//グーグルアドセンスコード ゴジラソフビ、山勝製1983年のレビューです。

ゴジラ・山勝ソフビ進化形体!【80】

ゴジラ玩具の進化形!ソフビ!

Introduction of Japanese toys
GODZILLA (YAMAKATSU)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー80は、1983年山勝から
発売された、ゴジラソフビのレビューです。

メーカーの山勝も、レビュー41での
キングギドラや、ゴジラ、モスラなどの
ソフビを発売する前は、駄菓子屋玩具や
消しゴムのゴジラシリーズなど、東宝怪獣を
固定ポーズで発売していたメーカーでした。

このソフビも、東宝ゴジラ(1994)映画
製作が本格化するのに合わせて、公開前に
発売したモノですけども、ウルトラマン80
終了して、玩具店から怪獣が姿を消していた
時期なので、キャラよりも玩具として新鮮な
店頭販売でした。

見た目は、眉毛の感じやボディのセンターに
モールドされてる縦のラインからもすると
モスラ対ゴジラ(モスゴジ)に似せている
ようですが、全体が細身な感じで、昔の海外
で販売された有名なオーロラ社のプラモデル
のゴジラに似てると言われます。(下写真)
同種・同サイズに、背ビレが銀では無く金色
が吹いて在るタイプも在りますが、銀が先に
販売されました。

オーロラ社(モノグラム社)プラモ箱写真
*オーロラ社はキンゴジが元と言われ、倒産
後に、モノグラム社が金型を引き継ぎ販売。

顔は細く、目の塗装は手塗り(筆)で、体
の造形はモスゴジぽく、足の膝なども
モスゴジと言う感じはします。

○○ゴジラ量産ソフビ造形化!

この1983年の発売年には…まだ玩具で
何の作品のゴジラか?…を明確にして売ると
言うような趣向が存在して無いのと、ファン
も、違いは認識してる人は居ましたが同じ
キャラのゴジラとして観ているのが普通な事
だったので、今からするとアバウトなゴジラ
も、その時代のゴジラ玩具の姿です。

横から観ると、ポピーキングザウルス
ゴジラからすると、かなりプロポーションが
良くなっていて尻尾の長さも伸びて、動きを
感じる造形に進化しています。

ポピーのキングザウルス・ゴジラ(上)
これはこれで、可愛い造形ですけどもリアル
なゴジラの食玩やソフビを見慣れてる世代に
は、ゴジラ?と思えるくらい可愛いです。

真後ろから観ても、背ビレもシッカリ造形
されて来ているのが解ります。
背ビレのシルバーは、発売初期よりも後に
なると、頭部から顔の前の方にまで吹かれ
金色(版)も同じく顔の方まで多く吹き付け
られるようになっています。

斜め後ろからは、かなりリアルゴジラに近い
容姿を持った造形で、マルサン、ブルマァク
ポピーからリアル造形への進化のブリッジを
担ったソフビなのが解ります。

■メーカー・MAKER 山勝(YAMAKATSU)
■発売・Sales Year 1983年
■当時価格 500円
■登場作品 ゴジラ・シリーズ(モスラ対ゴジラ)
■製品仕様 全長サイズ約15cm
*頭部から尻尾の先端約18.5cm

山勝ゴジラシリーズラインナップリスト

キングギドラの頁へ