セミ人間・ウルトラ怪獣ソフビ【255】

Introduction of Japanese toys
CICADAMAN(UltraQ)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー255は、ウルトラQ
ガラモンの逆襲に登場する
宇宙怪人セミ人間M1号1991年
発売したソフビのレビューです。

ウルトラQは、1966年1月2日~
1966年7月3日
に、TBS系で放送された
円谷プロ製作空想特撮シリーズです。

自然界のバランスが崩れた「アンバランス」と言う
番組に、怪獣の要素をプラスして「ウルトラQ」と
して放送、最高視聴率36.8%を記録します。

日本中に怪獣ブームを巻き起こし、雑誌やプラモデル
関連グッズも大ヒットで、テレビ番組のマーチャンとしても
画期的な作品になり、テレビキャラのソフビと言う
ジャンルを定着させる元になります。

セミ人間が先か?バルタン星人が先か?

セミ人間は、1966年怪獣ブームの時には
ソフビ化はされなかった宇宙人
当時は、怪獣の商品化に力を入れて
いたこともあり、ケムール人ソフビ化
されていませんので、セミ人間1991年
M1号が、当時発売されなかったキャラとして

当時発売されたバルタン星人のソフビ
似せて、ソフビ化しています。

御存知のファンも多いと思いますが
バルタン星人(1代目)の頭部は
セミ人間の頭部を改造して、造型されています。

近年ではセミ人間よりも、チルソニア遊星人
と記載される事が多い一方で、海外表記
CICADA(セミ)MANと表記されています。

セミ人間を前から観ると
バルタン星人ぽい顔に、スーツ
なので、スリムですが違和感があります(^^:

赤い目なども顔や頭部は
当時のバルタン星人ソフビ
同じ部分を、サイズ的にも残した感じです。

スーツは、作中では透明
なので、シルバーが軽く吹かれています。

ネクタイの部分は、ブルー
メタリック
が吹かれていて
ネクタイのシワまで、造型されています。

くつ紐なども造型され
ブルーメタリックが吹かれて
いて、宇宙人らしさを出しています。

セミ人間をサイドから見ると
更に、頭部スーツのマッチング
は、良い意味で違和感があります(^^:

手首から先は小さいサイズになっています。

セミ人間を後ろから見ると
手足が細いのが解るアングルです。

後頭部のパターン
バルタン星人よりもリアルです。

刻印はスーツの腰の部分に入って居ます。

(C)円谷プロ 1991
(M1号) JAPAN

刻印が凹モールドで入って居ます。

足の裏には何も記載はありません。

既に29年を超え30年近くなっても
メンテナンスの御蔭で綺麗に保っています。

宇宙怪人セミ人間

身長:1.8メートル
体重:150キログラム
出身地:チルソニア遊星(チルソニア星)

チルソニア遊星人Q
遊星人Q
チルソニア遊星人
など、複数の記載がある宇宙人。

●武器・能力

変身能力
エスパライザー(物質を操作出来る装置)

ガラモンを操る。

人間体・義那道夫

デザイン・成田 亨
造型 頭部・高山良策、体・佐々木明

透明な背広・高山良策

セミ人間・カラ―バリエーション

セミ人間  1期 茶色包 3000円 *ミニケムール人オレンジ付 1991年

セミ人間  2期 黄緑 3000円 *ミニケムール人青付 1991年

■メーカー・ M1号
■発売・Sales Year 1991年
■当時価格 3000円
■登場作品 ウルトラQ(1966年)
■製品仕様 全長サイズ 約22㎝ 

ウルトラQ_パスケース
ASIN: B0844WD949
詳しく見る。