NERV官用車・トミカ【353】

ntroduction of Japanese toys
Evangelion NERV OFFCILAL BUSINESS CUUPE(TOMICA)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

今回の玩具レビュー353は、タカラトミー
2015年に発売した、ドリームトミカ
エヴァンゲリオンに登場するNERV官用車
マツダ・コスモスポーツのレビューです。

*エヴァンゲリオンは、新劇場版では
ヴァンゲリと記載していますが
ココではエヴァンゲリオンで統一します。

新世紀エヴァンゲリオン

1995年10月4日~1996年3月27日 全26話
テレビ東京系列で放送されたテレビシリーズ
劇場版1997年新劇場版2007年~2021年のアニメ作品

ウルトラマンのファンである庵野秀明
初代ウルトラマンのように背を曲げた巨大な主役
ウルトラセブンの防衛基地、箱根(第3新東京市)をメインに
帰ってきたウルトラマンMATの車輌
コスモスポーツなどを登場させた、SF作品

新(シン)をモチーフにしている事から
シン・ゴジラや、シン・ウルトラマン製作する事になります。

■ウルトラ世代スーパーカー世代

世代によっては、帰ってきたウルトラマン
防衛隊MATマットビハイクル
白いボディに入れた赤いライン

サーキットの狼主人公が初期に乗る
愛車ロータスヨーロッパスペシャル
入れた白いボディの赤いライン

ミックスしたのが、NERV官用車
NERV官用車」の名前も
初代ウルトラマン科学特捜隊
科特隊専用車からのネーミングなのが
解かると思います。

NERV官用車は、アニメの中でも
そのサイズ感(かなり小さい)の
再現も凄く、画的な設定的に採用されて
いるのは、マツダコスモスポーツ
後期型外観です。

ただ、フロントダクトの形状などが
やや前期型ぎみのやカットが在ったり
してはいますが・・・
外観的に解りやすいフロントフェンダー
サイドのウインカーは、前期丸型
後期長方形で、基本的にはアニメでは
長方形ですけども、販売されている
NERV官用車には、前期をベースに
してしまっていて、ウインカーが丸型
のままのモノもあります。

勿論、NERVに他の同型車種前期
ベースの車体があるのかもですが?(^^:

トミカ限定・マットビハイクル【83】 ロータスヨーロッパ サーキットの狼【16】

NERV官用車をサイドから見ると
ドアの後方下側にNERVのマーク
タンポ印刷で入っています。

厳密に言えば、NERVマーク
もう少し小さくて、もう少し上側
(サイドラインの折りの直ぐ下)に位置します。

ホイールは、トミカのままですけども
NERV官用車ホイール
エラーなのか?意図的になのかは謎ですが
ノーマルの形状で、インチUPしたように
アニメでは描かれているので、イラスト
などは、本来のコスモスポーツ
インチサイズで描かれているモノもあります。

ただ、アニメの方で…コスモ・スポーツ
当時の60年代インチが小さすぎると言う
エラーで、大きく書いてしまっただけなのかもしれません(^^:

NERV官用車をななめ後から見ると
左側の赤いラインは、リアバンパー
下側に入っていて、ブレーキランプ
とは濃度が異なるカラーになっています。

NERV官用車を真後ろから見ると
マットビハイクルと異なり、パンパ―
未塗装で、ブレーキランプのフレームの
シルバーも入っていません。

また、内装のシートマットビハイクル
よりも小ぶりなシートになっています。

NERV官用車の前側は、後期顔
なので、基本的にはサイドの
ウインカーは長方形なはずです(^^:

マツダ旧マークのエンブレム
赤のラインに重なる「*Cosmo」の
文字もシッカリ入っています。
*本来は小文字です。

バンパーは後と同じく未塗装
ダイキャストが向きだしですが
ダクトの中はブラックで塗装してあります。

NERV官用車も、普通のトミカ
と同じく、ドアが開閉します。

NERV官用車の箱は、ドリーム
トミカ赤文字の下に横文字
大きく

NERV OFFCILAL BUSINESS CUUPE

と、入っています。

マツダコスモ・スポーツ
入れたくないのは解りますが(^^:
訳すと「公式ビジネスクーペ」と、言う
やや苦しい記載です。

官用車なら
Government car であって

クーペは、ただのクルマの
なので…苦しい感じがします。

そもそも、ファンも殆どが
コスモ・スポーツと言ってしまい
あまり官用車と言っている人は知りません。

NERV官用車の裏側は

TOMICA
(C)TOMY  S=/60

COSMO SPORT 

MADE IN VETNAM

と、刻印記載されています。

驚くのは、前年の2004年に復刻?した
マット・ビハイクルベースとは
異なるモノが使用されている事です。

6年経っていますが、メンテナンス
御蔭で、NERV官用車元気綺麗です。

■ マツダ・コスモスポーツ・スペック

販売年1967年~1972年

乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドアクーペ

エンジン 10A型
駆動方式 FR

最高出力 110PS(L10A) 128PS(L10B)

最大トルク
13.3kgf·m/3,500rpm(L10A)
14.2kgf·m/5,000rpm(L10B)

変速機 4速MT(前期)5速MT(後期)

サスペンション
前:ダブルウィッシュボーン
後:ドデオン・チューブ

全長 4,140mm(前期)
全幅 1,595mm
全高 1,165mm
ホイールベース 2,200(前期)/2,350mm(後期)
車両重量 940kg(前期)

デザイン 小林平治

■製造メーカー・MAKER タカラトミー(TAKARA TOMY)
■発売・Sales Year 2015年  
■当時価格  700円
■登場作品  新世紀エヴァンゲリオン
■製品仕様  全長サイズ約7.2cm×2.8cm  

エヴァンゲリオン初号機
ABS&PVC製 塗装済み 完成品
海洋堂(KAIYODO)
詳しく見る。