ギャンゴ・ウルトラ怪獣ソフビ【306】

Introduction of Japanese toys
GANGO(Ultra man)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー306は、ウルトラマン
第11話「宇宙から来た暴れん坊」
登場する怪獣で
ウルトラマン25周年バンダイ限定復刻(?)
した脳波怪獣 ギャンゴのソフビレビューです。

 ウルトラマンは、1966年7月17日~1967年4月9日
 に、TBS系で放送された円谷プロ製作空想特撮シリーズです。

 放送当時はウルトラQシリーズの中のウルトラマン
 として放送された為に、オープニングではウルトラQ
 文字が回転して、その中からウルトラマンという
 文字が出て来るタイトルが残ります。

 怪獣ブームを巻き起こし、最高視聴率42.8%を記録
 50年以上前の子供番組ですが、今でも知らない人は
 居ないと言う程の日本を代表するメジャーキャラで番組です。

オリジナル過ぎる幻のギャンゴ!

1990年~1991年復刻?された
ギャンゴには・・・ビックリ

尻尾があります!!

御存知のように、ギャンゴ尻尾
無い怪獣ですが、この復刻?には

当時の1966年に発売されたマルサン
販売したソフビギャンゴには無かった尻尾生えています。

24年の間に伸びたのでは無く…

元々のマルサン大元の型は、実は
ギャンゴは、ベムラー改造怪獣だと
言うスーツの情報と、3面マーチャン用
写真を撮る事が、定着していなかった
事から、尻尾を作ってしまっていました。

ですが、発売前チェック尻尾が無い
事が解り、尻尾の無い2番型で量産され
発売された事からマルサンブルマァク
時代には、ちゃんと尻尾の無いギャンゴでした。

ですが、24年後には大元の型から
そのまま量産して、違和感も無く
疑問にも思わなかった事から
そのまま販売しますが・・・

ファンマニアから、尻尾がある!との
声が上がり2015年から、修正した尻尾の
無いギャンゴ(完全版)
発売されています。

その為に、逆に個数が少ない事からも
尻尾ありギャンゴも、エラー的な要素
プレミアが付いたり、買い求めるファンが発生しています。

ギャンゴを前から観ると、頭部の
アンテナは、生物の耳のように
造型されていて、斜め上方向に生えています。
*作中のギャンゴは頭部の側面に大きな
金属のアンテナが在り回転しています。

手がC型の当時のロボットにありがちな
手の形状で、ロボット的なサイボーグ
怪獣
容姿を持って居ますが・・・
当時商品化の資料の少なさからも
生物的な造形になっていた部分
シルバー系の吹き塗装で補っています。

腕の付根の位置は、作中のギャンゴ
近い位置ですが、腕の長さがスーツは
スーツアクターの腕よりも長く作られて
いるので、その分短い腕に見えます。

また、サイボーグ的な要素の誤解と
資料不足から足首から下が、直線的な
ロボット的な造形になっていますが
ギャンゴの足首から下は、丸くて
コッペパンを潰したような形状なので
まったく異なる足をしています。

この足の部分は、尻尾改善された
後も、そのままマルサン発売の形キープしています。

ギャンゴをサイドから見ると、体の
ボリュームが凄く、スーツ的に元の
ベムラーをも超える体形をしていますが
実際の作中のギャンゴは、ベムラー以上に
痩せて?スリムな体形なので、なんだか
強そうな怪獣に見えてしまいます。

ですが、このソフビ尻尾があるので
これはコレで、いい怪獣には見えます♪

尻尾の長さやカーブ、パターンなど
マルサンNGになった尻尾が、立体的
見える…ある意味貴重な姿でもあります。

ギャンゴを後ろから見ると、後頭部
にも、本来はベムラーが元なので
トゲが在るのですが、後頭部にはトゲありません。

耳の裏も、アンテナではなくとして
造られているのが解ります。

尻尾・・・シッカリ生えてます(^^:

ギャンゴ腕の付根と、首?(肩)と
(の付根)が可動します。

ギャンゴ足の裏(下)には、右足に
凹モールドで(C)円谷プロ1966

左足にはブルマァクの刻印があり
BANDAI1991JAPNAのシールが貼ってあります。

販売方法も基本は裸に紙タグゴムひも
付いていました。
デザインは上のモノが殆どで、89.90年には
単色のタグがありました。

また一部、袋入りヘッダーが付けられたり
91年の最後にはセット売り販売もされていますけども
当時の普通の玩具店では販売されず
大きな玩具店マニア向け玩具に力を入れている
店舗のみで売られていました。

復刻ですが29経ってもメンテナンス
御蔭で、ギャンゴ元気です。

■ギャンゴ・スタンダードソフビ

尻尾あり

マルサン

ギャンゴ オレンジ 1966年 350円

ブルマァク

ギャンゴ オレンジ銀緑吹 1969年 350円

バンダイ

ギャンゴ 明オレンジ、銀吹 1990年 2500円

ギャンゴ 明オレンジ、銀吹 1991年 2500円

ギャンゴ グリーン青銀吹 2000年 4800円

ギャンゴ 赤茶、銀吹 2015年 5250円

ギャンゴ 青銀吹 2015年 6000円 *右耳破損版

ギャンゴ 黄色水色吹 2015年 6480円

ウルトラマン生誕25周年記念ソフビリスト

脳波怪獣 ギャンゴ

身長:2.2 ~ 50m
体重:60t ~ 6万t
  出身地:東京近郊(作中的には熱海でロケは下田)
  

宇宙から飛来した謎の石で
人間の脳波を受信して出現

スーツアクター:荒垣輝雄
デザイン・成田 亨
造型 高山良作

■メーカー・バンダイ(オリジナル・マルサン)
■発売元 (株)バンダイ
■発売・Sales Year 復刻・1991年 オリジナル1966年
■当時価格 2500円
■登場作品 ウルトラマン(1966年)
■製品仕様 全長サイズ 約24㎝ 

ギャンゴ 車マグネットステッカー
ウルトラマンドライブレコーダー搭載車
ASIN B07DNMHPRW
詳しく見る。