ウルトラホーク1号・バンダイ【489】

Introduction of Japanese toys

Ultra Hawk .1(Ultra Seven)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー489は、バンダイ1997年
発売した超メカギャラリー01
ウルトラセブンウルトラ警備隊
主力メカウルトラホーク1号のレビューです。

 

ウルトラセブン 1967年10月1日~
1968年9月8日
 TBS系で放送された
円谷プロ製作の空想特撮シリーズです。

ウルトラマンとは異なる侵略をテーマにした
SF色の濃い内容で、今でも多くのファンがいる
名作で、その後ウルトラ兄弟の設定が追加され
ウルトラマンシリーズの1本とされていますが
放送当時は、独立した作品なのでウルトラマン
助けにくるなどの枠を超えた交流は描かれていません。

 

超メカギャラリー

ウルトラセブン放送から30年後
まだ新商品が出る事が驚異的ですが

ウルトラセブンの復活の声が高まり
ますが、1999年までセブンの権利
海外に在った為に、ついに新作が
1994年3月に60分番組の単発で放送
ビデオ撮影作品ながらも、好評だった為に

翌年1994年10月に再び日本テレビ
60分番組として単発で復活

そしてついに1996年に再び復活した
ウルトラマンティガで、完全に再燃
したウルトラマンは

ウルトラセブン映像ソフト
シリーズ化を計画1998年6月から8月に
バップのオリジナルビデオとして
ウルトラセブン誕生30周年記念3部作
発売、これも好評で

ウルトラセブン1999最終章6部作
1999年7月から12月に倍の6作を発売

2002年5月から9月
ウルトラセブン誕生35周年EVOLUTION
5部作
発売

平成ウルトラセブンと、これらは呼ばれ
続編が誕生する流れんも中で

1997年バンダイが超メカの第1弾
として発売したのが今回のウルトラホーク1号です。

■謎すぎるウルトラホークのサイズ

ウルトラホーク1号の全長の設定
42mです。

ウルトラホーク2号の全長の設定
64m です。

ウルトラホーク3号の全長の設定
19.5mです。

ホーク3号を基準にすると、約2倍
ホーク1号で、3倍ホーク2号です。

ですが、作中の画面では1号と2号
1号と3号が、1つのフレームで飛行
すると、略同じサイズだったりします(^^:

更にマグマライザーの全長の設定
24mと、輸送する3号よりも大きい
と言う謎すぎるサイズ設定です…

これは一刻も早く修正した方が
いいと思います(^^:

ウルトラホーク1号を横から見ると
直線的なスタイルが最も綺麗に
見えるアングルです。

厳密には作中には*複数のプロップ
登場するので、各部の角度や長さ
などが異なるので、微妙なイメージ
とのがある方もいると思います。

ウルトラホーク・1号研究室 
光跡・Qちゃん直リンク許可済

ウルトラホーク1号を前から見ると
当時としては、かなり驚く形状の
再現度で、α号上部が水平で
コックピットは、α号β号共に良く出来ています。

ウルトラホーク1号を上から
見ると、α号β号γ号
分離からすると、まとまった綺麗なラインです。

本来は、もう少し上から見て
六角セブンの目の形のような
形状が浮かぶくらいの横幅
あるのが特徴なのですが
時代的にも、少しシャープ
ホーク1号に仕上がっています。

デザイナーの成田氏が、*トンボ
のような羽根飛行機にしたく
ないという意図がハッキリ見えます。

*セスナやジャンボジェットの
ようなボディから翼が横に生えた
ような形状を嫌い、小型ビートル
や、ホーク3号にも拘りの翼をデザインした。

ウルトラホーク1号を斜め後方
から見ると、ラインが綺麗で
垂直尾翼噴射口などが迫力を出しています。

ウルトラホーク1号を後ろから
見ると、α号の左右の尾翼の
角度も様々なのと、γ号
厚みも異なるので、厚み
欠ける印象を持つ方もいるかもしれません。

ウルトラホーク1号β号
分離した状態です。

β号の凸部分をγ号の凹部分
にハメる事で合体出来ます。

基本的にはディスプレイ用
なので、子供が持って振り回す
と直ぐに3機が分離します(^^:

ウルトラホーク1号を、3機
分離した状態です。

この状態が、1番この玩具
関心するところで、3機共に
素晴らしいフォルムになっています。

特にβ号の長さやサイズ
小さくなりがちですが長さ
を出すのに成功しています。

γ号の裏側の内側の左右に
左の翼側に(C)円谷プロと入り

右側の翼側にB.CHINA

刻印が入っています。

ウルトラセブンの文字は無く
他の機体にも、刻印は在りません。

ウルトラホーク1号は、クリア
ケース
に入り、外側に紙の箱
付けて販売されました。

紙の箱は上と側面(前)が
空いていて中が見えます。

ホーク1号は、斜めにも入りますが
裏側土台を廻すと
真っすぐでも収まります。

またケースから出して飾れる
台座がケースの裏に付いて
いますが…1度も使った事はありません(^^:

25年以上経っていますが
かんたんなメンテナンスの御蔭で
ウルトラホーク1号も紙の箱も元気綺麗です。

残念ながら01、02の2種でしたが
今では、5倍以上プレミアが付き
再版の声も上がる玩具です。

超メカギャラリー

01 ウルトラホーク1号  1997年  3500円 
02 ジェットビートル   1997年  3500円 

ウルトラホーク1号・スペック

型式名 TDF UH001

全長・42メートル
全幅・20メートル

最大速度 マッハ4

重量 74t

垂直離着陸機能

乗員6名

機体

中央胴体部α号 (UH001-1)
ダブルデルタ翼前部のβ号 (UH001-2)
後部のγ号 (UH001-3)

武器
対地、対空兼用レーザー
対地、対空兼用ミサイル

オプション
ロケットランチャー
特殊噴霧装置
投下式磁力吸着爆弾
マグネチックセブン
ホルバスターミサイル
冷凍弾
大型ミサイル

デザイン・成田亨


■メーカー・バンダイ(BANDAI)
■発売・Sales Year 1997年12月
■当時価格 3500円  
■登場作品 ウルトラセブン(1967年)
■製品仕様 全長サイズ 約18cm

メカコレクション ウルトラホーク1号
ウルトラマンシリーズ NO.02
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
詳しく見る。