シーモンス・ウルトラ怪獣ソフビ【282】

Introduction of Japanese toys
SEAMONS(Return of Ultraman)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー282は、帰ってきたウルトラマン
第13話「津波怪獣の恐怖 東京大ピンチ」
第14話「二大怪獣の恐怖 東京大龍巻」
に登場する
津波怪獣シーモンスB-CLUB(復刻版?)レビューです。

帰ってきたウルトラマンは、1971年4月2日~1972年3月31日
TBS系で放送された円谷プロ製作の特撮番組です。

スペクトルマンと共に、第二次怪獣ブームを牽引し
長いウルトラマンシリーズの中で、最も多くの
ソフビを販売、ラインナップした番組で
売る怪獣が足りない為に、番組後半には1話に
新しい2体の怪獣(怪獣・宇宙人)を登場させると
言うソフビ販売サイドからスポンサーとして
要求が実現する程の大ブームになります。

西イリアン諸島の北原白秋

帰ってきたウルトラマン
ゴジラ本多猪四郎監督を迎えて
東宝撮影所を初期に使用する
事からも、怪獣東宝の怪獣
モチーフにしていて

ゴジラを、アーストロン

ラドンモスラの糸を合わせて
テロチロス

モスラの唄を、今回のシーモンス
シーゴラス夫婦の怪獣
取り入れています。

ヌレクハーヒーウーモー
ケナケナ、 シーモンス
ヨドサーハーオーコーム
メウラア 、シーモンス

と言うような歌詞?ですが
北原白秋作詞の童謡「砂山」
一節を元にしていて

中山晋平作曲山田耕筰
2曲が在りますが、山田耕筰
方をモチーフにしています。

因みに、山田耕筰ウルトラQ
一の谷博士の研究所として撮影に
使用された邸宅に住んでいました。

一の谷研究所ロケ地
*協力・光跡(管理人Qちゃん許可済)

シーモンスを前から観ると、クチ
大きく空けていて、少し短くて曲がって居ます。

足は、作中のシーモンスは広がった
ような扇形に、がついてるような足で
のようなモノはありませんが
ソフビは、指が長く爪は前方向です。

シーモンスをサイドから見ると
というか、頭部が動く関着
なっているので、首のヒレが胴体
側に分離したように見えるアングルです。

そのヒレの為に、前足が後足よりも
短くなっています。

前側の大きい角は、安全性の為に
短くなっていて、後方にカーブしています。
その後ろの短い2本の角は、シルバーには
塗装されていません。

後足は、Sアクター(人間)の関節と
4つ足動物の関節や向きが違うので
難しいのですが、まっすぐに造形して
あるので、シーモンスぽく無い全体
フォルム
になっているのが残念です。

尻尾も・・・かなり短いです(^^:

シーモンスを後ろから見ると
尻尾は短く*浮いていますが
後足の足首?から下が、左右共に
外側に向いているのは、変な位置
ですけども関心するポイントです。
この様子は裏側(真下)から見るとよく解ります。

*シーモンスの尻尾は長く地面に着いています。

シーモンス可動は首(?)と
前足の付根、後足の付根が可動します。

作中のシーモンススーツは、首は
左右には動かないですが、キャラ的
面白い可動になっているソフビです。

シーモンス足の裏(下)には、左前足に
凹モールドでブルマァクの刻印があります。
その上にバンダイの文字が横向きに入って居ます。

左足には、縦向き
シーモンス文字が刻まれています。

オリジナルも、バンダイの文字が無い
だけで同じです。

シーモンスは、当時シーゴラス
セットで買う以外に、単独では略売れず
数が少ない為に、希少度はシーゴラス以上ですが
復刻回数が少なく、も少ないので
2体揃えたい方には、GETが難しい場合も
ありますので、見たらGETしておくのが
良いかと思います。

復刻ですが22年経ってもメンテナンス
御蔭で、シーモンス元気です。


津波怪獣 シーモンス

別名・津波怪獣

身長:43メートル

体重:3万5千トントン

出身地:西イリアン諸島近海

スーツアクター・森平、遠矢孝信(1ショット時)

デザイン・熊谷健

津波怪獣シーモンス カラ―バリエーション

ブルマァク

シーモンス(ピンク 1971年 350円

バンダイ

シーモンス(イエロー 1998年 4800円

シーモンス(レッド青銀黄色吹 2001年 4800円

■メーカー・バンダイ(オリジナル・ブルマァク)
■発売元 (株)バンダイ・ホームプロダクツ事業部
■発売・Sales Year 復刻・1998年 NO.1873 元・1971年  
■当時価格 4.800円
■登場作品 帰ってきたウルトラマン(1971年)
■製品仕様 全長サイズ 約22㎝(長さ)

シーゴラス&シーモンス
大怪獣シリーズ
ASIN : B07PJ68KY7
詳しく見る。