ポピー・ロボトン(ロボコン)【218】

Introductio of Japanese toys
Roboton/Carpenter robot(Robocon)

ホビービルドプラス宇宙九太です。
玩具レビュー218は、1974年に発売された
ポピーがんばれ!!ロボコンの仲間
ロボトンのミニソフビのレビューです。

ロボコンは、原作石森章太郎のコメディで
1974年10月4日金曜日19:30~NTE系で
放送された番組の主人公のロボットです。
It is a Japanese comedy program of 1974.

超合金サイズのなかま達!

ヘッダーの右に写真があるように
超合金ロボコンの試作段階の写真
なのと、記憶的にも超合金ロボコンと略同時に店頭にならんでいました。

当時の超合金ロボコンは、1000円
越える高額な玩具だったので、子供のおこずかいでは買う事が出来ませんでした。

ですが、ロボコンと仲間達のライン
ナップは、マジンガーシリーズ
影に隠れた存在ですけども、その数の多さで
超合金ブランドの店舗スペースを多く
賑やかにする事に、大きく貢献している
ラインナップで、女の子にもマジンガー
よりも、人気があり数的にはメインとも言える存在でした。

その数を活かして、子供のおこずかいで
買える基本1体150円でリーリースして
単体売りを中心に、1期~3期、フルの
セット売りなどの販売で、数は超合金
越えて売れたロボコンのメイン玩具で
1年間の番組が多い中、3年間売れ続けたポピーでも柱となる番組でした。

*ヘッダーは初期のタイプで、右側にロビンちゃんの応募ハートマークが
印刷され、キャラ名の位置が変更されます。

ロボトンを前から見ると
腕の関着的にボディ形状スリムになっています。

ねじりハチマキ(風)の
頭部の赤いパーツと、顔?
にあるトンカチが立体的では無いのが残念です。

腕は左右の手首から先が
レッドですけども、何故か?ゴールド塗装されています。

足も本来はボディよりに
シルバーが在りますが略してブルーのままです。

ロボトンハートマーク
トンカチの横に青いのが
付いている事が多いですけどもソフビにはハートマークはありません。

ロボトン超合金と同じ
ハートマークシールが付属して居ましたがピンクブラックでした。

ロボトンを、サイドから見ると
手首から先は、アタッチメント
設定ですけども、左右同じで事は
テレビでは無く、左手はノミ
ような形状が何時も付いています。

また腕の外側には左右共に
モールドが在りますが、ソフビ
全て略されて居て何も無いブルーの腕です。

胸には150円ソフビとしては
凝ったモールドと塗装で
大工道具がモールドされて塗装されています。

道具がレッドですけども
テレビでは、道具シルバー系です。

透明のドアシルバー表現したのだと思います…♪

ロボトンを後から見ると
テレビでは、スーツアクター
入る・・・が在りますが
それは無くていいと思います。(^^:

腰?から下の部分には
(C)石森プロ、東映、NETの文字が刻印されています。

可動だけなのですが・・・
腰の部分は、形状的に回せば
廻りますけども、テレビのロボトンは腰は動きません(^^:

足裏には、右側にポピー
左側には、ロボトン刻印されています。

がんばれ!!ロボコンミニソフビリスト

ロボトン データ

ロボット学校1期生

大工ロボット

性格・生真面目

生誕地・ロボットランド

腕の工具はアタッチメントと言う
設定ですが、略同じままで顔の
カナズチを使う。

卒業後・自分の建築会社を設立。

・緒方賢一、キートン山田、加藤治

■メーカー ポピー(バンダイ・マスコミブランド)  
■発売 1974年
■価格 150円  
■登場作品 がんばれ!!ロボコン
■製品仕様 ダイキャスト 全長サイズ約10.5cm

がんばれ!!ロボコン
DVD-COLLECTION VOL.1

JAN: 4988101198917
詳しく見る。