ポケットメイト・ターゲットレンジゲーム【164】

Introduction of Japanese toys
Pokettomeito game Target rangeNO.9

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー164は、トミーから
1975年に発売されたポケットメイトの
ラインナップ、NO.9ターゲットレンジゲーム
についてのレビューです。

ポケットメイト

1975年~1984年に販売されたポケットサイズの
アナログゲームで、ゲームウオッチの登場までは
旅行などのお供としての携帯ゲームとして売れた玩具でした。

Sシリーズになって400円から50円価格を
上げて、新たなラインナップを追加し
シリーズを強化しています。

今回のターゲットレンジゲーム
1976年発売のオレンジナンバーの9です。

■ターゲットレンジとは?

レンジとは、日本語で言う「距離」の事だったり
「範囲」を意味します。
現実の砲撃や射撃でも長距離・中距離などの
切替をレンジで選択します。

このゲームは、復刻版なので
ケースも綺麗で、初回オレンジNO.9です。
*1975年のポケットメイト発売開始時の
最後のシングルナンバーとしては
NO.9は「ブローダート」と言う吸盤の
吹き矢がケースに入ったタイプでしたが
売れ行きがよくなくオレンジ期間中に
1年で交替したのがターゲットレンジです。

トミー ポケットメイトラインナップリスト

最初期の「ブローダート」
振るわなかったので、目を引く
赤いベース黄色いタイトルなっています。

下からボールを撃って、上の数字
板を倒して得点を競うゲームです。

右側からを補充して、下のシューター
ツマミを弾いて、バネの力で玉を発射します。
その時に角度を白い数字で選択(目安)に
するのですが・・・
そもそも本体を持ってる手の角度でも
変ってしまうのが・・ある意味難しく
机などに置いてやる方が簡単なゲームです。(^^:

ゲームとしては、開始時には
を右に全部移動して、上の得点の
書かれた板を、写真上のように
立てます。
撃って板が倒れると、得点の数字
見えると言う・・・かなりアナログ
ゲームで、左右ほど得点が高く80点
から20点
までが写真のように並んでいます。

刻印は裏の下側センターに四角に
凹んだ中にあります。
この個体は1976年のモノです。

ただ復刻版には、その上側に
J05と刻印がナンバーが凹の上側に入っています。

復刻版のケース裏は、右下にバーコード
があり、注意書きや御願いが記載されています。

当時は、バーコードの存在が無く
ゲームの取説がありましたが
復刻版では、ゲーム本体を出した
紙ケースの内側に取説が印刷されています。

シューターを使ったゲーム仲間

クレージーマシンガン  NO.5
コンバットタンクゲーム NO.6
ゴキブリハンター S-C26
ムーンターゲット S-A29

■メーカー・発売元 トミー 
■発売・Sales Year 1976年(オリジナル)復刻2005年 
■当時価格 400円
■製品仕様 約・縦115mm×横70mm×厚さ17mm

バスケットボールシューティングゲーム
2プレーヤー
ASIN B01N9HM67D
詳しく見る。