//グーグルアドセンスコード ポピ二カ・ムトロポリス基地のレビューです。

ポピ二カ・ムトロポリス基地【42】

走る基地の満載ギミックの魅力!

Introduction of Japanese toys
Mutoroporisu(Brave Raideen)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー42は、1975年4月4日
金曜19:00~NET(現テレビ朝日)系
で放送された勇者ライディーンに登場する
ポピーが発売した玩具ポピ二カの
科学要塞ムトロポリス基地のレビューです。

ムトロポリス基地は、ライディーンが格納
されている人面岩の側に、造られた基地で
コープランダー隊は、ムトロポリス基地
居て発進します。

玩具も、貝殻をモチーフにしたムトロポリス
基地と、ライディーン人面岩が向き出しに
なったような岩が陸続きになっています。
*人面岩は人面岩と言っていますが、見た目
ライディーンの顔のまんまで、ひびき洸
スパーカー(バイク)で近ずくと、岩が開き
中から金色のライディーンが姿を現します。

玩具は、人面岩までは再現されて居ませんが
スパーカー(バイク)で近ずき、ライディーン
が、上に飛び立つ感じを再現するギミックが
一応、着いていますので写真で再現しました。

実際にはバネの力を解放して、スパーカー
前進して、ライディーンが少し高く上がるの
ですが、バネが強すぎてライディーン
スパーカーが同時に吹っ飛びます。

なので、ライディーンとスパーカーを
無くすか壊す恐れがあるので注意が必要です。

裏から観ると、ムトロポリス基地側ではなく
ライディーンの人面岩側に刻印があります。

更に、ムトロポリス基地ポピ二カな理由と
言うか…こじつけに近いギミックが在るので
ムトロポリスは、岩のベースから外れます。

外すと後方に、車輪のレバーを曲げ出すと
ムトロポリス基地が、走ると言うギミックに
なっています。

ポピ二カの原則!驚きの走る基地!

ポピ二カの原則として、走るモノと言うのが
あるので、本来テレビ画面では走らない基地
までが、車輪(コマ)が付けられポピ二カ
してラインナップされていました。

ムトロポリス基地は、マジンガーZの光子力
研究所などバリアを貼って守るのに対して
貝殻を閉じて防衛する機能が売りなので
ムトロポリス基地の貝殻がダイキャストです。

開閉時に、後ろに上部分の重さが掛かるので
後方に車輪軸を伸ばし、岩ベースに格納する
時には、リア車輪を畳めるように工夫して
まで、走行させているのが凄いです。

ムトロポリス基地を開くと、センターの赤い
タワーは後ろの黒いボタンで上に伸びます。
片側は、地上に繋がるタラップが開くように
なっています。

上蓋の裏がメタリックパーツなのは、当時も
今見ても、科学要塞基地らしく見えるパーツ
で、賑やかな貝殻の中を更に豪華に見せて
います。

ムトロポリス基地のカタパルトには
ブルーガーと、スピットファイターがバネで
飛び出すギミックが付いています。

このブルーガーと、スピットファイターも
ライディーンスパーカーと同じくシルバー
メタリックのメッキ塗装です。

ただ、スピットファイターはブルーガーの
前に合体している小型の2人乗りメカなので
ブルーガーと、スピットファイターが同じ
大きさなのは、子供には疑問でした。

ムトロポリス基地の真裏にも、刻印があり
岩ベースとの結合を考えられた形状に
なっているのが解ります。
写真は後方車輪格納状態です。

箱では、ライディーンなどのシルバーメカは
ブルーメタリックになっていますが、これは
ムトロポリス基地のカラーと重なるので
シルバーに変更されたようです。

また、岩ベースのカラーもテレビアニメに
近い茶色ですが、人面岩が再現されて無い
事もあると思いますが、整形色の黒に緑を
少し吹いたカラーになっています。

走らせて遊んだ子供は、少なかったと思い
ますが、ムトロポリス基地の貝殻が開閉する
ギミックはテレビ画面と同じく、重厚感を
出すのに、ダイキャスト合金が効いていて
バリアと異なるムトロポリス基地が、他の
基地よりも、合金にハマっている玩具です。

■メーカー ポピー(バンダイ)PA-59
■発売・Sales Year 1975年
■当時価格 1500円
■登場作品 勇者ライディーン
■製品仕様 全長サイズ約13cm

●ポピ二カ・ラインナップリスト頁へ