ソフビの簡単塗装方法!【カネゴン】

ホビービルドプラス宇宙九太です。

ソフビ人形の形は良いので
ソフビを自由なカラー塗装してみたい!と、言う方へ

ウルトラマンのヒザのが、つま先が剥げてが出てきた…

子供と遊んだら、子供が遊んだら、大人が遊んだら(^^:
ソフビの塗装がはげてしまったのでリペイントしたい!

そんな思いから、プラカラーなどで塗ったら
ベタベタになってしまった。(TT)

そんな方に、簡単に水性塗料で自由に塗装して
しかも、ベタベタにはならない方法を紹介します。

ソフビの塗装手順1

下のカネゴンを例に、塗装の手順を紹介していきます。

すごく形はリアルになってきたソフビのカネゴンでも
整形色が黄色で、なんか銀色が顔やボディに吹いてあるので
少し残念な気がする・・・

他にも、遊びすぎて塗装ボロボロなので、どうせなら
カッコよく塗装したい場合は、まずソフビを新品でも
遊び倒したモノでも、工場出荷時の油分や、手で触った
がと言うのが付着しているので、まずはよくソフビを洗ってください。

油分や汚れが付着していると、塗装がのりません。

水道で石鹸やボディソープで、洗うので充分ですが
汚れが酷い場合は、食器洗い洗剤を使ってみて下さい。

細かい部分は、歯ブラシ(100均のでOK)などで
ゴシゴシよく洗いましょう!

洗ったら、よく拭いて乾かしましょう。
その時に、また手の油分を付着させないようにしてください。(^^:

塗装手順2 下地(濃い整形色の場合)

今回のカネゴンのように、薄いカラーから濃いカラー
塗る場合は、それほど気にしないで直接塗りたいカラーを
塗っても大丈夫ですが

その逆に、濃いカラーのソフビを薄いカラーに塗りたい場合は
サーフェイサー(白・グレー)を、1.2度吹き付けましょう。

サーフェイサーとは
塗装の下塗り、または中塗り用の塗料で仕上げのカラ―を
シッカリ定着させる役割があります。
ネットでなら1コイン以下で入手可能です。

おすすめのサーフェイサー

・ Mr.サーフェイサー 1200
・タミヤスーパーサーフェイサー

など、かなり濃いカラーの場合でも、完全に元のカラー
見えなくなるほどまで吹かなくても大丈夫です。

むしろ、あまり厚くサーフェイサーを吹くと
プラモデルではなく、ソフビは柔らかいので
関節(*関着)の側などが、動かすと塗装が割れる場合があるので

なるべく薄く1回か2回の吹きで、元のカラーが少し
薄くなるくらいの感じで大丈夫です♪

*関着・ソフビのハメ込んで装着してある関節部分の事。

サーフェイサーは、模型店ホビーショップなどで入手可能ですが
おもちゃ屋さんや、ホームセンターなどでは置いてない場合もあります
けども、ネットで購入できます。
と、言うかネットの方が、かなりお安く買えます。(^^)

Mr.サーフェイサー 1200 徳用 170ml ホビー用 B515
タミヤ ファインサーフェイサー L (ホワイト) 87044

Mr.サーフェイサー 1200

タミヤ フェイサー白・ L

塗装手順3 【塗り】

塗料は、タミヤカラーやMr.カラーなどのホビー系の水性アクリル塗料OKです。
ソフビ専用のカラーでなくても、今回紹介する仕上げなら大丈夫ですし
もしろ高価な専用塗料を使っても、ベタついてきます。

怪獣などは表面的にも筆塗りで問題ありません。
寧ろ味が出て、皮膚感覚が出ていい感じになります♪

 水性カラー
・タミヤカラー(ブラウン)
・Mr.カラー (ウッドブラウン )

小さい面積は筆塗りで大丈夫ですが、少し大きな面積は
平筆の大きな筆を使いましょう。

よほど大きな巨大ソフビの場合だけは、エアブラシ
塗料を入れてスプレーしてください。

エアブラシも安いのは、ネットなら6~7000円
くらいからあります。

塗り重ねるのも濃い茶色(カラー)から、明るい色を上に
重ねるの順番に塗っていきましょう。

塗装の注意点

薄めずに塗るのがベストですが、どうしても薄くしたい場合は
水ではなくて水性カラーのアクリル専用(メーカーは別でも可)の
うすめ液・溶剤使用してください。

また絵具のチューブなどに入ったアクリル水彩は、チューブに入れる
為の粘材(質)が入っていて、ソフビには合わないものが多いので
プラモデルなど、模型用のアクリル水彩塗料を使用してください。

