マット隊員・ソフビ【231】

Introduction of Japanese toys
MAT member’s(Return of Ultraman )

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー231
帰ってきたウルトラマンに登場する
防衛チームマット(MAT)隊員
当時は、販売されていないソフビを
異なるビジュアルで、もし発売されていたら?
と、言うコンセプト

新・復刻版

と、して2000年に販売したソフビ
マット隊員のレビューです。

帰ってきたウルトラマン

1971年4月2日~1972年3月31日

TBS系で放送された円谷プロ製作の特撮番組です。

スペクトルマンと共に、第二次怪獣ブームを牽引し
長いウルトラマンシリーズの中で、最も多くの
ソフビを販売、ラインナップした番組で
売る怪獣が足りない為に、番組後半には1話に
新しい2体の怪獣(怪獣・宇宙人)を登場させると
言うソフビ販売サイドからスポンサーとして
要求が実現する程の大ブームになります。

■モロボシダンの顔かりて・29年後の新発売マット隊員!

マット隊員は、放送当時は
略同じサイズとして大サイズの
450円売りに、郷秀樹隊員の顔似せた感じのソフビが発売されています。

また、今回の「顔」と同じような
顔としては、サイズが大きい
特大などに採用されていましたが
今回のサイズ「顔」としては
まったく当時は発売されていないソフビフィギュアです。

なので、ウルトラ警備隊(員)を当時
よりも、少しリメイクして販売した
復刻?にサイズやビジュアルを合わせた新発売マット隊員になります。

マット隊員を前から見ると
大サイズの26.5cmヘルメット
しているのもありますが、怪獣
ウルトラマンのスタンダードよりも
高い身長で、足が長細く造られています。

主役の郷隊員を、当時の顔違いと同じく
意識しているのと言うか、基本顔替で
足の関着は、ウルトラ警備隊と異なり
あまり足は「八」の字に開いていません。

手袋も、ウルトラ警備隊はしていない
塗装ですけども、当時の顔違いと
同じく白い手袋使用の手(手首先)になっています。

顔以外(首から上)は基本当時の
顔違いソフビと同じですけども…
足のパーツは、少し異なるようで
足の細さとボディとの関係の角度が少し異なって居ます。

マット隊員をサイドから
見ると、ヘルメットが少し大きいのと手が長く感じます。

少しが引けてるのは
立たせるバランスの問題で
安定感が、この方がある為のポーズです(^^:

ヘルメットのバイザー
水色なのも、ウルトラ警備隊
合わせた為だと思います。
*当時オリジナル顔違いのマット隊員はバイザーは無し。

またMATのマークは当時は
上下ともにミドリが使われて
いますが、今回はを使用しています。
*実際のテレビ画面の色は

マットシュートは、形状かなりリアルですが・・・

角度は足が別パーツなので
関着部分の境に跨ってしまうので
前方に斜めにズラしているのは、仕方ないのかもしれません。

ベルトのMATのマークは当時と
同じく上下ともにが使われています。

MATの文字などが綺麗になっている
だけで、ボディと腕は基本
顔違いの大サイズと変わりは略ありません。

マット隊員を後から見ると
足の開きの違いなのか?
足のパーツのボディ側に接続する
関着部分に「段」が在るのが解ります。
*左足が外向きなのは同じ。

ヘルメットは、オリジナルより
上に少し長く首廻りの造型も、グレードアップしています。

ヘルメットセンターの脱着用
切れ込みも、少し形状や長さが異なりますが
オリジナルに忠実に復刻?させようとしている様子が覗えます。

マット隊員ヘルメット
脱ぐと・・・ゾフィーダンなどと同じブルマァクの彼です(^^:

脇に抱えるとかは、腕の形状的に
無理なので、持たせるのはコレか
上げた手に、上から被せるしかありません。

可動は、首(マスク・中)と、腕の付根
足の付根が可動してポージングが可能です。

足の裏(下)には、右足に凹モールドで
ブルマァク文字が刻まれています。
その下(横)に白い文字で
バンダイの文字が吹き付け塗装で入って居ます。

左足には、マット隊員の文字が入って居て
(C)円谷プロの文字があります。

新・復刻と言っても20年以上経っていますが
メンテナンスの御蔭で新品同様に保ています。

ブルマァク復刻版怪獣シリーズ・リスト

MAT(マット) Monster Attack Team

国際平和機構の地球防衛庁に属し
本部はニューヨーク在り、世界各国に支部がある。

日本支部基地・東京湾の海底

●隊員装備
ヘルメット
マットシュート

MAT隊員

加藤 勝一郎隊長
伊吹 竜隊長(2代目)

郷 秀樹隊員

南 猛隊員
岸田 文夫隊員
上野 一平隊員
丘 ユリ子隊員

 

当時販売されていたブルマァク・マット隊員・ソフビ

大サイズ450円 (郷秀樹顔似)1971年

特大 650円 1971年

ジャイアント 1500円 1971年

デラックスマット隊員 1000円*肘・膝可動 1971年

五隊員セット 750円(科特隊、U警備隊、MAT、TAC、サット)1972年

ミニソフビ 150円*セットの単品売り 1972年

 

■メーカー・バンダイ(オリジナル・ブルマァク)
■発売元 (株)バンダイ・ホームプロダクツ事業部
■発売・Sales Year 2000年  NO.1933
■価格 6500円
■登場作品 帰ってきたウルトラマン(1971年)
■製品仕様 全長サイズ 約26.5㎝

MATピンズ本七宝
帰ってきたウルトラマン
ASIN: B07WBZ6D63
詳しく見る。