チョロQ・日産キューブ【214】

Japanese car deformed toy
cube Z11 NISSAN

ホビービルドプラス宇宙九太です。

今回の玩具レビュー214は、
タカラチョロQNO.04
2代目 日産キューブを商品化した
キューブ」のレビューです。

チョロQとは、タカラのディフォルメした
*クルマが、プルバック動力で走るミニカーです。
*主にクルマですがクルマ以外のモノもトミカ同様に少数ですが商品化していました。

チョロQはタカラ(タカラトミー)で販売されていた
シリーズの展開を、残念ながら2009年販売終了しました。
その後は、外観はチョロQに近いリモコン付きの玩具が
チョロQZeroとして関連会社のトミーテックから販売されています。

シンプルで左右非対称

キューブは、2代目になって全体の
デザインは、シンプルな子供が書く
クルマのような形に、左右非対称の
リアウィンドゥで、大人気になり
どこに行っても見るほど売れました。

カラ―バリエーションも増えて
少数使用の使用違いや限定も発売され
マーチと共にメーカーの柱になった事で

スカイラインでは無く、キューブ
にも、日産自動車の創立70周年
記念した特別仕様までが作られました。

キューブをサイドから見ると
左にはリアピラー(柱)が無い
デザインなので、なんとなく不思議です。

リヤタイヤ(タイヤハウス)が
大きいのが、少しアンバランス
ですけども、キューブだと解るのも凄いデス。

キューブを後ろから見ると
元々のデザインからも最も不思議な角度です。

リアハッチドアは、右軸に
開くので、チョロQプレートが障害になっています(^^:

キューブを後ろから見ると
右側の柱も、逆に面白いデザインに見えます。

ブレーキランプなど
少し色が欲しいくらいのディテールです。

キューブを前から見ると
形状的には、凄いいい様子をしています。

ただ、ヘッドライト
カラ―くらいは在ると
かなり良くなると思うのですが
略されて、ブラックのパーツの成型色のままです。

キューブを裏から見ると
チョロQ、CUBEの文字が入っています。

プラスネジは、プリントです。(^^:

シャーシとボディの脱着は、前のネジ
後方のプレートの爪で繋がって居ます。

チョロQ・日産・キューブ

キューブ 水色(NO.04)

キューブ メタリックオレンジ(NO.04)

キューブ ホワイト(NO.04)

キューブ ライトブルー

こだわり仕上げ キューブ シルバー(NO.14)

モーターチョロQ 8 キューブキュービック*電動走行

などがあります。

日産・キューブ(2代目)

販売期間 2002年-2008年
乗車定員 5人

ボディタイプ
5ドアトールワゴン
5ドアコンパクトミニバン
        
駆動方式  前輪駆動 / 四輪駆動

エンジン

CR14DE 1,386 cc 直列4気筒 DOHC 前輪駆動98 PS/四輪駆動97 PS
HR15DE 1,498 cc 直列4気筒 DOHC 109 PS

変速機  
エクストロニックCVT、4速AT (E-ATx)

サスペンション
前:独立懸架ストラット式
後:トーションビーム式

全長 3,730 – 3,750 mm
全幅 1,670 mm
全高 1,640 mm (前輪駆動)
1,650 mm (四輪駆動)

ホイールベース 2,430 mm

車両重量 1,060 – 1,150 kg

■メーカー・MAKER タカラ(TAKARA )
■発売・Sales Year  2002年 NO.04
■当時価格 350円
■製品仕様 全長サイズ約4cm

ニッサン キューブ 2003
エアブルー 完成品 1/43
ASIN: B074BQVB8H
詳しく見る。