水性ホビーカラー
うすめ液110

水性ホビーカラー
うすめ液 400

ゴシェールエアブラシ
ミニコンプレッサー

タミヤ エアーブラシ
システム セット

塗装・細部

自分で塗装すると、メーカーの量産ソフビのカラーよりも
多くの色数で細部凝る事ができます。

もちろん、そのままの色ではなくや白など調合して
自分のイメージのカラーに塗装してください。


カネゴンは、つなぎ目に青いカラーがあるので段差にを入れます。

クチの中に塗って、チャックやつまみを銀色に塗装します。

目も白目、を塗装します。

足の裏は、本当に黄色のカネゴンを塗ったっというです♪

タミヤカラー
アクリルミニ
シルバー 光沢

塗装・仕上げ

ココが、1番重要なんですが
塗っただけでは、ソフビは少し時間が経つと表面が
ベタベタの状態になってしまいます。

仕上げに、プラモデルのクリアではなくて
クルマの塗装補修用のスプレーのクリアを吹けば、
ベタベタの問題は起きません。

スプレーは、カーショップやホームセンター
ネットなどで入手可能で、300gサイズで
1本1300円程(実売価格は800~1080円)
くらいで入手可能です。

ネットでなら、更に安く入手できちゃいます。

お薦めは

ソフト99のクリア

ホルツのクリアです。

1本あればカネゴンサイズなら、吹き付け方にも
よりますが20~50体は足りる容量なので
手軽さと合わせコスパもいい方法だと思います。

プラモデルのクリアスプレーは、安いですが絶対にNGです。
最悪の場合は、さらにベタベタが増します。(^^:

ソフト99クリアー

Holtsクリア

クリアスプレーの吹付け方 

クルマの塗装補修用のスプレーのクリアは
換気設備がない場合は、ベランダや庭など
屋外で行ってください。

吹付けるコツは1つだけで、怪獣は複雑な形も
在るので、乾いたら違う面~次の面と、時間を
置いてアングルを変えながら行ってください。

ただ、厚塗りする必要はなく全体に1膜出来たらOKです。

乾燥したら、指で触るとクリアの膜で覆えた場所との
違いが分かるので、全体的に覆えたらOKです。

部分的なリペイントなどは、そのリペイント部分
覆えたらOKです。

吹付けはダンボールや新聞紙などを敷いてください。

クリアですが、砂ホコリなどを固着させてしまう
予防になります。

乾燥時間はベランダなどで晴れなら10~20分
置けば乾きます。

怪獣などのつや消しでいいのであれば以上で終了です。

表面を光沢にしたい場合

怪獣でもの部分や、ロボットなどメカ系の場合は
クルマの塗装補修用のスプレーのクリアをしてから

3日~1週間置いてから、コンパウンドを布などに付け
磨くと、磨いた部分の光沢を出すことが出来ます。

コンパウンドも、模型用よりクルマの塗装
(補修)用の細目を使う方が早く出来ます。

面積が多い場合や、細かい部分は根気よくやりましょう。

ドリルの先端を交換したり、靴磨きや研磨専用の
電動ツールスポンジなどで行える方は
コンパウンドを付けて、磨くと時短出来て綺麗に
仕上がります。

電動シューズブラシ

コンパウンド
ミニセット

まとめ

が剥げきたり、キャライメージと違う色なので塗り替えたい
などの思いも、仕上げの工程さえシッカリやれば

特別な塗料や予算をかけなくても、色塗りやリペイントは可能ですので

塗装だけの問題で、お気にいりのソフビを捨ててしまったり
諦めないで、大切にしてあげてください。

*記載の事項は、全て実際に行っていますが参考にされる場合は自己責任にて御願いします。

コイン怪獣・カネゴン
■メーカー・バンダイ
■発売・Sales Year 1991年(成型色)*型・1984
■当時価格 500円
■登場作品 ウルトラQ「カネゴンの繭」
■製品仕様 全長サイズ約17cm

  

ウルトラマンシリーズ