ゴモラ・ウルトラ怪獣ソフビ【180】

Introduction of Japanese toys
GOMORA(Ultra man)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー180は、ウルトラマンの26話、27話
怪獣殿下・前後編に登場する怪獣
ウルトラマン25周年バンダイ限定復刻
した古代怪獣ゴモラのソフビレビューです。

ウルトラマンは、1966年7月17日~1967年4月9日
に、TBS系で放送された円谷プロ製作の空想特撮シリーズです。

放送当時はウルトラQシリーズの中のウルトラマン
として放送された為に、オープニングではウルトラQ
文字が回転して、その中からウルトラマンという
文字が出て来るタイトルが跡として残っています。

怪獣ブームを巻き起こし、最高視聴率42.8%を記録
50年以上前の子供番組ですが、今でも知らない人は
居ないと言う程の日本を代表するメジャーキャラで番組です。

ゴモラは、その中でもスポンサーの武田の地元
大阪を舞台にした前後編で、1周(30分)で
ウルトラマンが倒せなかった怪獣として
レッドキングと2分する人気の大怪獣です。

首と角の大怪獣

ゴモラのソフビは、形としては
ソフビの造型的に異例なタイプで
大きな角と、クチの上にもがあり抜くのに難しい形です。

何より、他の怪獣と異なるのが「首」で
首が大きくカーブして頭部に入る
造型なので、このゴモラは首は可動しません。

可動部分を造ろうとした跡のような
くぼみは在りますけども、固定して
ボディと頭部を1つのパーツとして製作しています。

大別したら怪獣の2足歩行の
恐竜タイプなのですが、レッドキング
の首が可動出来る二足歩行タイプとは
大きく異なるソフビ怪獣で、その選択を
するマルサンは、やはり怪獣ソフビのパイオニアです。

ゴモラを前から観ると、頭部のサイズは
やはり子供用玩具なので、少し大きく
角類は危なくないように、先端は丸みを持たせています。

ゴモラのソフビは、当時のマルサン
発売時期は赤系シルバーを吹く塗装で
茶系に土を浴びた皮膚感を表現していて
ブルマァク時には、全体に80%くらいの
包み塗装で紺色が吹かれていましたけども

今回の復刻は、成型色のが略見えていて
ブルーメタリックが数か所に小量吹いてある感じです。

サイドから見ると、このゴモラの最大の
特調である背中から頭部への首のカーブ造型がよく解ります。

この首のカーブの為に、ゴモラは首の可動は封印しています。

また尻尾も、他の怪獣から比べると
かなり太くで後方に長いのが解ります。

尻尾は関着にしないと無理な長さでも
ありますが、可動しますので子供には嬉しい尻尾を持って居ます。

*関着・ソフビの関節で繋いでる(着)部分。

後ろから見ると、スーツ的には
チャック隠しの部分に、ブルーメタリックが吹かれています。

マルサンブルマァクは腹部と
同じグリーンが吹かれていた部分
なのですが、コレはコレでゴモラらしい気がします。

腕(肩)と足(の付根)と尻尾が可動します。

首は、仕方ないのですが
可動したら、更に凄かったと
思いますけども…価格が同じだったかは疑問です(^^:

足の裏(下)には、右足に凹モールドで
ブルマァクの刻印があり、BANDAI1991
JAPNAのシールが貼ってあります。

左足には何もありません。

オリジナルのマルサンは、右足に
丸の中にSAN JAPANのモールドと
円谷プロの文字があります。

販売方法も基本は裸に上の紙タグがゴムひもで
付いていました。
デザインは上のモノが殆どで、89.90年には
単色のタグがありました。

また一部、袋入りヘッダーが付けられたり
91年の最後にはセット売り販売もされていますけども
当時の普通の玩具店では販売されず
大きな玩具店やマニア向け玩具に力を入れている
店舗のみで売られていました。

ゴモラ・スタンダードソフビ

マルサン時代

1期・赤成型色、シルバー吹き、腹部グリーン

2期・明赤成型色、シルバー吹き、腹部グリーン

3期・赤成型色、紺色吹き、腹部グリーン

ブルマァク時代

明赤成型色、ブルーメタリック吹き、腹部グリーン

古代怪獣ゴモラ

身長:40メートル 
体重:2万トン
  出身地:ジョンスン島
  

1億5000万年前の恐竜ゴモラザウルスの生き残り

スーツアクター:鈴木邦夫
デザイン・成田 亨
造型 高山良作

ウルトラマン生誕25周年記念ソフビリスト

■メーカー・バンダイ(オリジナル・マルサン)
■発売元 (株)バンダイ
■発売・Sales Year 復刻・1991年 オリジナル1966年
■当時価格 2500円
■登場作品 ウルトラマン(1966年)
■製品仕様 全長サイズ 約20㎝ 

ゴモラ
塗装済み可動フィギュア
S.H.フィギュアーツ
バンダイ スピリッツ
詳しく見る。