エポック・手塚治虫のSF未来世界【293】

Introduction of Japanese toys
Tezuka Osamu Game NO.17

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー293は、エポック社から
1977年~に発売された折り畳み式の
ミニボードゲームまんがゲームシリーズ
のラインナップ、NO.17
手塚治虫のSF未来世界ゲームについてのレビューです。

エポック社 まんがゲームシリーズ

1977年~1981年に、人気まんが家
考えたと言う売りのミニボードゲーム

まんがの人気キャラクター」が版権元の
出版社との使用料で合う場合はキャラ名
キャラの画が使用されていますが

金額的に難しい場合は、まんが家のみ
だったり「らしいキャラ」で構成されたゲームです。

基本的には左上にあるミニルーレット
転回するゲームで、ボードが2つ折になり
中にコマなどが収納できて、BOOK型として
本棚に仕舞えると言うキャッチコピーです。

 

まんがゲームまんがゲーム

まんがゲームは、今でも企画は画期的に
思えるゲームでしたが、大半の子供
まんがゲームでは無くて
まんが家ゲーム」と呼んでいました。

ゲームの内容は様々ですが、ゲーム自体は
ボードゲームで、「まんが」のゲームでは
無くて、人気のまんが家が考えたと言う
コンセプトが売りなゲームで、実質的にも
まんが家ゲームだったので、今でも
まんが家ゲームとか、まんが家ゲームと言う言い方がされます。

まんがのキャラ・アトムは居ない。

まんがキャラクターも、予算的に
使用できる場合と、出来て無い場合が
あって、まんがのキャラが使用されてないと
更に、まんが家ゲームな訳です(^^:

NO.1の矢口高雄の釣りゲーム
釣りキチ三平なので、解りますが
NO.2の横山光輝の競馬ゲームなどは
鉄人28号や、三国志では無く
当時の横山光輝さんの競馬馬の話題から
ゲーム化だったりして、なかなか
人気が高いまんが家キャラ程使えない形になっていました。

NO.6のちばてつやの野球ゲーム
今からすると、あしたのジョー
ボクシングゲームなら解ると思いますが
「ちかいの魔球」を連想できる人が少ないと思います。

手塚治虫でも、SFなのに鉄腕アトム
居ないで、マグマ大使でも無く
魔神ガロンが使われていますし
0マンや、未来人カオスなどが使用されています。

ゲーム内容との関連も難しい部分と
ゲームウオッチスペースインベーダー
のブーム、ファミコンの登場で
後半はリリース時期が長く間が空き
キャラを投入して行きますが
NO.27終了してしまいます。

エポック社 まんがゲーム ラインナップリスト

手塚治虫のSF未来世界ゲーム
パッケージは、SF・・・では
無いですが、当時の手塚治虫
漫画で1番人気ブラック・ジャック
メインにしています。

ただ、当時でも手塚治虫先生
別格で、「手塚治虫」と言う
ネームが、ブランドだったので
このゲームを買った人は
タイトルのSF未来世界ゲームではなく
「手塚治虫の~」で買っている方が大半だと思います。

手塚治虫のSF未来世界ゲーム

箱から出すと、半分から開くと
ボードが展開し、ファンには
手塚キャラが、配置されている
楽しいボードになっています。

ルーレットの右が、魔神ガロン
その右が、未来人カオス
右上の角がW3(ワンダースリー)
で、SFの作品を並べています。

中央左は、ブラックジャック
ピノコ、右側にどろろ百鬼丸

左下はバンパイヤだと思います?(^^:
センターが三つ目が通るで、写楽
ヒゲオヤジの顔が見えます。

右下は0マンリッキー
四つ角(ルーレットは避けて)黄色
ポジションが在ります。

手塚治虫のSF未来世界ゲーム
4色のコマ(プレーヤー)です。

厚紙のキャラを上から挟んでいる
だけですが、厚紙部分を持っても外れはしません。

プレーヤー4名まで在って
4色に色分けされています。

丸いカードは、6名キャラ
百鬼丸ピノコブラックジャック
カオスどろろ写楽で、見方に選ぶ事が出来ます。

手塚治虫のSF未来世界ゲーム
見方を選ぶ「見方指令カード」です。

表側は手塚治虫先生のキャラで統一されています。

上は、ボードのSFゾーンに入ると使う
SFゾーンカードです。

ヒョウタンツギ1回休み
ショックですが、オムカエデゴンス
出ると、スタートに戻る絶望的
カードになっていました。

キャラまんが連載期間

0マン 1959年~1960年(週刊少年サンデー)

三つ目がとおる 1974年~1978年(週刊少年マガジン)

ブラック・ジャック 1973年 ~1983年(週刊少年チャンピオン)

未来人カオス 1978年~1979年(少年マガジン)

魔神ガロン 1959年~1962年(冒険王)

どろろ 1967年~ら1968年(週刊少年サンデー)

バンパイヤ 1966年~1967年(週刊少年サンデー)

W3ワンダースリー 1965年~1966年(週刊少年マガジン・ 週刊少年サンデー)

■メーカー・発売元 エポック社
■発売・Sales Year 1978年~
■当時価格 700円
■製品仕様 約・縦255mm×横140mm×厚さ35mm


手塚治虫作品フィギュア
生誕90周年記念 PVC製
ASIN : B07Z7YFJW2
詳しく見る。