//グーグルアドセンスコード ロボショー、ロボコンの仲間のポピーの超合金レビューです。

ロボショー ポピー超合金(ロボコン)【29】

リアルな水を使う金属ロボの勇気!

Introduction of Japanese toys
Ganbare Robocon RoboSyo

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー29は、1975年に発売された
ポピーの超合金ロボショーGA-24です。
ロボショーは、がんばれ!!ロボコン
登場する二期生のロボットで、消防の
ロボットです。
やたら水を撒くがあって、夏は喜ばれます
が、ただの煙だけ見ても水浸しにしてしまい
困らせる事が多い。

がんばれ!!ロボコンは原作・石森章太郎の
コメディで、1974年10月4日金曜日19:30~
NTE系で放送された番組です。
It is a Japanese comedy program of 1974.

超合金のロボショーは、ロボコンと腕と足が
同じような形状の金属を使用していて
蛇腹が細かく、ロボコンよりテレビ内に近い
感じですが、色はテレビはなので玩具的な
多色を使う意図から変更したようです。

その為、箱の写真の試作品は腕がテレビと
同じくになっています。

頭部の鐘も鳴りはしませんが、金属で出来て
いて、クチのライトも当時の樹脂ダイヤ
付けられています。

箱の写真のロボショーは、腕もですが
手首から先もシルバーのメッキですけども
超合金の商品は、になっています。
テレビ画面ではシルバーなので、玩具的に
とシルバーだけにならないような
多色使いの変更だと思います。

それらテレビのカラ―や形状、箱の写真の
試作などを比べて観るのも、超合金のマニア
な楽しみ方かもしれません。

後ろは後頭部とオシリにネジ留めが在ります。
そのオシリの少し上に刻印が在ります。

また、足首から下はロボコンガンツ先生
同じく、超合金アレンジのになっています。

放水システムのひみつ!


腕は、あまり上がりませんが写真の高さくらい
可愛く上がります。
お腹の部分は、超合金ロボショーの最大の
ギミックで、本物の水を使います。

テレビ画面では、の出るでっぱりのセンター
にホースが繋がって居ますが、超合金は直ぐ
真下にホースが接続されています。
なので、手に持っているノズルはダミー
何も出ませんし、白いホースも飾りです。

背中の部分は、超合金のオリジナルで、蓋を
開けて水を付属のスポイトで入れて、押すと
お腹からピュ!と水が出ます。

出るのも、そのままスポイト的な感じですが
子供には面白いギミックです。ですが金属玩具
に「水」と言うのはコレクターには、ゴキブリ
より怖いギミックです。

■メーカー・MAKER ポピー(バンダイ)
■発売・Sales Year 1975年
■価格 1300円
■登場作品 がんばれ!!ロボコン
■製品仕様 ダイキャスト 全長約11.5cm

●超合金GAラインナップリストへ