ホンダビート ミニカー 【030】

ホンダ■小型ミッドシップの魅力

Introduction of Japanese toys
HONDA Beat

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー30は、1991年~1998年
ホンダ技研工業から発売されていた軽自動車
ビート(Beat)を、ノレブ(NOREV)が
2008年国産名車コレクションのライン
ナップで発売したミニカーです。
*国産名車コレクション・アシェット
コレクションズ・ジャパンから発売された
書籍。メインですが形は付録として売られたミニチュアカーです。

ビート(Beat)は、1991年当時FF形式
車ばかりだったホンダから、ミッドシップ
レイアウトの後輪駆動のクルマとして発売
され、注目を集めた1台でした。

ミニカーは、1/43スケールですが実車が
軽自動車で小さい為に、ミニカーでも小さく可愛い車体です。

サイドから観ると、実際のビート
前が13インチ後が14インチと言う前後異型
タイヤが装備されていましたが、ミニカーは
同じサイズのタイヤ・ホイールです。

ドア後方の吸気口は、プリントで穴は開いて
ませんけども艶消しの処理なので、雰囲気的
には、その下のBeatの文字が目を引くのも
あって問題ない感じです。

このシリーズは、タイヤと台が干渉している
ので、処理などをするのを御薦めします。
*詳しくはミニカーのタイヤがパンクする!?

拘りクルマ拘り部分!


前から観るとライトユニットが別パーツなのは
素晴らしいが、若干の隙間が見えるのが惜しい
ですけれども、ホンダHマークやウオッシャー
ノズルなど、スケールと言うよりもミニカー
サイズ的
に、よく再現してあります。

ナンバーの左右のダクトも、凹みと艶消しの
黒い塗装でよく出来て居ます。

リアもブレーキランプユニットはクリアの別
パーツで出来ていて、フロントよりもリアの
ナンバー左右の凹み艶消し塗装は、いい感じに
出来ていて少し驚きます。

上から観ると、実車の運転席は助手席より少し
広いのですが…同じのようです。

MRなので拘ったのか?幌の後ろのダクトは
プリントではなく凹みに塗装を入れているのは
サイズ的にも驚きです。

内装は造り的には普通な感じですが、細かい
筋堀りなどで、可能な限り再現しています。

MR(座席後にエンジンが在る)なのもあって
フロントのダッシュボードにスピーカーが在る
のも、再現されています。

真下から観ると、下廻りも再現されていて
マフラーが塗装されているのに少し驚きます。
刻印は前タイヤよりい在ります。

ボディとの接合は、後ハメ込式の前ネジ1本
留める方式ですので、分解して内装を凝りたい
方などには、カシメでは無いので楽に分解して作業出来ます。

13年以上超えてもメンテナンスの御蔭で
ホンダビート綺麗元気に保っています。

ホンダビート

1991年 ~1996年

定員 2名

エンジン E07A型:直3 SOHC 656cc

最高出力 64PS
最大トルク 6.1kgf·m

変速機 5速MT

サスペンション
前:マクファーソン式ストラット
後:デュアルリンク式ストラット

全長 3,295mm
全幅 1,395mm
全高 1,175mm

ホイールベース 2,280mm

車両重量 760kg
生産台数 3万3892台

■メーカー ノレブ(NOREV)国産名車コレクション
■発売・Sales Year 2008年
■実車 ホンダビート(Honda Beat)
■価格 1790円
■製品仕様 1/43スケール クリアケース入り