ジャイアントロボ【342】

Introduction of Japanese toys
Giant Robo (Action doll)

ホビービルドプラス宇宙九太です。
玩具レビュー342は、2000年に
メディコム・トイが、販売した
ミラクルアクションフィギュアシリーズ
ジャイアントロボのレビューです。

■ジャイアントロボ
1967年10月11日 ~ 1968年1月24日 全26話
東映・NET(現・テレビ朝日系)

水曜 19:30 – 20:00(第16話まで) 月曜 19:30 – 20:00(第17話から)

ウルトラマン特撮が毎週放送で間に合わず
打ち切りにした、半年を急遽埋めた特撮番組
キャプテン・ウルトラは、東映の準備期間が少なく
ロケを行わないなどの製作の制限があった事から

ウルトラセブンが、ウルトラマンの枠に復帰する
同時期に、東映が本格的な特撮番組として
巨大ロボ怪獣の格闘を描いた番組です。

科特隊に似たユニコーンの組織は、クルマまで
似ていて、ジャイアントロボの操縦機は
腕時計を開いて喋る(音声式操縦)と言う
ウルトラ警備隊ビデオシーバーに似ているなど
対してキングジョーを登場させるなどライバル的な作品
子供にはセブンと共に大人気になる特撮番組でした。

■メディコム・トイ

1996年設立のメーカー、株式会社メディコム・トイ
1/6計画の可動フイギュアや、BE@RBRICKなどの
人気シリーズの玩具を販売
レトロソフビなどの懐かしいキャラクター商品
販売するメーカーとして有名です。

また出版インテリア用品、雑貨アクセサリー
バック、Tシャツなども販売しています。


ジャイアントロボを前から見ると
ボディはプラ製樹脂で、各関節
蛇腹のラバーと言う、作品のGロボ
スーツに近いアクションフィギュアになっています。

首の金属パーツシルバーに塗装され
胸のマークのカラーも略していません。

腕の手首から肘の筒が、肘からの
二の腕の筒の方が長いなども再現されています。

また手がグーなのは初期に発売された
ジャイアントロボだけで、2期~のは
指が真っすぐ伸びていてカラミティ
指は真っすぐです。
*カラミティ・同型の偽ジャイアントロボ。

ジャイアントロボの目は、発光します。
背中のロケット噴射の中に電池が入っています。

ロケット噴射ごと外れるので
見た目の玩具的な造形はありません。

逆にスーツの前後を留める
留め具や、ベルト下のリベット
塗装などが細かく再現されています。


ジャイアントロボをサイドから
見ると、後頭部などのボリュームも
背中のロケット噴射も、かなりの
再現度です。

ジャイアントロボは発進の時に
ロケット噴射の火を見せる為に
カメラに*横向きになってから
飛ぶので、大事なアングルです。
*スクランブル的には最初から
横向きに立っていればいいのですが
主役なので顔見せも大事(^^:

ジャイアントロボを後から見ると
首のシルバーの後方部分も忠実で
かかとの造形も略されていません。

ジャイアントロボの足首から下も
リベットが多く、意外に?複雑
なので略されがちですが、シッカリ再現されています。

ジャイアントロボの可動は
角関節24箇所が自在に動きます。

ジャイアントロボのベルトや
その下部分のリベット約21.5mm
スケールで再現されているのは驚きます。

ジャイアントロボの足の裏は
四角い凹形状の中に右足は
メディコムトイのロゴが横向きに
入って居て 2000 CHINAの文字が入っています。

左足には、(C)HIKARI・PRO・TOEI
の文字が横向きに入っています。

21年を超えてもメンテナンスの御蔭で
ジャイアントロボ綺麗に保っています。

ユニコーンの操縦者草間大作少年(U7)の
PVC製フギュアは、ジャイアントロボ
呼ぶ。命令する腕時計を開いた形状です。

大作くんのヘルメットバイザー
クリアで可動出来るので、後ろに
セットした状態と、飛行時などに
顔の側にセットする状態が再現可能です。

このバイザーが無い中古品が多いので
チェックしたいポイントですし
在ってもメンテナンスしていないと
バイザーから顔が見えないくらい
曇って居たり、黄色くなっています。

背中のジェット噴射器も、忠実に
再現されています。

■ジャイアントロボ

GR1

BF団の作った陸戦用ロボット。

動力
メイン・原子力エンジン(ロケット)
腰部・発電機
腕エンジン(5万馬力)

●武器

ロケット弾(フィンガーミサイルロケット砲)
メガトンパンチ
チョップ(水平チョップ)
メガトンキック
火炎放射(口から高熱火炎を放射)
捕獲チェーン(鎖でつながった親指)
バズーカ砲( 手の甲に内蔵)
大型ミサイル(ロケット噴射装置の間から発射)
超短波( 耳から超短波を放つ)
特殊ワイヤー(腹部ベルトのバックルから出すマジックハンド)
弾光幕(頭から打ち上げる。)
胸ミサイル( 胸のV字マークがミサイルになる。)GR2を倒す。
スーパージェット線(胸の電熱線から電流を流す。)
超高熱(全身から高熱を発する)
旋風回転( 高速回転で突風を起こす。)
クロスファイヤー(両腕をクロスさせて、燃える十字架を作り出せる)
振動脚強力プレス装置
足・地雷探知機

ジャイアントロボ:土山登志幸

原作 横山光輝

MEDICOM TOY・ジャイアントロボラインナップ

●ミラクルアクションフィギュア 2000年

・ジャイアントロボ   3200円(+税)

・カラミティ  3200円(+税)限定

・GR2  3200円(+税)

●リメイク版(指5本(10本)伸びたバージョン)2007年

・ジャイアントロボ 3360円(税込)

・カラミティ 3360円(税込) 限定

・GR2 3360円(税込)

原型製作 平田 英明(MASTERD MODELS)

間接部ブロー成形+ABS内部間接による多重構成
*Gロボ・PVC製草間大作少年付


■メーカー・MAKER 株・メディコム・トイ(MEDICOM TOY)
■発売・Sales Year  2000年 
■登場作品 ジャイアントロボ(1967年)
■価格 3200円(+税)
■製品仕様  全高・約21.5cm  大作少年(U7)約8.5cm

ジャイアントロボ
全高40cm ダイキャスト&ABS製
塗装済み 完成品 可動フィギュア
詳しく見る。