ポインター号・ウルトラセブン【330】

Introduction of Japanese toys
THEPOINTER(Ultra Seven)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー330は、ウルトラセブン
ウルトラ警備隊が使用自動車ポインター
フジホビー1971年にダイキャストで
発売したポインター号のレビューです。

ウルトラセブン

1967年10月1日~1968年9月8日

TBS系で放送された円谷プロ製作の空想特撮シリーズです。

ウルトラマンとは異なる侵略をテーマにした
SF色の濃い内容で、今でも多くのファンがいる
名作で、その後ウルトラ兄弟設定が追加され
ウルトラマンシリーズの1本とされていますが
放送当時は、独立した作品なのでウルトラマン
助けにくるなどの枠を超えた交流は描かれていません。

■ポインターポインターの謎?

ウルトラセブン作品の中では
隊員隊長らは、このクルマを
「ポインター」と言っています。

ですが、このクルマはポインター号です。

それは「ポインター」と言うのは
有名なのは犬種名であり、位置を示す事も
ポインターですし、パソコンのカーソル
なども、ポインタと言う国(人)も居ます

海外では人名でも使用されますし
近年では、レーザーポインターなどを
略して使う事もあります。

なので、商品名としての登録
ウルトラマン「ウルトラ」などが
スーパーマン「スーパー」と同じく
出来ない、多くに仕様される単語だと
商品名として登録出来ない事があります。

特に当時は、新明和工業が製造していた
2輪車の名称が同じであった事などから

玩具には「号」を着けていて
ポインター号として販売してます。

そこから、逆に印刷物などに
ポインター号と記載している書籍なども
ある事から、ポインターポインター号
と言う2種ネーミング存在してしまっています。

ダイカミニ

ダイカミニは、*第二次怪獣ブームの時期に
ダイキャストで販売された玩具箱売り
箱の上に乗せた車体に上部からクリア
箱を被せた2種販売方式がありました。
箱売りが先行し後半はクリアを被せたタイプに
統一されます。
ウルトラセブンは、セブンの版権シール
帰ってきたウルトラマンのシールが
エラーなのか?シールが欠品した時期なのか
どちらか1つが、時期的に2種貼られていたりまします。

トミカなどが180円の頃に、価格が500円
高価だった事からも、あまり売れず
特に人気の無い機体は、駄菓子屋などで
台紙にビニール袋に入れて価格を下げて
販売され、ウルトラマンA時期には一時撤退し

超合金ポピ二カの登場もあり
ウルトラマンタロウで、ダイカミニキット
として少し復活しますが、ポピーに押され
メジャーなウルトラ玩具では無く縁日などの
出店などで売られました。

今からすると、考え難いですが
ウルトラマンシリーズで、1番人気の
ポインターは、当時はミニカーとしては
商品化されなくて、3年以上経って
やって発売されたのが、今回の商品ですが
この商品の後も、長く~ポインター
ミニカーとして商品化が無い時期が続きます。

ポインターをサイドから見ると
トミカの2倍以上の価格ですが…
ミニカーとしてのクオリティ
どうみても下です(^^:

ドアが開かないですし、サイドのも入っていません。

下半分は素材が向きだしで塗装
されていません。

タイヤも半分沈んでいて、車高
低く…別の意味ではカッコよくなってしまっています。

ウルトラ警備隊マークも紙の
シールで、マークのフレームでは
無くて、楕円の中に印刷されています。
しかも、個体差ですが…略曲がっています(^^:

それでも、当時はコレしか無かった
為に、子供には形がポインター
だけで嬉しいミニカーで、当時は
トミカは、略マスコミ的ミニカー
は販売していなくて、コスモスポーツ
のような形状は、そのままの
マットビハイクルのようなパターン
まったく関係無いミニカー
テレビ人気キャラのシールを貼った
ようなミニカーだけだったので

このミニカー存在価値があった時代です。

ポインターを斜め後方から見ると
作中の実車のように、シルバー
ブラックのラインなどは無く
後方の文字紙のシールで・・・
文字もになっています(^^:

後の窓ガラスプラ板が入っています。

屋根の造形は独特な解釈で
面白いですけども
後方のサイドウイングや、垂直翼
辺りからの後方の造形は、制度は
別にして、かなり形状としては
よく再現されています。

ポインターを後ろから見ると
マフラー出しが半円ですが4本
あり、実車以上にカッコよく再現されています。

ウイングの後方の角の凸部分は
ウインカーを表現した部分のようです。

シールは、殆どがシッカリ貼られて
ないので、現存する個体では
このシール類3種が残って無い事が多いです。

ポインターを前から見ると
一見、あまり良く無いのですが(^^:

ダクトの網目再現や、ナンバー
P:1の文字がモールドされ
補助灯や、マシンガンタイプ
レーザー砲などが細かく再現され

水色の尖ったヘッドライト内側の
部分も、左右共にセンターに向いていたり
細かい部分の再現度は凄いです。

ポインターの裏(下)は未塗装

THEPOINTER

下に(C)円谷プロと凸モールド入っています。

ウルトラセブンの文字は在りません。

マフラー4本出しで、モールドされて
いますが…実車は1本で、もっと小さいです(^^:

50年以上経っていますが
かんたんなメンテナンスの御蔭で
ポインター号元気綺麗です。

■フジホビー・ダイカミニ *ラインナップ
*ウルトラマンシリーズ

●ウルトラマン

宇宙ビートル

●ウルトラセブン

ウルトラホーク1号
ウルトラホーク2号
ウルトラホーク3号
ポインター号
ステーションホーク1号
マグマライザー

●帰ってきたウルトラマン

マットアロー1号
マットアロー2号
マットジャイロ

ポインター・スペック

型式名 TDF PO-1

全長 5.3m
全幅 1.9m
重量 1.8t

最高時速の365km/h
80km(ホバー飛行時)

乗員 6名

装備

スモークスクリーン装置
小型ジェットエンジン
光波バリヤーシステム
ウルトラミサイル 連射式三連装ミサイルランチャー
透視光線ライト
ホバーシステム
特殊ゴムタイヤ
レーザー光線銃

ベース・クライスラー・インペリアル1957年式4ドアセダン

デザイン・成田亨

■メーカー・フジホビー
■発売・Sales Year 1971年~ 
■当時価格 500円  
■登場作品 ウルトラセブン(1967年)
■製品仕様 全長サイズ 約7㎝×3.3㎝

TDF PO-1 ポインター 1/24
ウルトラセブン・フジミ模型
ASIN B08BZG17L2
詳しく見る。