トミカ限定・マットビハイクル【83】

33年後に、帰ってきたトミカ!

Introduction of Japanese toys
Return of Ultraman MAT-VEHICLE

玩具レビュー83は、帰ってきたウルトラマン
に登場する、マットビハイクルです。
円谷プロ40周年記念限定発売されたトミカ
なので、2004年のトミカケースや、番号で
ラインナップはされず、少し専門的な店舗な
どで販売されました。

マットカーマットビハイクルは同じ!?

2001年にバンダイが、キャラウィ―ルから
発売したマットビハイクルを受けて、2004年
トミカも、赤ラインやMATマークを当時の
シール(封入シールを自分で貼る)から
タンポ印刷に変えて発売しました。

*タンポ印刷>用語辞典頁へ

なので、ミニカーとしての印象は違うモノと
言えるくらい違いますし、復刻版と言われる
事も解るのですが、コスモスポーツマット
ビハイクルを別のクルマのミニカーとする
ならば、当時の商品名は「ウルトラマン
マットカー」でしたので、復刻版と言うより
も、33年後に発売された新商品の%が強いと
思います。

マットビハイクルのベースは、マツダの
コスモスポーツで、トミカも同じく
1968年マツダ、コスモ・スポーツ
ミニカーから、1971年のテレビ放送開始後に
マットカーを発売しています。

なので、当時のマットカーの箱などの販売
ナンバーはNO.75番ですが、車体真下のには
COSMO SPORT NO.16と入っていました。

今回の2004年版マットビハイクルは限定なので
ナンバーは在りませんけども、ベース部分には
NO.16の後に*盛り埋めされ入れられたNO.45
ナンバーが刻まれていますので、ベースは昔の
トミカなのが解ります。*楕円が盛埋め部分。


2004年版を横から観ると、MATマークも難しい
表面に綺麗にタンポ印刷されています。
驚くのはフロントフェンダーにあるウインカー
にもオレンジが入れられています。
ホイールも、ミニカーマニアには10D系と言わ
れる小径ホイールが仕様されています。
これは当時とは異なりますが…どちらが良いか
は微妙なところです。
*マットビハイクルは劇中初期にはFフェンダー
ウインカーが丸型のも登場しています。


このミニカーで最も驚く箇所、前から観ると
マツダの当時のマークのエンブレムと、その
横にあるモスモスポーツの文字までが再現し
てあるのには脱帽です。

リアも、MAZDAの文字、赤線MATの文字
ブレーキ・ウインカーなどが再現されていて
このサイズでは言う事なしの仕上がりです。
*MAZDAの文字文字は凸モールド。


斜め後ろから観ると、リアウインドゥ上の
メッキフレームも再現されていて、何より
当時は、バンパー下は塗装されて無かった
のと、赤ラインのシールも前だけだったので
まったく違う印象です。

真上からみても、綺麗なマットビハイクルの
姿で、トランクのMAT文字も少し小さいですが
リアウイングの無い状態のマットビハイクル
を、見事に再現しています。


何より、この2004年版マットビハイクル
タンポ印刷と同様に、縁の下から輝かせている
のが、当時と同じベースを使用してるのに
まったく違う姿にしてる、前後の塗装です

前の部分の上ボディと下のベースの結合ライン
は、フロントバンパーの上側で当時はバンパー
の下は全部金属でした。

リアも同じくバンパーから下はベースと同じ
金属のままでしたけども、2004年は両バンパー
下をボディカラーで塗装して、フロントタイヤ
の前に塗装により境を作って(見せて)います。

箱は当時とは違う写真で、右下に40周年の文字
円谷プロのマークが入って居いて、ナンバー
は無く、ウルトラマンの文字も在りません。

版権モノでタンポ印刷を多用し、キャラウィ―ル
よりも安い500円で販売出来たのも、トミカが
元々コスモスポーツを、シッカリ2004年でも通じ
る造形で販売していたベースが在るからで、33年
経っても使える造形技術と、この価格で限定でも
販売してくれた事に感謝したい1台です。

■メーカー・MAKER トミー(TOMY)
■発売・Sales Year  2004年3月
■当時価格  500円+税
■登場作品 帰ってきたウルトラマン
■製品仕様 全長サイズ約7cm×3cm

●キャラウィールのマットビハイクル頁へ

/*Googleアドセンス*/