チョロQ・マツダロードスター【190】

Japanese car deformed toy
MAZUDA Roadster (NB)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

今回の玩具レビュー190は、
タカラのチョロQ・HG、NO.03
マツダロードスター」のレビューです。

チョロQとは、タカラのディフォルメした
*クルマが、プルバック動力で走るミニカーです。
*主にクルマですがクルマ以外のモノもトミカ同様に少数ですが商品化していました。

チョロQはタカラ(タカラトミー)で販売されていた
シリーズの展開を、残念ながら2009年販売終了しました。
その後は、外観はチョロQに近いリモコン付きの玩具が
チョロQZeroとして関連会社のトミーテックから販売されています。

チョロQ・HGとは?

チョロQ・HGは、1987年から
さらにリアル感を増した塗装や
マークなどを施した使用のチョロQを
HG」とネーミングしています。

2代目1代目ロードスター

今回のマツダロードスターは、NBと言われ
初代はNA、3代目はNC、4代目はNDと言う
A.B.C.Dと代目を区分して言われます。

ただ、初代はユーノスロードスターなので
エンブレムも、マツダでは無く名称が異なります。

ユーノスは、初代の頃の販売ブランドで
2代目の時には無くなって居るだけで
同じマツダなのですが、車名としては
今回のNBは、初代マツダロードスターでもあります。

その為、何代目と言う数字よりも
NA、NB、と言う言い方が一般のクルマ好きでも使用されます。

サイドから見ると、HGの特徴の
メッキホイールが輝いていますが
ロードスターには・・・
あまりマッチしていません(^^:

チョロQのNAユーノス
可動ギミックユニットが在るので
オープンでは無く、ハードトップを
着けた形状でしたが、NBは何とか
工夫してオープンカーの形体で出したのは素晴らしいです。

リアのタイヤハウス廻りなども
グレードアップしてるのは解りますが
ブレーキランプなどに色が無いのは
やや寂しい気がします。

後ろから見ると、プレートには
MAZUDA ROADSTERと全て横文字です。

ヘッドライトユニット
フロントウィンドと同じ
ブラッククリアのパーツで
ボディに穴を開けて組んでいるのは
さすがHGです。

マークやダクトがボディカラー
ままなのは、やや残念に思えてしまいます。

裏から見ると、チョロQ・HG

マツダロードスター
の文字が入っています。

シャーシとボディの脱着は、前のネジ
後方のプレートの爪で繋がって居ます。

HGは時期的に販売は箱では無く
ブリスターか紙だけのヘッダーが
着く販売方法で販売されています。

チョロQ・マツダロードスターカラーリング

オレンジゴールド
オレンジ
ブルー
シルバー(ガンメタ)
グリーン(VS)
レッド
レッド(KITKAT)
クリア
クリアイエロー
ライトグリーン
ライトブルー

オレンジ・CRAZYTAXI(箱入)
イエロー・CRAZYTAXI(箱入)

パープル(湾岸バージョン)

メタリックバージョン
ゴールドメタリック

サーモンピンク
ワインレッド

阪神タイガースパレードカー

ホワイト

などがあります。*他・限定少数有

マツダロードスター 実車データ(市販車)

販売期間 1998年~2005年
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア・オープン(クーペ)
        
駆動方式 FR

エンジン

B6-ZE型 1.6L 直4
BP-ZE型 1.8L 直4
BP-VE型 1.8L 直4
BP-ZET型 1.8L 直4ターボ

最高出力

B6-ZE型 MT車 125ps/6,500rpm

B6-ZE型 AT車 
MC前125ps/6,500rpm
MC後120ps/6,500rpm

BP-ZE型 145ps/6,500rpm

BP-VE型 
MT車160ps/7,000rpm
AT車154ps/6,500rpm

BP-ZET型 172ps/6,000rpm

変速機 4速AT/5速MT/6速MT

サスペンション
前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン

全長 3,955mm
全幅 1,680mm
全高 1,235mm
ホイールベース 2,265mm

車両重量 990-1,100kg

生産台数 29万123台

■メーカー・MAKER タカラ(TAKARA )
■発売・Sales Year  2003年 NO.03
■当時価格 350円
■製品仕様 全長サイズ約5cm

チョロQ zero マツダ ロードスターRF
タカラトミー(TAKARA TOMY)
ASIN: B07KGGW38N
詳しく見る。