メカゴジラ・東宝怪獣シリーズ【129】

Introduction of Japanese toys
MechaGodzilla

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー129は、東宝特撮映画に
登場するロボット怪獣・メカゴジラ
ブルマァク・ソフビ(復刻)のレビューです。

メカゴジラは、1974年3月21日に公開された
ゴジラ対メカゴジラに登場したロボット怪獣で
東宝製作の作品です。

その後

メカゴジラの逆襲(1975年)のメカゴジラは
メカゴジラⅡという、一応違う個体です。

また
ゴジラvsメカゴジラ(1993年)
ゴジラ×メカゴジラ(2002年)
ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS(2003年)
GODZILLA 怪獣惑星(2017年)
GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年)

に、登場するメカゴジラは名称はメカゴジラですが
固体デザイン的に異なるモノです。

ハイスペックソフビ・メカゴジラ

このメカゴジラは、当時のブルマァクの金型で復刻した
ブルマァク復刻版 東宝怪獣シリーズの1体で
当時のオリジナルは、グレーの成型色ブラックを吹いて
金属ぽく見せて、何故か?グリーンメタリック
頭部から下半身の股間まで吹いていました。

コレも、当時の資料の少なさと「怪獣」だけなど
本来の人間や解るカラーが、一緒に映っていない場合は
現像時に、補正カラーの基準が無い為にグリーン
強いままの写真を出していたりする事が原因だと思われます。

メカゴジラが発売された、1974年ゴジラのソフビが発売
された1966年から8年も経っているのと、ソフビ怪獣の
創世記からの進化は凄く、まったく別のシーリズと思う
くらいのハイスペックなディティールで販売しています。

このメカゴジラは、当時販売されたメカゴジラよりも
映像に近いカラ―で仕上げられていますが
メカゴジラは略シルバーの単色のカラ―ですけども

ブルマァクらしい?感じに、ブルーメタリック
ゴールドが吹かれています。

造型的には、今でも驚くくらいよく出来たソフビで
小さなモールドまで、複雑な造形が効いている1体で

リベットや複雑な凹凸の再現、メカゴジラとしての
スーツの味も取り入れて居ます。

*メカゴジラは、背中からスーツアクターが入るのでは
無くて、腰の部分から上が外れて被るように中に入って
演技する特異なスーツでした。

不思議なのは、メカゴジラの目は黄色の発光なので
金色を使用しているならば、それで目を吹けばよかった
のではと思います。

逆に、当時のメカゴジラは目だけは、作中と同じく
黄色が吹かれていました。*クチの中もでした。

因みに、作中のメカゴジラの歯は透明の樹脂で
造られていますが、銀が透過しているのでシルバーに
しか見えませんが、よ~く見ると今のデジタル画像なら
解るカットがあります。

サイドから見ると、ややメカゴジラのボディが前後には
細身なのが解ります。

ただ、当時の技術というかソフビの味付けとして
肘を少し曲げて、膝も少し曲げているのは
ロボットですが、生命感を与えている*マルサンからの
技とも言えると思います。*ブルマァクの前身

尻尾は少し短いですけどもディテールは、よく出来ていて
背ビレにも、アクセントでブルーメタリックを吹いている
のはソフビらしい感じが出て居ます。

ただ、設定的にはメカゴジラブラックホール第3惑星人
ロボットなので「MG」と文字を造形してしまってるのが
今の間隔からするとスゴイですが・・・

そもそも、ブラックホール第3惑星人と言う宇宙人名の
方も、突っ込みどころ満載のネーミングです(^^:

後方から見ると、前よりはボディのボリュウムが無い印象で
背ビレのブルーメタリックが、多過ぎる感じがします。

アメリカで大絶賛のメカゴジラの技!

メカゴジラのソフビは、作中と同じ首が360度廻り
腕は肩のみ可動します。

足も股関節が可動しますが、肘と膝の角度の御蔭で
豊かなポージングが可能です。

アメリカでは、挟み撃ちに合うメカゴジラ
首を真後ろに向いて対抗するシーンは、大いに受けた
アイディアで、アメリカのゴジラファンがメカゴジラ
フィギュアで遊ぶお約束ポーズになっています。

メカゴジラの足の造形も複雑なのに、よく造形していて
上手くソフビらしく略していて見事です。
カラ―的にも、足にはブルーメタリックは無く
足首から下には、シルバーも吹いて居ません。

これは、人形によく使う目線を上に向ける手法と
塗装の予算的な節約だと思います。

足の裏(下)には、右足にが凹モールドで(C)東宝が入り
ブルマァクの刻印があり、

左足には見え難いかもですが「メカゴジラ」
縦(前後)にカタカナが掘ってあります。

足底からのロケット噴射で飛行できますが・・・
当時のソフビの足の裏はお決まりの版権記載場所でした。

上の画像は裏のバーコードが、必需品だった為に
復刻時につけられた紙製のタグです。
デザインは、全ての東宝怪獣は同じ絵柄で
ゴム紐でソフビに付けられていました。

メカゴジラ

身長:50メートル
体重:4万トン

ブラックホール第3惑星人・地球侵略用兵器 

素材・ スペースチタニウム

●武器装備

スペースビーム・目から出す光線。
デストファイヤー・鼻の穴からだす火炎放射
フィンガーミサイル・指から出すミサイル
クロスアタックビーム・胸部装甲が開いて出す高電圧破壊光線
足底ロケット噴射で飛行可能
ホーミューショット・ 膝に装備されたミサイル
ハイプレッシャーホーミング・足指のミサイル
口部ミサイル・口に装備されたミサイル
鼻部ミサイル・鼻に装備されたミサイル

ディフェンスネオバリヤー・頭部を回転し周囲に円筒形バリヤーを作る。

スーツアクター・森一成
デザイン・井口昭彦

■メーカー・バンダイ(オリジナル・ブルマァク)
■発売元 バンダイ
■発売・Sales Year 復刻・1992年1月 元・1974年
■当時価格 2.500円
■登場作品 ゴジラ対メカゴジラ(1974年)
■製品仕様 全長サイズ 約22㎝