ボロット・ソフビ【251】

ntroduction of Japanese toys
borotto (marudedameo)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー251は、丸出だめ夫
登場するロボットボロット
マーミットソフビ化したレビューです。

丸出だめ夫

丸出だめ夫とは、少年マガジンに連載
された漫画で、実写テレビ化された番組で

まるでダメな小学4年生と、科学者で父親の
はげ照が発明したポンコツロボットのボロットドタバタコメディです。

まんが 作  森田拳次講談社 週刊少年マガジン 1964年 ~ 1967年

テレビドラマ

制作 東映東京制作所、日本テレビ系

放送 1966年3月7日 ~ 1967年2月27日 全52話

アニメ

製作 フジテレビ、スタジオぴえろ、読売広告社
1991年11月2日 ~ 1992年9月26日 全47話

コミックロボットの元祖!

丸出だめ夫を、まったく知らない世代
でも、上のまんがの表紙のメガネ
黄色い服を着た少年が主役で
ロボットのボロットがコンビの
見ると…どこかで見たようながするかもしれません?

ウメ星デンカの後に、始まった
未来から来た青いロボット
助けに来た少年の名前メガネ
黄色い服は、丸出だめ夫
モチーフだと思った子供は少なからずいたと思います。

丸出だめ夫も、お父さんの発明した
お釜型タイムマシーンに乗って
原始時代アメリカのギャング時代
天国にまで行ったりします(^^:

ボロットも、だめ夫の教育用として
造られましたが、面倒をみるような
存在なんですが・・・ドタバタになってしまいます(^^:

同じ東映キャプテンウルトラハックの先輩でもあり

赤い体にアンテナに、ハートマーク
ロボットも、ボロットと同じく
ガソリンで動いて、お腹のハッチを
開けるとメカが在りますが
ボロットも背中を開けるとメカが在り
内容も同じくドタバタになってしまいます。

マジンガーZと共に戦う?ほぼまんまの
名前のロボットが、登場した時も
形状は違いますが、ボロットコンセプトなのは解ります。

丸出だめ夫ボロットは、日本
まんがアニメ特撮コミック
ロボット
に少なからず影響を与えてる
存在で、その最初の実写版ソフビロボットを紹介します。

ボロットを前から見ると
クラッシクな形ロボットらしい
スタイルで、目は元のスーツでは
ヘッドライトなので、そのままの
当時のガラスライトのパターンも再現しています。
*実際にはもう少しライトは奥にあります。

実際のテレビボロットよりは
ややディフォルメされていて
足は撮影用スーツよりも短いです。

お腹のmの文字に見える
ラインも、撮影のスーツはもっと細いmのラインです。

眉毛もソフビではハの字なっています。

ボロットをサイドから見ると
肘のジャバラも略して3段ですが
撮影用スーツは6段で細かい
ジャバラですけども、ボロット
らしいのは3段の方かもしれません(^^:?

つま先の四角い箱状部分
ソフビは、四角い箱ですが
撮影用スーツは、つま先の下斜めにカットされた形状です。

ボロットを後方から見ると
背中にハッチが在り
コレを開けるとロボコンメカのような内部メカが在ります。

ボロットを下?から見ると
足の裏には、何も刻印がありません。

ボロットの腰の後に(C)東映
MARMIT 1996

刻印されています。

ボロット頭の上も、シッカリモールド
され造型されてます。

ただ、あまり映らないので・・・
あまりピンと来ない形状とアングルです(^^:

ボロットの左の耳?から出ている
アンテナ金属製パーツです。

実際のスーツは、耳?の先端
なのですが、番組は白黒
放送なので、色は無くてもいいのかもしれません?(^^:

ボロットの可動は、
腕(の付根)の左右と
足(の付根)の左右が動きます。

ボロット データ

だめ夫の父天才科学者丸出はげ照造ったロボット。

動力源・ガソリン

名付け親・だめ夫

ワサビに刺激を受け能力がアップした。

掃除洗濯、料理、家事が得意

だめ夫の母親の幽霊と会話ができる

言葉を喋る機能はなくて会話は紙に書く。

マーミット ボロットカラ―ラインナップ

ボロット グレー

ボロット メタリックシルバー

ボロット メタリックシルバー・ライトブルー

ボロット ブルー・濃グレー

■メーカー マーミット
■発売 1996年
■定価 4300円 (NO.VP-7)
■登場作品 丸出ダメ夫
■製品仕様 ソフビ 全高・約25mm (アンテナまで)

丸出だめ夫 DVD-BOX 1
アニメ版
JAN: 4560198430486
詳しく見る。