チョロ坊 タイムボカン・永大【017】

ntroduction of Japanese toys
CHOROBO(Time Bokan)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー017は、1975年10月4日から
1976年12月25日毎週土曜にフジテレビ系
放送していたアニメタイムボカンに登場する
レギュラーロボットチョロ坊玩具です。


今回の玩具レビューはチョロ坊は、*永大(エーダイ)
GRIPブランドから出ていた
グリップキャラクターのシリーズ
タイムボカンシリーズNO.3チョロ坊です。
*永大(エーダイ)・永大グリップと続けて
言われる程、永大のメジャー玩具ブランドで
ミニカー、プラモデルなど「G」のマークで
子供にも有名なメジャー玩具メーカーでした。


グリップキャラクターシリーズ
基本的に透明のブリスターの箱を上から被せ
紙の台と背景の中にキャラクターを置いて
見せる販売パッケージで、殆どのライン
ナップが、480円販売されていました。

タイムボカン以外に、サンダーバードシリーズ
ウルトラマンタロウ、レオシリーズ
円盤戦隊バンキットシリーズ
ハリケーンポリマーシリーズ
UFO戦士ダイアポロンシリーズ
テッカマンシリーズ、ズバットシリーズ
など、1973~1976年くらいがメインで
その前は、見た目は同一シリーズに見える
ガッチャマンなどは、ガッチャマンシリーズ
とは記載してなく、番組タイトルとは微妙
違うシリーズ名だったり、ITCの番組キャラ
全てサンダーバードシリーズだったりしました(^^:

また同じ玩具でも色違いや、細部の使用違いでも
同時期にでも販売されていました。
*グリップキャラクターと言うのは
車や飛行機など、キャラでは無いモノもあり
主にテレビ番組に登場するモノの事(メカ・他)でした。


チョロ坊は、主人公の丹平ちゃんが作った
ロボットで、動力はゼンマイです。
玩具の方は無動力で、頭部腹部のハッチ
手首から先プラ製で、他が金属のパーツ
出来ています。
鼻やアンテナは、思い切って?平面でのシールです(^^:

チョロ坊の背中には、グリップのGマークの刻印
入っています。作中ではゼンマイ
在りますが、この玩具には略されて…ありません。


チョロ坊のお腹のハッチは下に開くと、内部のメカが現れます。


チョロ坊足裏から観ると、足が前後に動くのが
隙間からの様子で解ります。
足が金属重い為に、シッカリ立ちます。
オシリ?の部分は、作中ではでは無く
手と同じ黄色なのですが、腹部のハッチ
同じ整形パーツで、造られていると思われます。


チョロ坊の腕は番組作中では、伸びますけども
この玩具は肩の形状からも、写真の高さまでしか上がりません。

このシリーズは、超合金よりも安く
キャラクターの色分けを出来る範囲
再現している点や、他で販売されてない
キャラも出ている安くて豊富なラインナップが魅力の玩具でした。

チョロ坊も、感情のあるロボットですが
ロボットなので、金属重い玩具としても
他の玩具よりも、アニメの作品
顔やスタイルが似ている玩具なので
タイムボカンファンには、愛される収集玩具になっています。

45年以上経っていますが、メンテナンス
御蔭でチョロ坊綺麗元気です。

メカブトン 真合金・タイムボカン【74】

■メーカー 永大(エーダイ)グリップ
■発売   1975年
■定価   480円
■登場作品 タイムボカン
■製品仕様 全高・約7cm

Amazonで関連商品を詳しく見る。↓