ゲッターロボ・ゲッター3ソフビ【221】

Japanese car deformed toy
GetterRobot(Getter3)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

今回の玩具レビュー221は、
ポピーのゲッターロボに登場する
変形合体ロボットの形態
ゲッター・3」の当時のオリジナルミニソフビのレビューです。

ゲッターロボ

1974年4月4日木曜夜7時に放送された
東映動画のアニメゲッターロボ
合体・変形ロボットアニメの元祖の作品で
イーグル号ジャガー号ベアー号の3機ゲットマシンが合体変形します。

マジンガーZのような人型巨大ロボ
では無くて、合体して巨大ロボットに
なるアニメとしては初の試みでした。
*ウルトラセブンのキングジョーが3メカの合体巨大ロボとして実写にはある。

■モビルスーツ・ガンタンクの源

機動戦士ガンダムは、放送当初は
人気が無く、数字もイマイチで
よくスターウォーズに似てる要素が多いと言われました。

ライトセイバービームサーベル
シャアは、ダースベーダーと兜が似てる。
ザクも、ストームトルーパーと言われ
当初からのファンは悔しい思いをしましたが

モビルスーツも、ゲッター12
が逆になり、ガンダム
ガンキャノンになって、ガンタンクゲッター・3だと言われました。

確かに、コアファイター3パーツ
合体すると言うのが、当初のロボット…
モビルスーツの売りでもあったので
肩にミサイル(砲塔)まで在り
モチーフであるのは、認めざる得ない存在です。

ゲッター・3を前から見ると
赤のイーグル号白のジャガー号
上から突き刺さったような形状

メインのベアー号にしか残って
なく…今、見ると逆に斬新な合体です(^^:

このソフビとしてはイーグル号
ジャガー号は、別パーツで
イーグル号は赤のボディと頭部で
顔の黄色が塗装で、ジャガー号
紺色の成型色で、白(水色)が塗装になっています。

それと両腕がミドリの成型色なので
本当に3カラー成型色で構成されています。

ゲッター・3をサイドから見ると
ミサイルが、完全に赤の成型色なので、かなり印象が異なります。

また、ジャガー号が短いような
気もしますが…実際のアニメも
当時は、かなりアバウトなので…よく解りません(^^:

ゲッター・3を後方から見ると
さらにイーグル号の赤で…真っ赤です、裏は塗られません(^^:

ジャガー号との結合の少し上に
超合金にもある、2つの凸部分
ポピーなので再現されていますが
この部分は、イーグル号ゲッター1
では、何の部分なのか?よく解りません。

ジャガー号へのストッパーなのでしょうか?

またャガー号の後は、成型色の
ままの紺色になっていて中空の
ジャガー号のシワ寄せが出てしまっています。

ゲッター・3を下から見ると
(C)ダイナミックプロ
フジテレビ、東映動画「ポピー」
刻印が入って居ます。

ただ、写真の左下部分気泡
発生しているように
ソフビとしては、サイズ的にも
中空でジャガー号を型から抜くのはギリなとこだったと思われます。

ゲッター・3の可動は、首は
動きませんが、腕(の付根)
左右と、腰?なのか
ジャガー号との結合部分意外にもスムースに回転します。

ゲッター・3も、ゲッター・1.2共通の
ヘッダーで、ゲッター1.2は
スタンダードサイズ(約24cm)の写真が使われていますが・・・

ゲッター・3だけは、試作のようで…ある意味貴重です(^^:

その為でも無いですが
ゲッター・3は、ヘッダーが無いと定価の10倍前後ですけども

元々の数が少なく気泡的にも
NGになるコストからセーブされたので
ヘッダーが在ると、20倍を超える価格になっています。

このソフビ40年以上前のモノですが
メンテナンスの御蔭で、綺麗な状態を保てています。

ゲッターロボ ゲッター・3

全高20.0m、重量250t

キャタピラ走行時速200km
90万馬力

武器・技

ゲッターミサイル
ゲッタービーム

大雪山おろし
ゲッタースマッシュ

■メーカー ポピー(バンダイ)
■発売 1974年
■定価 150円
■登場作品 ゲッターロボ
■製品仕様 ソフビ 全高・約80mm

スーパーミニプラ ・ゲッターロボ
Vol.1 (3個入り) BANDAI
ASIN: B07D3XW9BM
詳しく見る。