タッコング・ウルトラ怪獣シリーズ【159】

Introduction of Japanese toys
Takkong(Return of Ultraman)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー159は、帰ってきたウルトラマン
第1話「怪獣総進撃」と第2話「タッコング大逆襲」に
登場するオイル怪獣タッコング
B-CLUB(復刻版)レビューです。

帰ってきたウルトラマンは、1971年4月2日~1972年3月31日
TBS系で放送された円谷プロ製作の特撮番組です。

スペクトルマンと共に、第二次怪獣ブームを牽引し
長いウルトラマンシリーズの中で、最も多くの
ソフビを販売、ラインナップした番組で
売る怪獣が足りない為に、番組後半には1話に
新しい2体の怪獣(怪獣・宇宙人)を登場させると
言うソフビ販売サイドからスポンサーとして
要求が実現する程の大ブームになります。

■吐いて飲む2本足のタコの怪獣

タコはを吐きますが、タッコング
準備期間の少ない、帰ってきたウルトラマン
初回登場予定なのに、スーツを造り直す事になり

を吐くギミックは弱く、逆に黒い墨(墨汁)の
オイル
を飲むと真逆の印象を持つ怪獣で

設定では火を吐く事になっていますが
火を吐くのは自殺行為でもあるので(^^:
その描写は存在しません。

フォルムも、タコよりもタコヤキに近い
真ん丸なのですが、このソフビはNG版
タッコングの3面写真から作られています。

タッコングを前から観ると、NG版からなので
作中のタッコングよりもスリムで足が長い
印象に見えると思います。

色もオリジナルは赤成型に、グリーン
メタリックブルーですが、復刻も成型色は
逆にブルマァクらしく、タッコングぽい
オレンジに、同じグリーンメタリックブルーの吹きは同じです。

唯一、足先にもメタリックブルーが吹かれて
いるのは、当時よりも…ちょっとだけ豪華です。

サイドから見ると、かなり斜め上を
向いて居るのが解ります。
この辺りも、作中のOKタッコングとは
異なり、頭部(顔)が上の方に位置して
しまっています。
*作中のタッコングは、ウルトラマン
足元ブーツ上くらいの低い位置に顔が位置しています。

後ろから見ると、なんか別の怪獣
ような感じですが、面白いフォルムと
サイズ違いの吸盤を1つずつ造型して
いて、手間が凄いのに価格が同じ
なのが申し訳ないくらいの細かい細工の造型です。

当時はメタリックブルーは少し高価なので
面積は少なく、前の方しか無いですが
復刻は、シッポの先までアンコ・・・
メタリックブルーが、シッカリ入って居ます。

白目と、牙(歯)も塗装されていて
クチの辺りに赤も吹かれていて、顔の塗装も凄く凝って居ます。

可動は、手の部分はボディの付根の関着で回転します。

指(?)の中まで細かくモールドが造型してあります。

腰?の関着は、動かせば…動きますが(^^:
関節と言うよりも、製造上で別パーツに
する必要が在った為の接合部としての意味合いが濃い部分です。

足の裏(下)には、右足にが凹モールドで
ブルマァクの刻印があり、

左足にはバンダイの文字が入って居て
タッコングの文字が刻まれています。

オリジナルも、バンダイの文字が無いだけで同じです。

オイル怪獣タッコング

身長:45メートル 
体重:2万3,000ト

●武器 火を吐く(*作中描写は無い)

スーツアクター 遠矢孝信
デザイン・池谷仙克
NG造型 東宝特美
OK造型 開米プロ

■タッコング カラ―バリエーション

2089 タッコング  ジャイアントサイズ  赤色 9800円 2001年

2251 タッコング (二期版) クリーム色 4800円  2003年 茶吹包

タッコング  蓄光  6,000円  2015年

タッコング ジャイアントサイズ ピンク  17,200円 2015年12月10日 *受注発売

■メーカー・バンダイ(オリジナル・ブルマァク)
■発売元 (株)バンダイ・ホームプロダクツ事業部
■発売・Sales Year 復刻・2001年11月  NO.2137 元・1971年
■当時価格 4.800円
■登場作品 帰ってきたウルトラマン(1971年)
■製品仕様 全長サイズ 約19㎝ 

タッコング Tシャツ
ユニセックス
ASIN: B07RRD1V1N
詳しく見る。