デハ501 トミーテック・銚子電鉄【23】

小さなレトロモダン電車の魅力!
Introduction of Japanese toys
TOMYTEC N・GAGE Choshi501

ホビービルドプラスの宇宙九太です。
玩具レビュー23は、*銚子電気鉄道
デハ501を、TOMYTEC(トミーテック)
鉄道コレクションで、Nゲージサイズで
発売した模型です。*千葉県の私鉄。

デハ501は、元は上田丸子電鉄
現在の上田電鉄で、1949年~
使用されていた車輌で、1972年
埼玉県の所沢に在る西武所沢車両工場
で、改造して1973年銚子電気鉄道
引き渡され走る事になりました。

入線当初はアイボリーに窓回りと雨樋が
朱色という塗色でしたが、西武赤電色
似たベージュとローズピンクに塗り替え
1990年まで銚子電気鉄道の標準色として
走りました。

サイドから観ると、全長12mと短く
小さい可愛い車輌なのが際立ちます。
ですが、見た目に反して4個もの
モーターを装備していた為、電力消費が
多く、予備車扱いになって走行状態を
観る事が少なくなりました。晩年は
笠上黒生駅外川駅構内などに留置され
鉄道ファンや地元の方に愛されていました。

ですが、1999年に廃車が決まってしまい
銚子電気鉄道の線路からは姿を消します。
台車は弓形イコライザのNT-28B
主電動機は芝浦SE-131-Eで出力が45kw
と、ある意味贅沢な仕様でした。

前から観ると、レトロ感があります。
パンタグラフは外川寄り(南方面)に
付いていて、貫通形(センターに扉が在る)
なのも外川寄りでした。
パンタグラフはPS13型でした。

1999年の廃車以降も、可愛い車輌は人気で
犬吠の駅で車体の3分の1をカットした
3分の2(外川寄り)だけを、駅舎に接続し
直営のレストランとして活用し、その後も
NPOが運営する喫茶店として、使用して
いましたが、老朽化から休業状態に入り
外から観るだけの存在としてありましたが
2012年7月解体処分され、姿を消して
しまいました。

このトミーテックデハ501を、Nゲージの
線路で走行させようとする場合は、動力
ユニット(別売り)を、装着する事が
必要で、同・トミーテックから出ている
鉄道コレクション・Nゲージ動力ユニット
型番TM-03<12m級A>が用意されています。
*参考価格2,700円(税抜)
また台車部分も、3種付属しているので
弓型を選択する事で、実際のデハ501
近ずける事が可能です。
パンタグラフは、交換しなくても走行は
可能ですが、余裕が在れば交換して
あげたいパーツです。

■メーカー トミーテック
(鉄道コレクション)デハ301と2両セット
■実車輌  銚子電気鉄道 デハ501
■製品仕様サイズ Nゲージ
■価 格 1,800円(税抜)
■発 売  2008年3月