ビーコン・ウルトラ怪獣シリーズ【267】

Introduction of Japanese toys
BEAKON(Return of Ultraman)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー267は、帰ってきたウルトラマン
第21話「怪獣チャンネル」に登場する
電波怪獣ビーコンB-CLUB(復刻版)レビューです。

帰ってきたウルトラマンは、1971年4月2日~1972年3月31日
TBS系で放送された円谷プロ製作特撮番組です。

スペクトルマンと共に、第二次怪獣ブームを牽引し
長いウルトラマンシリーズの中で、最も多くの
ソフビを販売、ラインナップした番組で
売る怪獣が足りない為に、番組後半には1話に
新しい2体の怪獣(怪獣・宇宙人)を登場させると
言うソフビ販売サイドからスポンサーとして
要求が実現する程の大ブームになります。

 

謎過ぎる怪獣ビーコン

電離層から来たと言う設定異色
強いのか?弱いのか?も、よく解らなくて
赤い目から出す破壊光線は、スペシュウム光線
相打ちに出来て、腹部からはゴム底のブーツ
履いているウルトラマン気絶させるほどの
強烈50万ボルトの電気ショックを出します。

背中の突起から電波を吸収し食べてしまう
言う、TBS電波で放送している怪獣

黄色い目ビーコンが見た映像を発信して
テレビに、その映像が映ると言う特技?
持っています。
・・・なんの為の機能なのかですけども?(^^:

怪獣なのかも、イマイチで…
飛ぶと言うよりも、浮いている感じで
破壊侵略が目的では無く、メカサイボーグ
でも無いのに、テレビカメラの機能を持つ
不思議な生物?で、人気もあるのか無いのかも
よく解らなくて、好きな人も多い気もしますが
ソフビのラインナップ回数も少なく
商品化されなくても、とくに文句は言われず
出れば買われる・・・謎の怪獣です。

ビーコンを前から観ると、前と言うか?
上を見てる顔造型されている謎の怪獣です。

作中で飛んでる姿勢に、頭部の角度
しているようです。

腹部のパターンは、おしいですが
半分が左右に、間違ってるような
パターンになっています。

カラー的には、逆に当時のブルマァク
帰ってきたウルトラマンの時に、よく
使用していたカラーなので、当時のソフビ
よりも、当時のソフビらしいビーコンです。

は、立たせる為に大きめに造型されています。

ビーコンをサイドから見ると、作中
よりは姿勢が良いですが、頭部は
上向きになっています。

腕もビーコンは細く、先端も一見
尖ったのようで、よ~~~く見ると
小さな指があるくらいですが

ソフビは、かなり腕が太くハッキリとしたがあります。

背中のトゲは、もっとも気合を
感じる造型ですけども、再販され難い
ソフビとしては気泡が入りやすいような形状です。

かなり高い角状が再現されていて
彩色も造形も背中が一番凝っています(^^:

ビーコンを後ろから見ると、電波
イメージしたのか?シルバー
縦に2本強烈に入っていて
前側よりも、背中側に造形カラー
を入れている・・・変わった怪獣です(^^:

スタイルとしても、かなり
作中のスーツとは違うのですが不思議ビーコンです。

ビーコン可動(胸寄り)と
腕の付根、足の付根が可動して、可愛い
表情豊かなポージングが可能です。

作中のビーコンのスーツは、
左右には動かないので、変ったビーコンとして遊べます。

ビーコンの足の裏(下)には、左足に
凹モールドでブルマァク刻印があります。

右足には、バンダイの文字が横向きに
入って居てビーコンの文字が縦に刻まれています。

オリジナルも、バンダイの文字が無い
だけで同じです。

復刻ですが、既に22年を超えても
メンテナンスの御蔭で綺麗に保っています。

電波怪獣 ビーコン

身長:37メートル

体重:1万3千トントン

出身地:電離層

●武器

赤い目から出す破壊光線

50万ボルトの電気ショック

スーツアクター・遠矢孝信

デザイン・熊谷健

電波怪獣 ビーコン カラ―バリエーション

ブルマァク

ビーコン(黄緑腹部赤   1971年 350円

ビーコン(黄緑腹部赤   1975年 350円

ビーコン(黄緑腹部ピンク 1975年 350円

バンダイ

ビーコン(イエロー腹部赤 1998年 4800円

ビーコン(アイボリー腹部赤 2003年 4800円

■メーカー・バンダイ(オリジナル・ブルマァク)
■発売元 (株)バンダイ・ホームプロダクツ事業部
■発売・Sales Year 復刻・1998年  NO.1835 元・1971年
■当時価格 4.800円
■登場作品 帰ってきたウルトラマン(1971年)
■製品仕様 全長サイズ 約18.5㎝ 

電波怪獣ビーコン
ウルトラ大怪獣シリーズ5000
ASIN: B08412Q2BD
詳しく見る。