モスラ・東宝怪獣シリーズ【117】

Introduction of Japanese toys
Mothra

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー117は、東宝特撮映画に
登場する怪獣・モスラ(成虫)の
ブルマァク・ソフビ(復刻)のレビューです。

モスラは、1961年7月30日に公開された
東宝製作の円谷英二特技監督の作品で

その後、モスラ対ゴジラ
ゴジラシリーズに出演する人気の怪獣で
人間側の正義の怪獣として描かれる事が多い怪獣です。

蛾をモチーフにした怪獣で、成虫の他に
幼虫(体形)でも登場しますが、名前はどちらも
劇中ではモスラと言われます。

マルサンからブルマァク、バンダイへ

このモスラは、当時の金型で復刻した
ブルマァク復刻版 東宝怪獣シリーズトの1体で
ライトブルーの成型色です。

初期の発売は、ブルマァクではなく、マルサン
発売した、怪獣やウルトラマンなどを倒産後に
ブルマァクが、引き継いだ金型の状態のまま
バンダイが復刻したソフビです。

マルサンの発売時期も、1967年とモスラ公開の
6年後なので、時期的には
南海の大決闘(1966年12月17日公開)のモスラとして
発売されたソフビです。

*1961年モスラ公開時期は、ウルトラQ(1966年)前なので
怪獣をソフビにして販売する文化自体が無く
怪獣=怖い、気持ち悪いモノを、少し可愛くして子供に
販売すると言うのは、ウルトラQから始まる玩具文化です。

ソフビのモスラは羽2つとボディ、頭部の4パーツで
構成されていて、羽もソフビなのも含めて恐竜型
怪獣ソフビとは異なったソフビでした。

関着は首部分のみ可動します。

モスラの目は、ブルーですが当時のマルサンも
なぜか?整形色がなので、目は(*赤茶)に
塗られていていましたが、この復刻版では
黄色に塗装されています。

*赤なのですが整形色の青と重なり濃い紫のように見えます。

サイドから見ると、頭部とボディの段差が
関着の接合なので、スゴイ段差なのに気ずきます(^^:

また触覚は、当時のソフビとしては略さずに
よく作られていて、頭部の造形が良く
ボディは、羽根との結合的に原型をソフビに反映するのが
難しい関係にあったと思われます。

後方から見ると、羽根とボディがアナログな感じの
左右非対称で、後々の羽根が異素材のプラ整形のタイプ
よりも、生命感があるフォルムです。

モスラの進化!塗装の工夫とシルバーの登場。

真上から見ると、顔のセンターからのが背中に
続いていて、付け根側に黄色の模様、羽の4箇所に
シルバーが、時代的に使えるので吹かれています。

オリジナルのマルサンは、羽の付け根が
広範囲に黄色、シルバーの部分の前側だけに
赤の丸が筆で書かれていました。

本来は羽根モールドなどは、とても細かく
造形されています。

ボディの裏(下)には、モスラの足を詳細に
上手くソフビとして畳んだ形で造形してあり
マルサンの凄さを感じます。
塗装の吹きは一切ありません。

本来は復刻時期には、MADE IN JAPAN
小さな紙のシールが貼られいました。

後方の部分に、ブルマァク時期の刻印
在ります。

*70年代の時期的に無版権商品が出てきた為に
手書き文字ではなく刻印が入るようになります。

裏のバーコードが、必需品だった為に
復刻時につけられたタグです。
デザインは、全ての東宝怪獣は同じで
ゴム紐で付けられていました。

モスラ(成虫)

体長・135メートル
翼長・250メートル
体重・1万5千トン

出身
インファント島(幼虫)
東京タワー(成虫)

造形
利光貞三、村瀬継蔵、八木勘寿、八木康栄。

■メーカー・バンダイ(オリジナル・マルサン)
■発売元 バンダイ
■発売・Sales Year 復刻・1992年1月 元・1967年
■当時価格 2.500円
■登場作品 モスラ・南海の大決闘、他
■製品仕様 全長サイズ 前後・約21㎝ 羽根幅・約31㎝