//グーグルアドセンスコード トミカ・ホンダNSX初代・2代目のレビューです。

トミカ・ホンダNSX【94】

新旧NSXに観るトミカの情熱!

Introduction of Japanese toys
HONNDA NSX TOMICA

ホビービルドプラスの宇宙九太です。

今回の玩具レビュー94は、トミーが1991年発売
した初代NSXと、25年後2016年に発売
した、2代目NSXトミカのレビューです。

初代NSXは1990年9月14日に販売され2006年
1月までの16年間販売された、ホンダ
フラッグシップスポーツカーです。

ミッドシップエンジン・リアドライブ
MR方式も、希少なスポーツパッケージで
価格も800万円と当時の国産車最高額でした。

其の価格と世界的に驚かれた、最先端の
技術は、オールアルミモノコックボディ
を量産車に採用した事で、部分的なパーツ
に使用される事は在っても、全体的に
アルミを使用する事は出来なかった時代
でした。

2代目NSXは、アメリカのホンダで製造され
2016年に販売されますが、日本は2017年
からの販売と少し遅れての販売でした。

スポーツハイブリットAWDを採用した事が
最も大きな特徴と変化で、価格もホンダで
最高額の2370万円量産車になりました。

*AWD・4WDの事。
*NSX-R GT、GTカー使用で5台限定販売で
5000万円と、ナンバーの着いたレースカー
だった為、1台しか売れて無いとも言われる。


トミカNSX(1代目)は、トップがブラック
でホワイトボディのタイプで、ブラック
光沢の効いた塗装が良い感じで、車内の
ボディのホワイトとのコントラストも
トミカサイズですが良い感じです。

サイドから観ると、ドア後の吸気ダクト
塗装を入れています。

コレはボディがレッドでトップがブラック
のトミカでは、ボディと同じカラーのまま
な部分です。

前から観ると、驚くのはホンダのエンブレ
赤バッチがシッカリタンポ印刷で入って
いる事です。
コレもボディがレッドでトップがブラック
などの他のカラーやパトカータイプなどの
量産タイプには、エンブレムすらありません。
*後期のヘッドライト変更型には在る。

真後ろからは、ブレーキランプ類が別パーツ
で、塗装では無いのが凄いです。

良く見るとクリアレッドの上の部分が四角に
欠けているのは、リアウイングの貫通部分
イメージしています。

真上から観ると、リアにエンジンが在るのが
実感する形状で、運転席が前寄りに感じます。


真下から観ると、刻印はセンターの左右に
入って居て、前後の車輪近辺にメカモールド
が少し施されています。

注目点はベースのプラ部分とダイキャスト
ボディの結合が前側には隙間が在り
後方はダイキャストボディが下まで入り
込んで来ている事です。

拘りの再現性!新・NSXの凄さ!


2代目NSXは、なんと行ってもボディの塗装
他のトミカより1ランク上の仕上がりなので
箱やブリスター濃しではなく、直接観ると
トミカなのか?疑いたくなる塗装です。

横から観ると、ホイールの大きさに合わせた
トミカ流のスケール感で製造されているのを
感じます。ドア後方の吸気ダクトも見え難い
ですが、ブラックで塗装されています。

前から観ると、光沢のブラックが写真だと
強く見えますけども、実際にはレッドの塗装
は深い赤で負けて居ません。
ホンダのマークタンポ印刷されています。

*タンポ印刷>用語辞典頁へ

真後ろから観ると、こちらにもホンダマーク
がシッカリ入って居て、マーク下の網目部分
もシッカリモールドで造りこまれています。

ただ、センター部分の網目はアンダーボディ
のプラパーツですが、左右のダイキャスト
モールド内の黒い網目部分にも再現されて
いるのが凄い拘りです。


真上から観るとルーフトップの塗装が、他の
ブラックとは違うグレーで、カーボンTOP
再現しています。

つまり、良い意味でトミカなのにレッド
シルバー、ブラック、グレーの4色を使用し
再現している拘りは、トミカのフラッグシップ
と言える程の拘りで出来になっています。


真下から観ると、刻印はセンターの左右に
入って居て、前後の車輪近辺にメカモールド
は無くなっています。

コレは実車のNSX2代目も、300kmオーバー
走行を実現する為にも、略トミカサイズでは
フラットと言えるアンダーパネルだからで
手抜きでは在りません。

また初代NSXと違い前部分はダイキャストとの
隙間が無くなり、後方のディフィューザーの
部分まで、ダイキャストボディ側にアンダー
ボディが喰いこんでいるのは、初代と反対です。

どちらのNSXも、トミカで売れるスポーツカー
と言う枠を超えて、トミカが限られた予算と
サイズ内で再現してる情熱を感じるクルマです。

■メーカー・MAKER トミー(TOMY)
 NSX・1代目 1991年  NO.78
 NSX・2代目 2016年  NO.43
■製品仕様 全長サイズ
 初代約7.3cm×3.3cm 2代目6.8cm×

ホンダ・NSX

初代NSX  1990-2006年
世界初のオールアルミモノコック・ボディー採用

2代目   2016年~
3.5LV型6気筒エンジン・ハイブリッドシステムを搭載