Benz 300SL  TOMICA

ホビービルドプラス宇宙九太です。

今回の玩具レビュー250
トミー青箱外国車シリーズ
発売したメルセデスベンツ300SL
赤箱でNO統一されたトミカのレビューです。

■ガルウィングドア

メルセデスベンツ300SL
ガルウィングドアの特徴が有名で
屋根の真上に跳ね上がるドア
左右に2枚持って居ます。

このクルマのガルウィングドア
有名になった為に、後のカウンタック
などのシザースドアも、何故か今でも
ガルウィング(ドア)日本では
言う人が多い要因になっています。

座ってからドアを閉めるのは、ちょと大変です。。。

300は、エンジン排気量3リットル
なのですが…、3000ではありません(^^:

「SL」ドイツ語「Sport Leicht」
で、意味は軽量スポーツカーですが
発音はドイツ語なので…やや難しいです。

ベンツ300SLをサイドから見ると
他のトミカのドアとは、まったく
違う開閉方式ですが、みごとに再現しています。

ドアの内側も一応塗装してあります。

ボディフォルムもサイドからは
かなりリアルですが、タイヤ
タイヤハウス隙間が…欲を言えば広いです。

ベンツ300SLをななめ後から見ると
リアのトランクの曲面も、かなり
綺麗に再現されていて、今でも
充分通じるクオリティです。

ベンツ300SLを真後ろから見ると
もう少し左右のフェンダー
盛り上がって居るとベストで

エンブレムスリーポインテッド
スター
は、逆に?もう少し大きくてもいいくらいです。

ブレーキランプ類は、ドアが
ドアなので仕方ないですけども
を入れて欲しいと思える箇所ではあります。

ベンツ300SLを前から見ると
ヘッドライトグリル
別パーツにしていて、他の
トミカよりも、力が入った1台なのが解るアングルです。

ドアを上げるた前からで
組み上げる前にドアを上げた
状態で、ボディの塗装をしているのが解ります。

ベンツ300SLの裏側は

tomica

MERCEDS BENZ 300SL

(C)TOMY NO.F19

S=1/63

MADE IN JAPAN

と入っています。

NO.F19のナンバーは、初回の
外国車シリーズの時のナンバーのままです。

ベンツ300SLのトミカの箱で
赤箱時代のモノです。

初回販売は青箱で出されています。

同じ状態なら青箱の方がプレミアですが
どちらも、状態が良くて箱付きならば
1万円前後の値段がついています。

32年以上経っても、元気なミニカー
タイヤとして、メンテナンスの御蔭でいてくれてます。

■トミカ・ ベンツ300SL カラ―ラインナップ

青箱F-19 赤箱NO.99

ベンツ300SL シルバー(青・赤箱)
ベンツ300SL レッド(赤箱)
ベンツ300SL メタリックグリーン(青箱)
ベンツ300SL イエロー(青箱)
ベンツ300SL メタロックライトブルー
ベンツ300SL クリーム色(赤箱)

特別仕様

ベンツ300SL 特注 ゴールド(青箱)
ベンツ300SL KTMC ブラック
ベンツ300SL 東急ハンズ ホワイト(赤箱)
ベンツ300SL カーグラフィックTV レッド金文字(赤箱)
ベンツ300SL アニバーサリー メタロックライトブルー

■メルセデス・ベンツ300SL スペック

1954年 – 1963年

製造国 ドイツ

乗車定員 2 名

ボディタイプ 2ドア クーペ、2ドア ロードスター

エンジン M198 2,996cc 直6 SOHC 筒内直噴

駆動方式 FR

最高出力 215 PS / 5,800 rpm
最大トルク 28.0 kgm / 4,600 rpm

変速機 4速 MT
サスペンション
前:ダブルウィッシュボーン
後:スイングアクスル

全長 4,520 mm(クーペ)4,570 mm(ロードスター)
全幅 1,790 mm
全高 1,300 mm(クーペ)1,265 mm(ロードスター)

ホイールベース 2,400 mm

車両重量1,295 kg(クーペ)、1,235 kg(ロードスター)
最高速度260 km/h(クーペ)、225 km/h(ロードスター)

デザイン ルドルフ・ウーレンハウト

■メーカー・MAKER トミー(TOMY) 現・タカラトミー NO.99(NO.F19)
■発売・Sales Year 1988年  
■当時価格  320円  
■製品仕様  全長サイズ約7.5cm×約3cm  1:63スケール(約)

ベンツ 300SL ミニカー
Mercedes-Benz
ASIN B07GGN3RKX
詳しく見る。