サンダーバード2号 マッチボックス【10】

玩具カラーの常識を破った雷鳥の魅力!

Introduction of Japanese toys
Thunderbirds2

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー10は、1994年に発売された
マッチボックス(*Matchbox)の
ダイキャスト玩具サンダーバード2号です。

型の元は、60年代発売時がベースです。
*元々はイギリスのダイキャストメーカーで
1982年には、アメリカのマテル社が買収
ブランド名として残っています。

日本では1966年4月10日日曜夜6時~
放送されたサンダーバードに登場する輸送
救助メカです。

サンダーバードでは、主に1号から5号と
救助メカ、ペネロープの乗るクルマなどが
活躍しますが、その中でも、最も人気の
高いのがサンダーバード2号です。

知らない方は、丸っこくて緑の機体が
何故人気なのか解らないかもしれませんが
毎回コンテナの中から救助メカ(装備)を
出す様子は、ドラえもん的な要素もあり
また発進する描写も、子供に人気の要素で
他のメカを、大きく引き離す数の2号
玩具や模型・グッズなどが人気の高さを
証明しています。

玩具的にも、昔からの定説では子供に
一番受けるカラ―はなので、クルマの
おもちゃなどはにしておくなど迷ったら
を選択する程、玩具的にはメインカラ―は
が強く、逆に、最も売れないカラ―
されるのが緑と言われます。

ですが、このサンダーバード2号
その定説をぶっ壊し緑の機体でも、世界中の
子供に指示され、玩具や模型は放送から
数十年経っても、多く販売され続けています。

日本のテレビ番組ヒーローでも、ミラーマン
と言う銀とのヒーローが発表された時は
玩具メーカーは、に頭を抱えたそうですが

実際に放送が始まると視聴率も良く、玩具や
関連グッズも売れ、多くのラインナップ
産み出していますので、個人的には子供が
を嫌ってるのでは無く、大人の思い込み
でしか無いと思います。

今回のマッチボックス社のサンダーバード2号
は、テレビ東京で1992年4月~1993年9月
まで再放送された事から、起きた再燃
日本メーカーも新商品を発売、再販もする中で
日本で発売されました。

サンダーバード2号は、作中もボディカラーは
同じでも濃い緑のカラーや、明るい緑
カラーなど、撮影模型や放送話で違いが
ありますが、この玩具のカラ―は意図的に
更に明るい緑を採用しています。

このモデルは基本的には、白、黄色の3色
の塗装で赤は別パーツの整形色カラ―です。

ボディの上側左右に在る赤いボタン
脚が4本出ます。

60年代の脚は細く折れやいプラ製でした。

後方のセンターに在る赤いボタンを押すと
コンテナが下に降りるギミックが作動します。

エンジンは、作中も赤い色なので
この玩具でも、そのまま赤い整形色パーツ
で造られています。

裏から見ると脚が4つ丸見えですが、サイズ
的に納得の処置です。
*作中は脚は収縮し機体に格納されます。

コンテナには、細長い円柱が車輪の役割を
して走るように造られていて、それは昔から
サンダーバード2号玩具の伝統です。

Matchboxの刻印も、その間に入って居ます。
また本来は、垂直離着陸用の噴射装置
在るのですが、玩具の上・下を結合させている
カシメの丸が、それらしく見えるように
配置されています。

 脚のふしぎと4号


コンテナの中には、金属製のサンダーバード
4号が入っています。
作中的なスケールで言うと、コンテナとの
対比としては4号が大きすぎますが、玩具
としてはいいスケールだと思います。

4号の番号や赤ラインなどもシールで
無いのは、海外メーカーらしい仕上げです。

また、コンテナ真横が在ると
搭載時に、コンテナが横にスライドして
2号の下を通過して行く事が、物理的に
出来ないという問題が、後々発覚して

その後の2号のい脚の位置は修正される
タイプもありますが、古いベースの
2号の玩具は、コンテナの真横に脚が在ります。


単品ではブリスターで販売され、他のメカ
との*セットでは、箱入りで販売されて
いますが、サンダーバード2号自体は
同じ使用です。*セットは5号の替わりに
ペネロープ号が入った5体セットでした。

サンダーバード2号

超音速有人原子力輸送機

全長 76.20m
全幅 54.86m
全高 18.29m

着陸脚伸高時最大高 33.53m

本機重量 406t
最大積載重量 100t

最大速度 時速約8,000km
最大上昇限界点 約30,000m

動力源 原子炉

■メーカー・MAKER マッチボックス
■発売・Sales Year 1994年
■登場作品 サンダーバード
■製品仕様 ダイキャスト 全長約15.5cm