ストロングザボーガーおふろセット【147】

Introduction of Japanese toys
Strong zaborgar

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー147は、電人ザボーガー
登場するストロングザボーガー
おふろセットのレビューです。

電人ザボーガー

1974年4月6日から1975年6月29
フジテレビ系全52話 ピー・プロダクション制作

電人ザボーガー第41話から最終回まで活躍する
メインの犯罪捜査用ロボットで

オートバイ形態マシーン・ザボーガー
バズーカ砲搭載オートバイマシーン・バッハとが
合体したロボットです。

銭湯から家庭に

70年代に入ると家庭の風呂が普及率70%を超えて
銭湯が廃業、減少していきます。

ですが、大きな銭湯のように大人が一緒に入る
事が出来ないようなサイズと、小学生くらいに
なると、シッカリ湯船につからないで出て来て
しまう子供多く、長く湯船に浸かるような
おふろ玩具と言うジャンルが、発売されます。

銭湯ではNG玩具が、家庭の風呂ではOKに
なる事から、子供がシッカリ浸かるようになりました。

その1つが、このパトラおふろセットでした。

写真は銭湯ぽいですが…怒られます。(^^:

■マブチモーター

正しくは「マブチS-1」と言う水中モーター
なのですが、このモーター自体を当時の
子供達は「マブチモーター」と言いました。

本来はマブチモーターは社名なのですが
水中モーター=マブチモーターと言う程
画期的なモーターとして認識されます。

今回の「おふろセット」も、この
マブチモーター在っての商品です。


中に単三電池1本を入れてシッカリ閉めて使います。
後方の操舵を手動で動かすと、カーブして円をえがけます。

ストロングザボーガーは、ソフビで
上下半身で分かれています。
成型色はで、が吹き塗装になります。
プラス、ブルーイエローが、使われて居て
腹部側・背面側共に塗装されています。

ソフビのストロングザボーガー
ヘソの下辺りに、円柱の凸型の突起ソフビで作られています。

その突起に、マブチモーター
スライドしてハメ込むと、水中(水上)
進むストロングザボーガーになります。

スイッチは、マブチモーターの白い部分を
少し回すとON・OFF出来ます。

セットは、透明のプラケースに入っていて
ストロングザボーガーのソフビ
マブチモーター、シャンプー、タオル
シャワーキャップ、*吸盤が入って居ます。

*マブチモーターが付けられる。

カプセルには、タコのマスコットが
付いていて、遊び方を見ると吸盤で
カプセルに、マブチモーターを付けて
引っ張ると、タコが泳ぐそうです…(^^:

足の裏(下)には、左には
(C)Pプロと入って居ます。
*電人ザボーガー製作会社名

右は、パトラ
と、彫られています。

ストロングザボーガー

全高2メートル。
重量800キロ。
耐荷重量80トン。
出力電人ザボーガーの2倍。

ダイモニウムエネルギー

武器
ロケットチェーンパンチ
ジェットブーメラン
ストロングバズーカファイヤー

スーツアクター・田尻陽一郎

■パトラ・おふろセットラインナップ

・電人ザボーガー
・がんばれロボコン
・グレートマジンガー
・フランダースの犬(ネロ)
・ストロングザボーガー

■メーカー・発売元 パトラ
■発売・Sales Year 1975年  
■当時価格 1300円
■登場作品 電人ザボーガー
■製品仕様 全長サイズ約13㎝ 


ストロングザボーガー
ダイナマイトアクション!
ASIN: B00S7IFZPC
(C)ピープロダクション
詳しく見る。