ゲッターロボ・ゲッター1 バンダイ【4】

スタイル重視の合体・変形ロボの魅力!

Introduction of Japanese toys
GetterRobot(Getter1)
玩具レビュー04は、マジンガーシリーズ
と同じ1990年に発売されたバンダイの
ソフビ、ゲッター1です。
1974年4月4日木曜夜7時に放送された
東映動画のアニメゲッターロボ(Getter
Robot)に登場します。
It is a Japanese animation program of 1974.
GetterRobot

合体・変形ロボットアニメの元祖と言われる
作品で、イーグル号ジャガー号ベアー号
3機のゲットマシンが、合体変形する事で
3種のスーパーロボットに変わるのが
最大の特徴で、今回はその中心的な存在の
ゲッター1です。
3機のメカが合体するロボットは
ウルトラセブンのキングジョーが在りま
したが、1種のロボットになるだけなので
この3種に合体変形するアイディアは
子供達に驚きと感動を与え、後の巨大ロボ
にも影響を与えました。

このソフビも、マジンガーシリーズと同じ
時期的に、ゲーム「スーパーロボット大戦」
のシリーズのヒットで、アーケードゲームの
景品やカプセルトイ、グッズなどが発売され
他のスパロボと共に様々な商品が発売される
中で、スーパーロボット大作戦にも
ランナップされています。

箱に記載されているXX-05と言うだけ
あって、XX-1~4の要素を取り入れた
ソフビフィギュアです。

頭部は、グレンダイザーの頭部と同じく
硬いソフビ(PVC)なので、とても角も
硬く、マジンガーZのような形状の耳も
かなり細くてシャープな造りです。
頭部は整形色がなので、それ以外が
塗装されたカラ―です。

ボディは黒いベルト上までは赤い整形色
銀やが塗装です。
黒いベルトの下は黄色の整形色で、黒ベルト
が塗装です。

腕は赤い整形色で銀が吹き塗装です。
同じ赤なのですが、手首から先(拳)が
別パーツで、グレンダイザーのように
手首が可動する進歩が観て取れます。
ただ逆に腕に付いているギザギザの向きは
肘が固定の為に、手首との関係性が無く
なってしまっています。

足は銀色の整形色は、まだ技術的に
無理なので*包み塗装で赤いライン
吹き塗装です。
*包み塗装・用語辞典のページへ
残念なのは、背面の塗装も同シリーズは
頑張って居ましたが、足の後ろ側の赤ライン
は、未塗装になっている事です。
ですが、フォルムを重視して足長な造形に
チャレンジしている点など、多くの箇所で
前向きな作りになっているので
仕方ないところかもしれません。

足首から下は別パーツで、赤い整形色
ままです。
あしの裏のジェット噴射は1つずつですが
グレートマジンガーより深くなっています。
刻印は背中ですが、マジンガーZのように
銀部分では無くて赤い部分の下と、黄色い
(パンツ)の上側に刻印が入って居ます。

ささきいさおの歌う主題歌は
今もアニソンで歌われる人気で
フィギュアも、完全変形に挑むモノが
改良を重ねて販売され続けている
特異な存在のスーパーロボット
このソフビも、今の流れのブリッジに
なった1体です。

■メーカー・MAKER バンダイ、BANDAI
■発売・Sales Year 1990年
■定価 1500円
■登場作品 ゲッターロボ(Getter Robot)
■製品仕様 ソフビ 全高・約205mm

●スーパーロボット大作戦・ラインナップリストへ


/*Googleアドセンス*/