アクションフィギュアの関節調整レビュー!

ホビービルドプラス宇宙九太です。

アクションフィギュアは、関節が動く事で
いろいろなポーズが取れる事で人気の玩具です。

ただ、その関節がゆるゆるだったり
硬くて動かないなど、上手く可動しないと
ストレスになるので、その対処方をシェアしたいと思います。

アクションフィギュアは、サイズなど
多種ありますが、他にも応用可能だと
思いますので、ウルトラマンアクト
ココでは、例として写真素材に使用します。

フィギュアの関節が硬くて動かし難い!場合

 ■新品の関節

新品状態で、少しくらい硬い場合は
遊んで(使って)いれば、ベストになる
可能性が高いので、そのまま遊んでください♪

素材の可塑剤が抜けてパーツが縮小し隙間
出来て=動きやすくなります。

冬は硬いのが特徴で、温めれば緩くなるのは人間と同じです。

可塑剤とは?

塩ビ、PVC、ソフビなどの玩具素材を、加工上柔らかくするモノで
フィギュアや玩具などで、柔らかいモノ程、多く含まれています。
成分は、酸とアルコールの2種を合成させたモノで
エステルとも言われます。

 ■明らかに硬い場合の対処法

でも、これは左右で違うし、確実に「硬い」と
言う場合*保護艶出し剤を、関節部分に流し
混んでみると動きが良くなります。
また、手首などの交換パーツの抜き差しが
硬い場合は、関節部分に塗っても抜き刺しがスムースになります。

*アーマーオールクレポリメイトなど
  

保護艶出し剤は、ホームセンターや
カーショップなどで入手可能ですが
ネットで買うのが、安いかと思います。

お薦め

ナポレックス アーマオール

KUREクレポリメイトクリア

KUREクレポリメイトナチュラル

スプレーするは無理なので、保護艶出し剤
小皿などに出して、液を綿棒に浸透させて
関節に押し当てる感じにするとが入っていきます。

それでも硬いと言う場合は、削れる(外れる)
状態の部分は、パーツを少しずつヤスリで
削って調整する必要がありますが…
そこまでの状態のアクションフィギュア
あまり国産品には無いと思います。

もう1つシリコンスプレーでも可動
とても滑らかになります。
保護は弱いですけども、新しいモノや金属部分には
シリコンスプレーでも充分です。
無臭なので、シリコンの方がいいと言うコレクター
居ますので、御好みで選択してみてください。

KURE シリコンスプレー420ml
KURE(呉工業)
ASIN B003P18FB2
詳しく見る。

フィギュアの関節がゆるくて固定できない!場合

 ジョイントの受けで調整する場合。

ゆるくて、重力に負けてポーズが固定出来ない
場合は、関節部分の凹部分の内側に木工用ボンド
少し塗って、乾いてからハメてみましょう。

ボンドの部分がになって、関節がキツくなります。

*大きさや素材では、上手くハメないとボンド(膜)が
はがれて>外れますので、1回でまっすぐ入れましょう。

 ボールジョイントの軸はゆるい場合

また、細いボールジョイントの玉との間の柱部分が
ゆるい(細い)場合は、プラモデル用のセメント
液体接着剤を塗って、乾いてからハメてみましょう。

セメダインの表面が完全に乾くと、その分が厚みに
なって軸が、少し太くなりますので固くなります。

*記載の事項は、全て実際に行っていますが
参考にされる場合は自己責任にて御願いします。

   Amazonで関連商品を詳しく見る。    
 
 

S.H.フィギュアーツ ウルトラセブン
塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS
詳しく見る。

S.H.フィギュアーツ モロボシ・ダン
塗装済み可動フィギュア
BANDAI SPIRITS
詳しく見る。
 
 
 
50年ソフビを保存出来る方法!【ミクラス】

頭部のジョイント簡単修復方!【タロウ】