//グーグルアドセンスコード デハ301 銚子電鉄車輌をトミーテックが模型化したレビューです。

デハ301 トミーテック・銚子電鉄【24】

銚子電鉄レトロモダン電車の魅力!

Introduction of Japanese toys
TOMYTEC N・GAGE Choshi301
玩具レビュー024は、ぬれせんべいでも
御なじみの銚子電気鉄道デハ301
TOMYTECトミーテック
鉄道コレクションのNゲージサイズ
発売した模型です。

デハ301は、元は日本国有鉄道の車輌の
モハ115で、現JR鶴見線の前身である
鶴見臨港鉄道から買い取って、銚子電鉄に
入線してきました。

デハ301が銚子に、やってきた理由は
1945年、戦争による空襲でダメージを受け
約1年掛けて電車運転を再開、モハ115
出力半分以下に落として、制御器を
旧式の直接制御にと言うダウン改造を
施しても、輸送量激増に対応する為に
なんとか走らせ始めたのが最初でした。

デハ301が、この塗装になったのは屋根の
集電装置が、*トローリーポールから
*ヒューゲルに変更され、やっと模型でも
上に乗っているパンタグラフに交換された
1991年に、塗装も模型のカラ―に塗り替え
てもらい、デハ501と御揃いのカラ―に
なりました。

*トローリーポール・棒の先の滑車で
集電するタイプ。
*ヒューゲル・都電に多く見られた形で
形から布団叩きとも呼ばれました。

前から観るとシンプルな外観ですが
ヘッドマークを装着して走って居た時期も
あり、屋根のヘッドライトも片側は旧塗装の
ままで、ではなくクリーム色だった事も
あります。

また、晩年にはパンタグラフの後に
架線点検用の足場が設置されていました。

12m級のデハ501と20m級デハ301を
サイドから観ると、カラーリングの為も
ありますが、親子のような、兄弟のように
も見えます。

台車はD-16型で、旧塗装時はBW78-25A型
でした。

ディスプレイ模型からの変更!


このトミーテックのデハ301を、Nゲージの
線路で走行させようとする場合は、動力
ユニット(別売り)を、装着する事が
必要で、同・トミーテックの
鉄道コレクション・Nゲージ動力ユニット
型番TM-08<20m級>が用意されています。

*参考価格3,400円(税抜)
パンタグラフは、交換しなくても走行は
可能ですが、付属してるのはダミー的な
モノなので、余裕が在れば交換して
あげたいパーツです。

車体に付属のカプラーもダミーなので
2輌連結させるには、交換が必要です。

パッケージは2台セットで、商品が
ウインドで見える箱売りでした。
上がデハ301、下がデハ501です。

■メーカー・MAKER トミーテック
(鉄道コレクション)デハ501 2両セット
■実車輌  銚子電気鉄道 デハ301
■製品仕様サイズ Nゲージ
■価 格 1,800円(税抜)
■発 売・Sales Year  2008年3月