スティングレイ・キャラウィール【95】

タイヤの無いミニカー?スティングレイ

Introduction of Japanese toys
Stingray mark III

ホビービルドプラスの宇宙九太です。

今回の玩具レビュー95は、1964年9月7日月曜
19:00フジテレビ系で放送された
海底大戦争の潜水艦スティングレイ
バンダイのキャラウィールがCW024
販売したミニカーのレビューです。

*海底大戦争は、サンダーバードの製作
会社が1962年に製作した人形劇特撮です。

イギリスでは海底大戦争スティングレイ
のタイトルで放送された初のカラー作品
でした。

海底安全パトロール隊の原子力潜水艦
第3番艦が、スティングレイで名前的には
アカエイの事ですけども機体は青いです。

60年代は、世界的に宇宙も注目される一方
海洋ブームでもあり、潜水艦も玩具店や
模型店にコーナーが在るほど、おもちゃや
模型になっていた時代でした。

今では、大きな玩具店でも潜水艦の玩具
見つけるのも難しいくらいなので
実感が湧かないかもしれませんけども
そういう時代背景に誕生したメカでした。

スティングレイは、海底安全パトロール隊
WASPのマリンビル基地の主力艦で、後方に
小型の潜航艇アクア・スプライトを搭載
していました。


フロントから見ると、ペッタンコなボディで
黄色いラインが印象的に見えます。

少しスーパージェッタ―の流星号が似てる
かもしれません。


後方から見ると、扇風機の羽根のような
スクリューは無くクリアパーツを駆使した
動力パーツと、シルバーのウイングが
別パーツで装着されています。


真上から観ると、全体が魚ぽいフォルムなのが
解ります。
古代魚のドレパナスピスを、デザインモチーフに
して造形された潜水艦です。

真横から観ると、艦橋の中央セイル部分が
前の方に在るが解ります。
3と言うのは、WASPの原子力潜水艦第3番艦
の意味で、英国ではmark IIIと言われます。

キャラウィール!の裏側!

真下から観ると…もう笑いそうになりますが
ミニカーですが、タイヤは在りません。

前後に2つのプラスネジが在り、中央に刻印
が、在ります。


パッケージは、スティングレイのボディ
に前トロイ・テンペスト艦長(キャプテン)
が重なっているのは、ちょと凄いです。

また、スティングレイの日本的なカタカナの
ロゴが無いので、白い文字で艦長の左に
文字を入れていて形で、緑のアルファベット文字
艦長に重ねていれている異色なパッケージ
デザインになっています。

■メーカー・MAKER バンダイ・BANDAI 
■発売・Sales Year  2001年
■当時価格 648円(税込)
■登場作品 海底大戦争(邦題)Stingray
■製品仕様 全長サイズ約8.3cm
 

海底大戦争の潜水艦スティングレイ

ジェリー・アンダーソン(APフィルム 21世紀プロ)
によるイギリス初のカラー連続テレビシリーズで

スティングレイは海底安全パトロール隊
(WASP World Ocean Security Patrol) の
原子力潜水艦第3番艦をメインに

地上侵略を目論む様々な海底勢力に対
するスティングレイと乗組員たちの活躍を描いた
SFアクション作品で、次作サンダーバードに通じる
ITC製作による人形劇アドベンチャーシリーズです。

西暦2065年。強大な海底魔王・タイタンの暴走を
止めるため、原子エネルギー超潜水艦
スティングレイの乗組員たちが戦いを挑む
ストーリーで、海洋冒険ブームの一端を担う作品でした。

キャラウィールラインナップリスト頁へ

/*Googleアドセンス*/