ブルマァク・復刻ミニ・テレスドン【128】

Introduction of Japanese toys
TERRESDON(Ultra man)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー128は、ウルトラマンの22話に
登場する地底怪獣テレスドン
ブルマァク・ミニソフビ(復刻)レビューです。

ウルトラマンは、1966年7月17日
1967年4月9日に、TBS系で放送された
円谷プロ製作の空想特撮シリーズです。

説明の必要が無い程、有名な日本を代表する
巨大特撮ヒーローです。

このテレスドンは、当時の金型で復刻した
復刻ブルマァクミニ怪獣シリーズGセットの1体で
オレンジの成型色です。

テレスドンは元のカラーは茶色系のボディで
なので、ブルマァク時期の販売では、同じく
茶色の単色で販売されていました。

このオレンジメタリックブルーのカラ―は
同じテレスドンのスタンダードの配色カラーで
それを意識して、ミニサイズで使用しています。

当時はボディは茶色のみで、歯がシルバー
目(目玉)に黒が入って居ました。

腕は完全固定のバンザイポーズなので
なんかモールド的に動きそうですが、動きません。

クチの中の歯は復刻は未塗装で、胸~腹部に
メタリックブルーを吹いていて、目(目玉)は
当時と同じく黒目が入って居ます。
*ウルトラマンに登場する作中のテレスドンは
目はブルー

サイドから見ると、背中の下方に伸びてる
トゲは背中に一体化して溶け込んでいますので
よく見ないと解りませんが…あります。

尻尾もボディ側に寄せつつ長さをカバーする
ように右側に曲げています。

腰は関着になっているので、360度回転出来ます。

背中から見ると、尻尾曲がりが解く解ります。

真っすぐにせずに、長さを取った感じですが
表情が出て居て、良い意味でミニサイズらしく
ありません。

また、肩の部分の盛り上がりなどは
スーツのテレスドンの感じを良く
再現しているのが、後ろから見るとよく解ります。

足の裏には、右足は(C)円谷プロの文字が入り
左はブルマァクの刻印が入って居ます。
キャラクター名のテレスドン
どこにも入っていません。

テレスドンは、腰での2パーツで関着なので
360度回すことが出来てしまいます。

ボディのパターンからは、腹部のメタリック
ブルー
が無いと、どっちに回しても…
あまり見た目の違いが少ない怪獣です(^^:

ミニソフビとは?

当時は単品で100円で、子供がおこずかいで買える
設定で販売されていたソフビで
今の価値だと感覚的にも、200円くらいの玩具でした。

玩具店やデパートにも売ってましたが、駄菓子屋や
当時は、駅の売店などにも玩具が今よりも沢山
売っている時代だったので、売店などでも
販売されていました。

近年のガチャガチャや食玩の方が、造形も
カラーバリエーションも多いですけども
それらの小玩具の先祖のような存在で

その造形や、元の色だと殆ど茶色ばかりになる
怪獣にも、大胆なピンクなどの原色を使い
販売した味のある商品でした。

地底怪獣・テレスドン

身長・60メートル
体重・12万トン

出身・地底(4万メートル)

武器・口から吐く強力な火炎

デザイン・成田亨

スーツアクター・鈴木邦夫

第22話「地上破壊工作」
(1966年12月11日放送)登場。

 

■メーカー・ブルマァク
■発売元 円谷コミュニケーションズ(現・円谷ドリームファクトリー)
■協力  鐏(いしずき)三郎
■発売・Sales Year 復刻・2002年2月Gセット 
■当時価格 セット販売~単品7500円
■登場作品 ウルトラマン
■製品仕様 全長サイズ約9.5cm