ロータスヨーロッパ サーキットの狼【16】

スーパーカーブームの主役!

Introduction of Japanese toys
Lotus Europa kyosho

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー016は、京商が発売した
1/43モデルサーキットの狼  ホワイト
ロータス ヨーロッパ です。

サーキットの狼と言うマンガは、1975年
から1979年週刊少年ジャンプ(集英社)
に連載され、スーパーカーブームを巻き
起こした大ヒット作です。

その主人公風吹裕矢の愛車ロータス
ヨーロッパが、今回のミニカーです。

■スーパーカーブーム

1975年から少年ジャンプで池沢さとしが
連載した漫画「サーキットの狼」は
徐々に人気が出だして
1976年に単行本化され、76年後半には
ジャンプにもスーパーカー特集が組まれ駄菓子屋に、スーパーカーカードやメンコが

ガチャガチャに、スーパーカー消しゴム
入り、日東化学からプラモデルで、サーキットの狼
登場するスーパーカーを、漫画のキャラを箱絵に入れたシリーズが大人気に

コカ・コーラまでが王冠の裏蓋をめくると
スーパーカーの絵が出て来るオマケで売れ
子供達がカメラを片手に国道に出て
スーパーカーを撮影するブームが起きて写真屋さんも忙しくなる程ですが

極めつけは「対決!スーパーカークイズ
と言う30分のテレビ番組が1977年7月から現・テレビ東京放送されると、大人気になり

関東ローカルから、全国各地のテレビ局で
日時は違うテープネット放送ですが広まり全国的な大ブームになります。

別名ロータスの狼とも呼ばれ、非力な
マシンでハイパワーなスーパーカーを相手
に、レースで活躍する姿と、白いボディに
センターからズレた赤いライン
その赤いラインに勝利の数だけ★のマーク
を入れて行くスタイルで、日本では
カウンタックフェラーリ512BB
凌ぐ程に、子供にも人気の車になりました。

フロントフェンダーサイドのウインカーや
前の下側のウインカーは、塗装ですが
ヘッドライト内側の丸ウインカーは別パーツ
で、フェンダーミラー、バンパー(ナンバー)
ワイパーはメッキの別パーツになっています。

ナンバーもマンガと同じ練馬ナンバー
フロントリップスポイラーも別パーツです。

サイドから観ると、元々車高が低い車
なので、下手にタイヤを低くしていなくいい度合いです。

ホイールのメッキも効いていて、ドアノブ
も、別パーツです。
*ホイールはインチアップしてある設定なのかもしれません?

斜め後方から観ると、ロータスヨーロッパ
特徴的な後方部分も、給油口も別パーツの
メッキで長方形の吸気口もシールなどでは
無く、ダイキャストボディが凹んでいて
金属のメッシュパーツが内側から装着されています。

写真だと白に見えるかもですが?
ウイングの取り付け金具もに塗装されています。

バンパーやブレーキランプ、ナンバー
などもメッキの別パーツで言う事なしです。

リアも、当時も非力な最高出力は126馬力
ロータスヨーロッパを、下手に持ち上げずに
マフラーも実車に忠実に小さく造られています。

真裏は刻印が在り、後ろから見える最低限の
パーツが銀に塗装されています。

タイヤも実車の範囲内で、太過ぎない感じが
ロータスヨーロッパらしさを感じさせます。

エンジンパワーが少なくても、圧倒的な
軽量ボディとコーナリング性能で競う
イギリスロータスヨーロッパは、赤い
ラインと、リアウイングをまとうだけで
どんなスーパーカーにも負けない気が
してくる不思議なクルマで、スーパーカー
世代は、プラモデルを作った人も多いと
思いますが、細かいパーツも再現された
ダイキャストミニカーも、是非手元に
置いておきたい1台だと思います。

ロータスヨーロッパ(スペシャル)

1972年~1975年 最終型

最高出力126馬力

乗車定員 2人

ボディタイプ 2ドアクーペ

エンジン 直列4気筒DOHC 1,558cc

駆動方式 MR

変速機 5速MT *ルノー製・ゴルディーニ製

車両重量 711kg~

デザイン・ロン・ヒックマン

トミカ・ロータスヨーロッパ【160】
■メーカー 京商
■定価  3,969円*時期、限定などで異なる。
■実車  ロータスヨーロッパ スペシャル
■製品仕様 1/43スケール クリアケース入り