鉄人28号 バンダイ・ソフビ【51】

ソフト鉄人の決定版!

 Introduction of Japanese toys
IRON MAN No.28

ホビービルドプラス宇宙九太です。
玩具レビュー49は、1990年に発売された
バンダイのスーパーロボット大作戦XX-08
鉄人28号です。

スーパーロボット大作戦は、前レビューの
マジンガーZゲッターロボなどのライン
ナップの8番目のロボットとして発売され
ました。1980年代後半にアンティークトイ
のムーブメントが起きる中の牽引的役割を
担っていたレトロなロボットです。

小メーカーから、レトロ風な新商品や再販
と、言うるような玩具が出され、バンダイ
からも、マジンガーZからは年代が遡ります
けども発売されたのが、今回の鉄人28号
ソフビです。

その2年後には、新作アニメ番組が製作され
超電動ロボ 鉄人28号FX1992年日本テレビ系
が放送、その中に初代・鉄人28号として
登場し復活、ゲームやTVCM、などに展開し
20世紀フォックス社「The Gigantor」
言うタイトルで実写映画化権を取得したり
神戸にも巨大モニュメントが出来るなど
人気と話題が絶えない、異例なな魅力を持つ
スーパーロボットです。
*鉄人28号・マンガ1956年~アニメ1963年~
It is an animation work of Japan in 1963.

 シンプルに徹した3D化の魅力!


スーパーロボット大作戦の鉄人28号は、原作
に忠実に、シンプルな造形でマジンガーZ
ようなスジ彫りなどは追加されていないのは
とても好感が持てます。

後ろもシンプルで、背負ったロケットは少し
大きくも感じますが、年代的に均一的に描か
れていないので範囲だと思います。

刻印ベルトの下の腰に小さく入って居て
殆ど目立ちません。


腕はボディとの接合部と、手首が可動します
面白いのは、肘から拳に向かって少し大きく
見えるようなディフォルメが、施されていて
それが鉄人にマッチしています。

足も、同じくボディとの接合部と足首が可動
します。 ただ其れだけなのですが、ボディ
の形状と接合角度が斜めなので、かなり自由
なポージングが出来て、いろいろな表情を
ソフビに齎してくれます。

足の裏には刻印も無く、追加的なモールドも
まったく在りません。

おそらく組み立て上の目安になる為の小さな
▲と■のモールドが、よく見ると踵の方の
底に着けてあります。

発売後の展開の為や、スジ彫りなどを追加せず
シンプルに製造された、鉄人28号は同・鉄人での
大手から発売された玩具では、最も良い造形で
今ではスーパーロボット大作戦シリーズの中で
最も高額プレミアな1品になっています。

鉄人28号 

身長
(アニメ)10.2メートル 
(原作)2.5メートル~*一定していません。

体重(重量)31t

素材・特殊鉄鋼

操縦・小型操縦器リモコン 電波

弱点・電波遮断、乱れ、雷など電波妨害
   太陽黒点異常によるデリンジャー現象

製造場所・日本帝国乗鞍岳極秘研究所*

製作・金田博士8金田正太郎の父)戦後1955年秋完成。
*2種の開発歴があり、もう一方は敷島博士たち技術者が製作。

■メーカー・MAKER バンダイ
■発売・Sales Year 1990年
■定価 1500円
■登場作品 鉄人28号
■製品仕様 ソフビ 全高・約20.5mm

●スーパーロボット大作戦・ラインナップリストへ
Amazonで関連商品を詳しく見る。↓