ポケットメイト・アスレチックス【146】

Introduction of Japanese toys
Pokettomeito game Athletic NO.13

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー146は、トミーから
1975年に発売されたポケットメイトの
ラインナップ13で、人気ゲームの1つだった
フィールドアスレチックス
についてのレビューです。

ポケットメイト

1975年~1984年に販売されたポケットサイズの
アナログゲームで、ゲームウオッチの登場までは
旅行などのお供としての携帯ゲームとして
売れたトミーの玩具でした。

根強い人気から2005年に限定復刻もされ
現在はデジタル化されたアプリもリリースされています。

■意外にも子供に大人気になった立体ゲーム!

フィールドアスレチックス13番の2つ目
発売されましたが、当時リアルに出始めた
アスレチックをモチーフにしたのと

単なる迷路では無い部分が受けて
野球ゲーム将棋と並ぶ人気ゲームになり
ナンバー変更1回目で13から3番に変更され
復刻などでも、必ず入るポケットメイトの
代表的ゲームになり、発売時期中ずっと売れ続けました。

写真は復刻のフィールドアスレチックス
なので登場時のグリーンベース13番です。
正面からはオリジナルと、まったく変りは
無く裏面が「遊び方」からバーコードなど
の印刷に変更されています。

*オリジナル時期はバーコードが存在しない時代でした。

基本的には本体を上から見て、
スタートからゴールに運ぶゲームですが
複雑な形状のレールや、円などを移動させる
手の感覚を使うゲームと

カラフルなアスレチックが子供に人気なゲームでした。

フィールドアスレチックス1番のポイント
赤い回転ダイヤルで、玉をゲーム本体の
傾き以外で、手動で動かす部分で下の
オレンジの船(ホームベース型)に
玉を乗せて運ぶなど、ダイヤルに連動させた
部分にも、難しい箇所があるのも子供には魅力的がありました。

もう1つの難所180ターンは、赤い
扇形のパーツに玉を乗せて、180度
落とさないようにターンさせて
次のレールに繋げる部分も

玉を本体で動かすだけの「感覚」とは
違う重力や勢いを利用した部分なので
難しく、失敗しやすい箇所だったので
簡単にクリア出来ない面白さに繋がって居ます。

■オリジナルと再販の違い。 

オリジナルと復刻の違いは、裏側下に
凹モールドで入れられた文字・数字です。
A06と入って居ます。

■ミスタードーナッツ・コラボ

復刻から6年、またも2011年
ミスタードーナッツとのコラボの
ポケットメイトの再復刻が行われました。

ゲームの内容はアレンジをしたモノで
当時とはカラーなどの使用が
デコレーション部分では異なり
ましたが、基本ポケットメイト
ラインナップから重ならないように
選ばれて、可愛くミスタードーナッツ
イメージに合うカラ―キャラが配置されました。

ドーナツとのセット以外にも、ゲームだけの
単品購入も可能で、300円で販売と言う
ファンサービスな価格になっていました。

全8種 2011年 (*ベースゲーム)
だいちのアドベンチャー(フィールドアスレチックス)3月23日~
もりのベースボール(野球ゲーム)3月23日~
くるくるかおあわせ(ヌギヌギゲーム)4月27日~
ぶんぶんパニック(F1レーシング)4月27日~
おたのしみ16めんそう(ラブラブゲーム)8月10日~
めいちゅうみずでっぽう(コンバットタンクゲーム)8月10日~
*人気により追加2種
そうげんのサッカー(サッカーゲーム)11月23日~
うみべのボールとばし(どんぐる山ゲーム)11月23日~

■メーカー・発売元 トミー 復刻(タカラ・トミー)
■発売・Sales Year 1975年  復刻2005年
■当時価格 400円
■製品仕様 約・縦115mm×横70mm×厚さ17mm

●トミー ポケットメイトラインナップリスト