キング・ボックル・ウルトラ怪獣ソフビ【343】

Introduction of Japanese toys
KINGBOCKLE(Return of Ultraman)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー343は、帰ってきたウルトラマン
第50話「地獄からの誘い」に登場する
原始地底人キング・ボックル
B-CLUB(復刻版)レビューです。

帰ってきたウルトラマン

1971年4月2日~1972年3月31日
TBS系で放送された円谷プロ製作特撮番組です。

スペクトルマンと共に、第二次怪獣ブームを牽引し
長いウルトラマンシリーズの中で、最も多くの
ソフビを販売、ラインナップした番組で
売る怪獣が足りない為に、番組後半には1話に
新しい2体の怪獣(怪獣・宇宙人)を登場させると
言うソフビ販売サイドからスポンサーとして
要求が実現する程の大ブームになります。

■キング・コロボックルキングボックスの深さ!

まず厳密にはキング・ボックルが正しく
キングボックルではありません。
「・」入るのが正式です。

それは多くのボックル地下に居て
そのと言う意味なので
レッドキング的な意味とは異なります。

その為、当初はデザイン画などに
キング・コロボックル記載されていました。

しかも放送の予告編ではキングボックス
紹介されています。

出身地の設定も、その当初の設定から

地底30mというのと、地下30kmが存在します。

30では、ウルトラマンの身長以下ですが
元々伝説のコロボックル小さい身長なので
設定された数字でしたが、怪獣としても
地底人としても、30は当時も高層ビル
建ち並んでいく時代に、やや無理があり
30km変更されましたが、今でも2種
深さの記載が存在しています。

■幻の高額プレミアム怪獣ソフビ

ブルマァク怪獣ソフビの中のレア度では
ザラブ星人と並ぶか、TOPになる事も
あるのが、キング・ボックルで、3桁届く状態も存在しました。

それは帰ってきたウルトラマン
最終回1つ前の放送回ですけども
最終回はゼットンバット星人だった
ことから、2代目とかスーツ違いなどは
商品化されない時代なので、バット星人
ソフビ化を見送られたことから

事実上、最後の怪獣ソフビキング・ボックルでした。

ですが怪獣らしくは無く、宇宙人的
事からも、生産数が押えられ、数が少なく
ウルトラマンAでは、怪獣(超獣)
スタンダードソフビが、大きく見直され
た事からも、とても貴重な存在になってしまいました。

その上、帰ってきたウルトラマン
怪獣ソフビ商品化数が最も多く
コンプリートには、最大のネックになる
1体が、キング・ボックルになり
最後である事からも、細部の出来などが
熟成されていて、出来が良い事からも
幻の高額のソフビとして、コレクター
マニアに求められたプレミア怪獣ソフビでした。

キング・ボックルを前から観ると
作品内に登場するキング・ボックル
シックなカラーでモノトーン
感じですが、カラフルです。

オリジナルブルーメタリック
略包み塗装腹部が赤と言う感じで
作中キング・ボックルカラ―
とは異なり、宇宙人的な感じでした。

造型的には、アンテナ足の付根
外側の突起
も略さず造型しています。

キング・ボックルをサイドから見ると
というか、頭部が前に出ています。

首?の部分で、パーツが分離している
斜め前傾斜の関着になっています。

足は・・・短めです(^^:

キング・ボックル背中のパターン
ガレージキットレベルの再現度
なっていて驚きます。
この部分も、高額プレミアになった
要因の1つだと思います。

見のがしがちですが、足の付根
内側のシワまでが忠実に造形し再現されています。

背中などの細かいモールド
パターンは、ディフォルメソフビの域を超えています。

キング・ボックル可動は首(?)と
腕の付根、足の付根が可動します。

作中のキング・ボックルのスーツは
は左右には動かないで面白い可動
なっているソフビです。

キング・ボックルの足の裏(下)には、左足に
凹モールドで、キングボックルと縦(前後)の
方向に入っていて、バンダイの文字が横向きに
プリントされています。

右足には、ブルマァクの刻印があります。

オリジナルも、バンダイの文字が無い
だけで同じです。

復刻ですが23年経ってもメンテナンス
御蔭で、キング・ボックル元気です。

原始地底人キング・ボックル

身長 2.5~50m
体重 130kg~3万t
別名 原始地底人
出身地 地底

武器 激烈暴威ランチャー(30万度のエネルギー弾)

弱点 頭部アンテナ

スーツアクター・森平、遠矢孝信(1ショット時)

デザイン・井口昭彦

■原始地底人キング・ボックル カラ―バリエーション

ブルマァク

キング・ボックル(ベージュ青銀赤吹 1972年 350円

バンダイ

キング・ボックル(薄水色黄色吹 1998年 4800円

キング・ボックル(ベージュ黄色吹 1999年 4800円

キング・ボックル(赤色青銀黄色吹 2002年 4800円

キング・ボックル(水色赤色吹 2014年 6480円 *通販

キング・ボックル(ベージュ青銀赤色吹 2015年 16200円 セット売

■メーカー・バンダイ(オリジナル・ブルマァク)
■発売元 (株)バンダイ・ホームプロダクツ事業部
■発売・Sales Year 復刻・1998年 NO.1834 元・1972年  
■当時価格 4.800円   オリジナル・350円
■登場作品 帰ってきたウルトラマン(1971年)
■製品仕様 全長サイズ 約23㎝

マットビハイクル 1/43
スタビライザー装備 完成品
ASIN : B01N9BFAJY
詳しく見る。