ガッツウイング1号(ポピ二カ)【319】

ntroduction of Japanese toys
GUTSWING・1(ULTRAMAN TIGA)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

今回の玩具レビュー319は、バンダイ
1999年に発売したウルトラマンティガに登場する
GUTSが使用する飛行メカ、ポピ二カ
ガッツウイング1号のレビューです。

ウルトラマンティガ
1996年9月7日~1997年8月30日全52話
毎日放送・円谷プロダクションが制作した特撮テレビドラマ作品

ウルトラマンシリーズとしては
ウルトラマン80から16年ものブランクを経て
登場した新しいウルトラマンです。

最も大きな特徴はCGによるタイプチェンジ
体のカラ―が変ると言うウルトラマン
カラーに応じて能力が異なる設定でした。

またV6長野博を主役に起用し、女性の隊長
高樹澪を起用するなどであったり、光の国
ウルトラマン、過去のウルトラマンとの
関係を絶った存在とし、過去のウルトラマン
助けに来る事が無い世界設定の作品で
以後、続編が作られる新たな起点になりました。

■作品ごとのスクランブルメカ

ウルトラマンティガは、急遽放送枠に入った
事から、特撮作品としては充分な準備期間
無かった為に、1話から数話の間は…

その準備が出来ていない様子を、そのまま作品
内の映像に活かしてしまっています。

最も解かりやすいのは、防衛隊GUTS装備
ヘルメットで、前に突き出た部分が完成して
無いので、ベースのヘルメットの部分
見えた状態で撮影しています。

また、ガッツウイング1号ライドメカ
戦闘機では無いので、信号弾しか装備してない
飛行機を対怪獣用高性能戦闘機改造すると
言う、作品全体のスクランブル発進
設定に活かしながら、準備して行った珍しいウルトラ作品です。

ガッツウイング1号をサイドから見ると
黄色いボディと言うのは、ウルトラマン
シリーズ
では、シルバーがベースか
が主だった事から、インパクトがあります。

コックピット部分は、現実には戦闘機
キャノピーのように球面の方が良いのですが
俳優が乗って芝居をする1分の1で作る部分
なので、球面のクリア素材が予算と時間が
かかる事と、照明の反射が外から撮影するので
難しい為に、平面の構成になっています。

機体形状的には、サイドからも面白い機体です。

1996年版は、機首のV字パーツのイエロー
かなり明るくボディの色の差があり全体も
黄色度が強いですが、1999年版では色差が
無くなり、ややオレンジに近い作中の
ガッツウイング1号になり、シールだった箇所が
塗装になるなど、ベストな状態になっています。

ガッツウイング1号を真後ろから見ると
推進的な噴射口が、主翼左右に在り
シルバーのメッキパーツになっています。

中央主翼の変形の為のがあるのは
玩具としては、仕方ない分部です。

尾翼の角度左右約45度くらいなのも解かるアングルです。

ガッツウイング1号を前から見ると
シンプルですが、シャープな印象の
メカで、イエローにブラックレッド
配分と配置も、バランスが良いので工事の機械には見えません。

ガッツウイング1号の真下は、機体
中央前よりセンターに1つと、その後方
左右に2つ計3つのコマがあり
走行出来るポピ二カの特調が在ります。

主翼他、ビジュアル的には裏側
割り切っていえ、走行玩具らしく
ネジ変形の為の形状になっています。

ガッツウイング1号は、主翼を後方に
畳んで結合させるスタンバイモード
変形させる事が出来ます。

少し主翼を引っ張ってひねるなどの
コツがいりますが、難しい合体変形よりは簡単です(^^:

ガッツウイング1号は、主翼を前方向の
左右に立てる事で、ハイパーモードにも
変形させる事が可能です。

スタンバイモードよりも、やや難しい
変形ですが、外側に主翼上部が来るように
意識すれば、そう難しく無く出来ます。

ガッツウイング1号には、交換パーツ
付属しています。

左がマニュピレーターノーズ
右がビームガンノーズです。

ガッツウイング1号の通常のノーズを外し
マニュピレーターノーズ装着する事が出来ます。

ガッツウイング1号の通常ノーズを外し
ビームガンノーズ装着する事が出来ます。

ガッツウイング1号の箱は、GUTSマーク
左上にかなり大きく印刷され、ティガは右に
小さめに印刷されています。

左下にポピ二カ文字が入っていて
ガッツウイング1号は、作中の写真では無く
玩具の写真を使用しています。

22年以上超えてもメンテナンスの御蔭で
ガッツウイング1号綺麗元気に保っています。

1996版は箱の左下に番号(NO)があります。

2021年も、ウルトラマンティガ
25周年記念して、再放送と共に人気の
ガッツウイング1号 2号少数ですが
DX版として2月販売されています。

DXガッツウイング1号
GUTSビークル(2021版)
BANDAI
詳しく見る。
DXガッツウイング2号
GUTSビークル(2021版)
BANDAI
詳しく見る。

ポピ二カ・ガッツウイング ラインナップ

ガッツウイング1号(イエロー)NO.01

ガッツウイング2号(ブラックイエロー)NO.2

ガッツウイングゼロ(シルバー

ガッツウイングブルートルネード(ブルー)NO.9

ガッツウイングクリソムドラゴン(レッド)NO.10

ガッツウイングEX-J (ブラック)NO.11

ガッツウイング2号(ポピ二カ)【349】

■ガッツウイング1号 データ

全長 14m

最高速度
マッハ5.5(空中)
マッハ49(宇宙空間)

乗員 2名

●武器・装備

ビーム砲(ニードル)、ナパーム弾
ミサイル(ヒート)、ブラスター
アルミジャマー、高周波ジェネレーター
消火弾、狭角ミサイル(未使用)
水中機雷、三連装空対地機関砲ポッド
レーザー、液体窒素ビーム
液体窒素弾、スーパーウェーブ透視装置
探照灯、牽引ワイヤー、中和弾、徹甲弾 ・他

デザインモチーフ・イカ

マシン シャーロック・キャラウィール【64】

■製造メーカー・MAKER 株式会社バンダイ
■発売・Sales Year  1999年 元・1996年 
■当時価格  1980円
■製品仕様  全長サイズ約12.5cm×19cm 


DX GUTSビークル ガッツウイング1号
BANDAI
ASIN B08P3YJCJ9
詳しく見る。