ポピー・がんばれロボコン【215】

Introduction of Japanese toys
Robocon

ホビービルドプラス宇宙九太です。
玩具レビュー214は、1974年に発売された
ポピーのロボコンのミニソフビ(前期)のレビューです。

がんばえ!!ロボコンは、原作石森章太郎のコメディで
1974年10月4日金曜日19:30~1977年3月25日にNTE系で
放送された番組の主人公のロボットです。
It is a Japanese comedy program of 1974.

超合金サイズのなかま達

ヘッダーの右に写真があるように
超合金のロボコンの試作段階の写真
なのと、記憶的にも超合金のロボコン
略同時に店頭にならんでいました。

当時の超合金のロボコンは、1000円
越える高額な玩具だったので、子供の
おこずかいでは買う事が出来ませんでした。

ですが、ロボコンと仲間達のライン
ナップは、マジンガーシリーズ
影に隠れた存在ですけども、その数の多さで
超合金ブランド店舗スペースを多く
賑やかにする事に、大きく貢献している
ラインナップで、女の子にもマジンガー
よりも、人気がある数的にはメインとも言える存在でした。

その数を活かして、子供のおこずかいで
買える基本1体150円でリーリースして
単体売りを中心に、1期~3期、フルの
セット売りなどの販売で、数は超合金
越えて売れたロボコンのメイン玩具で
1年間の番組が多い中、3年間放送され
売れ続けたポピーでも柱となる番組でした。

*ヘッダーは初期のタイプで、右側に
ロビンちゃんの応募ハートマーク
印刷され、キャラ名の位置が変更されます。

がんばれ!!ロボコンミニソフビリスト

ロボコンのミニソフビ・前期

目がシール(*選択)
腕の蛇腹がホワイト(*未塗装)、手首から先が黄色
腕パーツの成型色がホワイト
ハートマークがブラック、足首から下がブラックの塗装

*ニコニコ、怒る、クルクルなどのパターン。

ロボコンのミニソフビ・後期

目が、*レンチキュラーシール
腕の蛇腹が水色成型が多い、手首から先が金色。
ハートマークがピンク足首から下が赤(成型色)

*レンチキュラーシール・角度で違う絵や文字・記号に見える。

前期後期のパーツや塗装が混ざった移行期も極少存在します。

ロボコンを前から見ると
アンテナが、まったく見えません(^^:

腕は別パーツでホワイトの
成型色で、手首から先が
黄色で塗装されています。
*後期は金色。

ハートマークも超合金と同じ
番組試作段階のスチールと同じ
ブラックで塗装されています。
*後期は番組と同じピンクですが前期も超合金と同じハートマークシールが付属しました。

足首から下も、超合金と同じ
ブラックで、テレビ番組とは異なります。
*テレビでは足は全てシルバー

40年以上経っていますがメンテナンス
御蔭もあって、かなり綺麗な状態です。

ロボコンを、サイドから見ると
アンテナの横が後頭部に少し見えます。(^^:

手首から先が大きいのがサイドから見るとよく解ります。

またソフビの遠心力で製造する
工程的に楕円は難しいのですが
サイドからだと、ボディの厚みが、テレビのロボコンほどありません。

ロボコンを後から見ると、頭部の
アンテナが、やっと見えます(^^:
無くして略すよりは、在った方が
いいと思いますが、ソフビ泣かせのパーツです。

プロペラが出る背かなの下で
パーツ分けしてあり、その下の
おしりの部分に(C)石森プロ
東映、NETの文字が刻印されています。

下半身は、赤の成型色
シルバーのジャバラ部分と
足首の下をブラックに塗装しています。
*後期は何故か?足すべてシルバーで
いいのに足首から下を未塗装の赤にしています。

可動はだけです。
腰の部分は、形状的に製造上
分離しているだけなので
楕円過ぎる為に、回りません(^^:

足裏には、右側にポピー
左側には、ロボコン刻印されています。

ロボコン データ

生年月日 昭和43年5月15日

生誕地・ロボットランド

身長150cm 体重80kg
スリーサイズ:B・110cm W・130cm H・120cm

パワー 100馬力、最大300馬力
ロボコンカー最高速度 
10km/h(初期)
20km/h(ロボコンサイクル)
飛行速度15km/h(初期)25km/h(後期)

■メーカー ポピー(バンダイ・マスコミブランド)  
■発売 1974年
■価格 150円  
■登場作品 がんばれ!!ロボコン
■製品仕様 ダイキャスト 全長サイズ約10.5cm

がんばれ!!ロボコンミニソフビリスト
ロボワル(がんばれ!!ロボコン)
メディコム・トイ(MEDICOM TOY)
東映レトロソフビコレクション
詳しく見る。